FC2ブログ
2009/11/16

陶芸一家。


IMGP6897★

予想外に、予定通り到着。
街を見下ろす小高い丘の上。
思っていた意上に素敵な場所にある。

狭い車内から抜け出し、
木々の中での一服は至福だな。

IMGP6900★

庭園を抜け、通された応接間。
こんな場所だとは思ってなかったので、、
一同びっくり笑

これぞ社会見学だ。。

IMGP6903★

そこには陶芸作品が数々展示されており、、
今では貴重だという昔の出土品である器類も。。

どうやら、TSパパはものすごい人らしい。。
文化なんちゃら賞やら、なんとかなんとか賞やら。。
ようわからん、なんとなく聞いたことあるような
肩書きが沢山笑

IMGP6904★

おもてなしは抹茶と、和菓子。
ひさびさに飲んだなお抹茶。
次はいつ飲むのだろう笑

登場したTSパパ、TS兄の話を聞き入る連中をよそに、
僕はひたすらにお菓子をいただく。

IMGP6905★

なんだかんだいって見た事がなかった作品。
こんなところで初めてお目にかかることに。

そう、彼は日本画家。
今僕も一つ絵を依頼しているんだけれど、
どんな作品になるのか大分楽しみ。

IMGP6913★

話を色々聞かせてもらった後、
さっそく工房を見学させてらもう。

いくつ作業場があるんじゃい、と
突っ込まずにはいられない笑。
これが、本物ってやつなんだろうな。

IMGP6912★

工房の外には山盛りの薪。
僕たちの焚き火がただの火遊びなんだなと。。
いや実際そうだ笑

IMGP6916★

ガスや、電気、いくつもある釜も見せてもらった後、
ようやくご対面の昇り窯。

一度僕も見てみたかった。

IMGP6918★

ここが一番したの部分。
かっこよすぎる。
釜というか、一つの造形物としてかっこよすぎる。

IMGP6923★

こちらが、最上部。
釜に火を入れるときは、何十時間も寝ずに、
薪をくべ続けるそうだ。

これが家にあるって、、どういうこっちゃ。と
言わずにはいられない。。

IMGP6926★

陶芸は一度やってみたかったし、
友人の陶芸家にやらせてと話していたりするんだけど、
いわいる芸術的なうんちく部分には正直大して
興味はなかったんだけれど、
こうやってホンモノを見るのは純粋に楽しいです。

こうして充実の社会見学は続く。


コメント

非公開コメント