FC2ブログ
2016/11/13

サラダ。


IMG_2811▲

長く通っている、愛すべき近所のうどん屋さん。

だいたい、昼時が過ぎた頃合いに行くと、
決まって、タクシーの運転手さんや
老夫婦がその小さな店内の席に収まっている。

僕はというと、毎度同じうどんを頼むのだけれど、
うどんについてくる小皿の一品料理が豊富すぎて、
いっつも食べきれない。

悪いとおもいつつ食べきれず、残すと、
愛嬌のある(そして変人臭がプンプンする)
おじいさんが「多かったか?ごめんな」と。
これも、長年繰り返されている、お決まりの会話。

小皿料理が豊富すぎて皿が足りなくなったのかどうなのか、
この前はとうとうサラダがグラスに入って出てくる奇天烈さ。
近所に、こんな素敵なお店があり続けてくれることに多謝。

コメント

非公開コメント