FC2ブログ
2016/10/28

riverside論。


IMG_1972▲

多くの人が「鴨川の近くに暮らしたい」と言う。

ふと頭によぎるのは、この街では、(古い街特有の)
あそこは良い土地、あそこは良くない土地なんてことを
往々にして皆さん口にするのだけれど、
そのご希望の川付近は元々それほど良い土地ではない、
(というよりも、それほど遠くない昔でも、
人が住めるような土地ではなかった)、
そんなことは少々地理学や都市計画論をかじっている人間ならば
無論知っている話だけれど・・

否、そんな堅苦しい話はこの際、置いておくとしよう。

そんな些末な(くだらない)知識の話ではなく、
その近くに暮らしてどうするの?っていうことが大事。

海外の街々にいくと、本当に身近にある環境を楽しむことに
長けていると、感心してばかり。

思うにその川の近くに暮らしたいという人が
実際に週末に川沿いで良い時間を過ごすことがあるのだろうか?
ということ。そして、僕の予想ではきっとそんなことは少ないはず。

何千万・何億円もするまったく訳の分からない豪邸を買う人が、さて、
週末に鴨川でビールでも飲んでのんびりするのかと?!
気が向いたら川沿いで読書をし、散歩をすることがあるのかと。
(もちろん、それだけが川の使用法という訳ではないだけれど)

そういう意味では夜中までバカ騒ぎをして警察に怒られる
若い京大生の方が、随分とまともな気がするのは僕だけなのだろうか。

少なくとも、夕方に川を歩くと、もしくは自転車で走ると、
多くの仕事帰りの人々が、多くの学生達が、思い思いな時間を過ごしている
そんな海の向こうの街々の方に僕が惹かれるのは間違いない。

コメント

非公開コメント