FC2ブログ
2014/01/23

read again..


IMG_8385●

雑誌を読まなくなり、さて随分とたちます。
そんなある日のはなし。

帰り道少し時間が出来たので、
コンビニエンスストアに寄り道。

煙草を買って、鞄のポケットに入っていた、
冷め切った珈琲をすすりながら、煙草に火をつける。

携帯電話が鳴り、待ち合わせに遅れるというので、
仕方なく店内に入り、立ち読みでもしようか。

目に付いた情報雑誌。この街の特集らしい。
普段は手にとることもないけれど、
時間は十分すぎるほどにあるもので、よんでみる。

読み始めてから、驚いた、心から驚いた。
なんてツマラナインダ、、って。

この雑誌にのる情報を、いったいこの街に暮らす
誰が必要としているのだろう、、本当に不思議。

否、それでも、読者が求めるモノに最も敏感なはずな、
情報雑誌なんだから、きっと、必要とする人がいるんだ。きっと。

僕がおかしいんだ、きっと。
そうなんだ、きっと。

さて、そんな驚きは忘れることにしよう。

ある夜、ふとしたコトで、僕が長年読みたかった本が、
文庫で出版されていることに気が付いた。

アメリカの作家の小説。
正直文庫になることを期待してはいなかった。

その夜、そのことを知った僕は、翌日の休日、本を買いにいくことにした。
ワクワクがとまらない、まだ読まぬ本を思い、とまらない。

僕は決して、色々な本を読むほうじゃない。
僕の本棚を見た、本狂いの友人は、いつもこう言う。

「相変わらず硬派ですね」と。

そんな、偏りまくりな僕ですら、
まだ読みたくてワクワクする本に出会える、
なんて幸せなんだろう。

話は再び飛ぶが、、
僕の大好きな映画の大好きな台詞がある、、

people will read again..

ここ数週間古本屋で買い集めた、小説ではない、
ある研究に関する本が、僕の手元に山のようにある。

そのうちほとんどは、まだ目を通していない。
さて、それでも、それでも、そんなことは、さて置き、

先日手に入れた、大好きな本、続きを読まずにはいられない。

コメント

非公開コメント