FC2ブログ
2019/11/06

哀愁的珈琲一杯。


IMG_7968◆

IMG_7974◆

IMG_7977◆

美味しい食事を済ませ、美味しいお酒を楽しんで。
もう一軒近くにある、懐かしいお店にでも行ってみようか
(まだあるかしら?) と、行ってみたビル上階のお店。

学生時分には随分とブイブイ言わしていたこのお店も
時代の流れなのか、ほとんど死んでおり、
ぬるい珈琲を出された時にゃ
テーブルひっくり返したろかい、、とほろ酔い兄さん。

あーね、、これは次に来るまでには(というか行かないけれど)
なくなっているよね、、そんな空気がぷんぷん漂っておりました。
怒る・・を通り越して、なんだか哀愁を感じた珈琲となりました。

街は変わっていくのです、
それが良いにせよ、そうでないにせよ、、変わっていくのです。