FC2ブログ
2019/08/31

untitled.


IMG_6497◆

先日、古本屋を営む友人宅に遊びに行ったのだけれど、
おもしろいもんみつけたよ、、と嫁。
ほれ、と渡されたのは懐かしい写真だった。

その嫁が新聞で連載をしていて、最近変化について書いていた、
それを読んで、確かにあの頃から、皆、随分変わったもんだなと、
みんないろいろあるんだよな、、と。 そりゃそうだ。

暑さはひと段落したものの、降り続く雨と、湿気が・・。
あーぁ、、何処いこかな。。

2019/08/30

サボリテナツ。


IMG_6488◆

IMG_6489◆

IMG_6491◆

IMG_6493◆

IMG_6495◆

気付けば客は僕一人っきりで。
いつもあんたがくると暇になる気がするわ、
息抜きになるしありがたいわと褒められ。
この前行ったという山の話を聞かせてもらい、
雷鳥の写真を眺めたりしてだらだらと。
ベトナムや高知や徳島の話をして盛り上がっていると、
そこへお母さんがやってきて、ご無沙汰ですと挨拶したり。
(祖父の実家が同じ道沿いだったりする縁もあり)
結局一緒に珈琲を頂いて、弟くんが行くわと言っていた九州の
お土産を頂いて(その後、弟からも同じものを頂くのだけれど)
帰りしなに漫画を貸してくれいと持ち帰る。
そんな蒸し暑い日の休息。

2019/08/29

職場探訪。


IMG_6006◆

IMG_6021◆

IMG_6013◆

IMG_6017◆

IMG_6018◆

IMG_6025◆

IMG_6028◆

IMG_6033◆

IMG_6029◆

IMG_6038◆

失われていく光景を巡る会。

清水ももはやほぼ壊滅といったところだけれど、
今も尚、稼働している工房を見学させて頂けることに。

資料や昔の写真集でしか見ることの出来なかった
そのままの光景がそこには広がっていました。
(久しぶりに興奮しました)

代々続けられていたこの工房も立ち退きのため
もうすぐ閉鎖され、今だ残る立派な登り窯等も
有識者が保存のために動いていたということですが、
結局保存を断念ということだそうです。
(勿論跡地は流行りものの宿泊施設)

あくまで日常品としての、道具としての陶器を
作り続けていた大将、僕はそういうところに魅力を感じます。
そこには、文化を感じずにはいられない。
(持論ですが、分野を問わず、芸術品には文化などない)

陶器は好きだけれど、陶芸にはそれほど特別な
感情を持ち合わせていない僕ではあるけれど、
こういう技術や光景が失われていくのは寂しいものです。

こっそり見せていただいた倉庫で、希少な
「アソビ」で作ったという酒器を見つけ、ひとめぼれ。
持って帰らせて頂けるという幸運もあり、、。

ともあれ、貴重な体験、感謝です。

2019/08/28

夏の昼下がり。


IMG_6415◆

IMG_6419◆

ここはいい。

近頃じゃ街は壊滅的な変化を遂げつつあるというのに、
(往々にして薄っぺらな魅力がなくなるだけの変化)
ここのドアをくぐりさへすれば、そこはなんにもかわらない。

安くて美味しいアイスカフェオレもあるし、
甲子園中継を見ながら煙をくゆらせ落ち着ける。
ほんとうに、ありがたいありがたい。。

2019/08/27

スピーカーのはなし。


IMG_6400◆

あの楽園のような屋上で出会って以来、
気付けば、この十数年、壊れることもなく、
何処へ行くにも変わりなくバックパックに詰める
リストにおります、携帯スピーカー。
シンプルで丈夫で、最高の道具。

2019/08/25

LARK's.


IMG_6398◆

気付けばもうすぐ半世紀になっちまう。
素晴らしい、頭がさがります。。

2019/08/24

ステキナ(狂気の)ユウゲ。


IMG_6434◆

最高にイカシた友人達と、
最高にイカレた夕餉を。

本当によく食べて、よく飲んで。
話して話して。

「ここに集った私たち全員が気が合うし、
 同じ考えなのに、何故世の中はそうじゃないのかしら」

『それはね姉さん、世の中の大勢からすれば、
 狂っているのは僕たちの方だからだよ。。』

でもその狂気が、僕は愛しく、居心地が良いのだよ。
嗚呼、それにしても久しぶりの二日酔い、辛かったです。。

2019/08/22

十柱戯夜。


IMG_6340◆

IMG_6350◆

IMG_6354◆

転がしまくりな夜更け。

がむしゃらにってのも悪くないけれど、
一度、何方か指導をしてほしい。。

2019/08/21

オミセノハナシ。


IMG_6378◆

IMG_6375◆

友人の男の子と女の子と夜通し話していた時の話。

昼間っからお酒がのめるお店がないんだよねー・・と。
この街ならそういったお店がもっとあってもいいんだと思う・・と。
知り合いのお店は大体昼間開けてないし、
なんなら夜も開けてないことが多いし。。と。

確かにそういわれてみれば、その通りだなぁって。
僕には昼からお酒を楽しむ習慣はないけれど、
そんなお店があっても良さそうだとは思った。
それに、同じように仲の良いお店は大抵、
営業時間なんてものはあってないようなもので、
開いてたり閉まっていたりするんだよなー・・って。
(行くのが、彼らと一緒のお店だから当たり前か・・)
まぁ、僕はそういうの嫌いじゃないんだけれど。

だったら君がやればいいじゃない、
(きみなら素敵なお店になるよ、きっと)
そう思うわけなのです。

2019/08/20

水辺での休息。


IMG_6211◆

IMG_6214◆

IMG_6224◆

IMG_6234◆

IMG_6240◆

IMG_6248◆

静かで、美しい場所。
気が済むまで好きな本を読む幸せ。

夏はそれほど好きじゃないけれど、
こういう過ごし方は嫌いじゃない。

2019/08/19

避暑会議。


IMG_6284◆

IMG_6287◆

IMG_6288◆

IMG_6290◆

悪友に呼び出され、避暑がてらに無駄話ナ会議。
相変わらず放射能汚染から共産主義、スパイ話まで
幅広く・・否、偏りまくった話を延々と聴かせて頂く(聴かされる)
有意義な会議となりました。嗚呼、我々もそうそう変わりません。

2019/08/18

隣町放浪。


IMG_6311◆

IMG_6314◆

IMG_6315◆

IMG_6317◆

IMG_6319◆

IMG_6321◆

IMG_6325◆

IMG_6329◆

友人を誘って、隣町までブラブラり。
(毎度ながら)食べ過ぎて、少々ゲロゲロリ。

2019/08/17

何気なくが大事なんだ。


IMG_5145◆

IMG_5140◆

IMG_5146◆

IMG_5147◆

IMG_5150◆

IMG_5153◆

昔からの馴染みという訳ではないけれど、
この辺りに暮らし始めてからは随分と通ったお店
そんな大好きなお店の最終日。

飾らないサンドウィッチ(とはいっても味は一品)、
飾らないコーンスープ。
そして美味しい珈琲を何気なく出してくれる、
素晴らしいお店でした。

飾ることなく、何気なくただ淡々と良いモノを。
簡単そうで、なかなか出来ないことです。
(そんなことができているお店はそうそうあるもんじゃない)

最終日はひとりでいつものアイスオレを頂きました。
ご苦労様でした、、そう大将に声をかけて店を後に。

寂しいモノです。
この街の良いお店がまたひとつなくなりました。

2019/08/14

夕立恋シ。


IMG_6252◆

夏の夕暮れ。空見。

今年は久しぶりに夕立が多い気がしていたけれど、
近頃また降らなくなった。僕は夕立が好きなのです。

2019/08/13

爺共夜遊。


IMG_6107◆

IMG_6113◆

IMG_6120◆

IMG_6119◆

このご時世夜遊びする場所もそうそうないようで、
辿り着いたかれこれ10年近くぶりのボール遊び。

久しぶりにやってみると、これがなかなか面白く。
意外と盛り上がったりしたもんです。

なにより、10年ぶりのボール遊び場にきて、驚いたのが、

酒の匂いと煙草の煙にまみれたイメージの場内が
とってもクリーンになっていて、、
チンピラ崩れのガラの悪い若者たちがベロベロで
遊んでいたイメージが、いるのはおとなしめの中年ばかり。
(そして何よりガラガラで、営業時間も短くなっていて・・)

うーん、現代の若者たちが外に出なくなったというのは、
これ、どうやら本当らしいです。

学生時分、お決まりのように決まった酒場で飲んで、
でろんでろんで、人間ボーリングをしたり、
レーンに酒をぶちまけ、出禁になりかけたり、
見知らぬ方々のレーンに勝手にボールを投げまくって
ど突き合いになっていた、、そんな記憶は、、幻だったのかな・・。
(ぼく個人的にはそんな刺激的なのが割と好きだったけれど)

否、様は時代が進んだ(変わった)ってことなんでしょう。。
ともあれ、またボール遊び行こう、、そう思ったのでした。

2019/08/11

ミアゲギミニテ。


IMG_6232◆

前に乗船したことのある、
遠い国から遠い国へと渡る大きなフェリー。

その甲板で珈琲片手に眺めた風景は
とても美しく忘れられないもので。

先日出会った人が、同じ船に乗船したことがあるそうで、
その人が言うには冬場の甲板はとってもとっても寒くて、
延々と氷を割りながら船が進む大きな音がするらしい。。
見渡す限り氷の世界らしい。

冬の船旅も、、なんだか良いな、、
ぼんやりそう思ったりしています。

2019/08/10

モクモクトゴネル。


IMG_6043◆

IMG_6046◆

色々と縁のある知り合い夫妻が
洋食を作っているから食べに来て、ということで。。

黙々と粛々と料理を手掛ける料理人夫、
その横で飲食業は嫌だ・・とブツクサごねる嫁
いつもながら、なんだかとても素敵です。

また落ち着いたら是非ゆっくり
ご馳走してもらいたいものだと。。
その時はぜひとも美味しいスープを作ってほしい。

ご馳走様でした。

2019/08/09

御役御免。


IMG_5301◆

IMG_5310◆

十数年前にひとめぼれして海外で購入した。
色々なところを随分歩き回った。
残念ながらここで御役御免に。

新しい技術は素晴らしい、素晴らしいが、
それと同時に限られた寿命がある悲しさが・・。

ナニハトモアレ、ゴクロウサマデシタ。。

2019/08/08

鍵師ノハナシ。


IMG_5352◆

IMG_5355◆

IMG_5360◆

曲がってしまった鍵を握りしめ、何件ものホームセンターやら、
大手(チェーン)の鍵屋を巡ったものの皆一様にして

「これはここではなおせません、・・」
「作れても使えるかは保証できません・・」
「メーカーに直接言ってください・・」

という回答。(そして失望と絶望)

最後の砦だと、たまにお願いしている戦前から鍵屋を営むお爺さんのお店へ。
(うむ、、今思えば最初からここに行くべきだったのだけれど)
僕が持ち込んだ鍵をギロっと鋭い職人の目線で眺めたご主人は

「ちょっと待っててや、作りまっさかいに、3分くらいやわ」
そんな男前すぎるご主人の立ち姿には、、後光が差していた・・。
(様に僕には見えた・・恰好良すぎるぜオヤジ)

そして数分後、鍵を2本見事に作り上げたご主人が一言
「もし合わなんだら、また調整しますからもってきてや」

嗚呼、繰り返すと、、恰好よすぎるぜ、、オヤジ。
これが本当の職人ってもんだ、、
役に立たない大手さんと比べたところで、100円程度の差なんです。
僕なら、100円を多めに払ったって、オヤジに頼みたい。。

深く感謝を述べながら、、
今後鍵を作るときは、絶対のオヤジの店へ行こう。
そう固く誓って、、店をお暇したのでした。。
(勿論、作られた鍵は問題なく使用出来たのは、、言うまでもございません)

2019/08/07

懐石楽食。


IMG_6191◆

IMG_6194◆

IMG_6197◆

IMG_6198◆>

IMG_6200◆

IMG_6201◆

IMG_6205◆

IMG_6207◆

ややこしい料理のことは僕にはよくわかりません。
よくわからないけれど、好奇心がないわけでもないので、
ご馳走して頂けるなら喜んでお邪魔いたします、、と。

自分で行くことはまずないけれど、(行きたくても行けないし)
こういった機会が度々ありまして、、ありがたいかぎりだな、、
そう思う訳です。

腹ペコの僕だったので、とっても美味しく頂きました。

2019/08/05

memo.


IMG_6189◆

#友人の音楽家に教えてもらったオモチャ、僕的第三次音楽革命に。
#近頃はそのオモチャにくぎ付けで、夜な夜なあそぶ。
#仕事の打ち上げ帰り、酩酊状態の友人を拾って、深夜の爆走なんて、してみる。
#深夜、爆音で××××を流しながら、大合唱しながら暴走する車に注意。
#あの人と暮らしたらどうなるんだろう、、そんなコトを最近考え気味。
#そこにある村感に対する嫌悪と考察を熱く語る。
#ヨソサンとメディアが勝手に作り上げた勝手なイメージ(即ちクソ)。
#往々にしてそこにいるのは何処からきたかよくわからないヨソモノ。
#薄っぺらいわ、ほんと薄っぺらい、只のコスプレで中身がねぇ。
#無茶苦茶すればいいやん、ほんとにぶっ壊せばいいやん。
#やりたいことがあるなら、黙って夢中になればいいんやん。
#〇〇とか、△△△△△なんてキーワードへの偏見。
#偏見だという自覚はあるけれど、間違っていないという確信もある。
#久しぶりに激高する、どいつもこいつもペラすぎじゃ。
#そしてそれを理解してくれる本当に魅力的な人がいる、そんな救い。
#口をつぐんで孤独に・・
#涼しくて、静かで、美しくて。そういう場所へ行きたい。
#「ノスタルジア」っぽいよなー・・(頭の中で・・あの島いこうかな)

2019/08/04

マナツダモノ。


IMG_6137◆

IMG_6138◆

暑すぎて、なーんもやる気せんから、
冷えたコーシーでも飲みましょうか。。と。

ここんちでみる甲子園が結構好きなのだけれど、
どうやら、まだ始まっていなかったようで、残念。

2019/08/03

タマニハニクショク。


IMG_5838◆

IMG_5843◆

なかなか来れなかったお店に、
ようやく辿り着きました。。

最近魚介類と野菜三昧だったので、
(それはそれで、うれしいけれど、、)
たまにはガツガツと肉をたべませう。

2019/08/01

消失街景。


IMG_5312◆

IMG_5313◆

IMG_5315◆

IMG_5319◆

IMG_5325◆

IMG_5328◆

IMG_5333◆

IMG_5339◆

IMG_5340◆

IMG_5346◆

京焼勉強会から、その面影が少しばかり残る現場へ。
この僅かに残った風景も、今まさに失われつつあり、
数年前とは全く異なったモノになっているのと同様に、
数年後には更に異なったモノになることが決まっているとのこと。

「東山ト下京ハモウダメヤ。捨テヨウ」
そういう会話が最近よく聴かれます。

それが良いことなのか悪いことなのか、
それはどちら側に立つかの問題で、決めつけるコトでもない
そう僕は思っていますが、、
大きな変化が起きている、、それだけは、
どこからみたところで、間違いないコトなんだと思うわけです。