FC2ブログ
2019/01/31

最高ナ昼。


IMG_3306◆

IMG_3311◆

IMG_3313◆

IMG_3316◆

IMG_3322◆

IMG_3324◆

正月休みなもんで、すっかり寝坊気味に起きた僕たちは、
散歩がてら、美味しい焼き肉を食べに行くことに、、。

真昼間からの焼肉とお酒。
気持ち良い光が差し込む店も居心地がよくて。。
ほんとうに最高に気持ち良い。
(明るい時間の焼肉って最高だ、、気付きました)

食べ過ぎた僕たちは、ブラブラ海沿いを歩いて戻り、
夕方から銭湯へ行こう!と意気込んだものの、
そのままファミコン大会、、そして昼寝に突入したもので、
気付けばすっかり銭湯も閉まってしまい。。

そうして、結局いちにちが終わっていったのでした。
なんて贅沢な日々なのでしょう。。

2019/01/30

温泉宿に泊まる。


IMG_3380◆

IMG_3382◆

IMG_3386◆

IMG_3391◆

IMG_3394◆

IMG_3396◆

IMG_3397◆

IMG_3404◆

IMG_3415◆

IMG_3434◆

IMG_3548◆

IMG_3534◆

静かな街の静かな宿へ、
ようやく来れました。

美しい建物に、静かな街並、
温暖な気候に美味しい魚介類。
最高じゃないか。。

2019/01/29

再会夜会。


IMG_3787◆

IMG_3790◆

IMG_3791◆

IMG_3793◆

地元でというより、
旅先でしか会った記憶があまりない・・友人。
(が、帰国したので会うことに)

そのまま旅と作品作りを続けているようで、
変わらず自由に生きていて面白い。。
(久しぶりに会ったけれどやっぱり変コだなー笑)

いつか行ってみたいな、彼女の住む街へ。
自然豊かな美しい田舎だそう。。

2019/01/28

安息喫茶。


IMG_3665◆

まるでジェットコースターのような時間を過ごした後。
大好きなお店でひといきつきながら、、
ついつい・・「ピヨピヨ」なんて口走るご機嫌な日。

2019/01/27

最高ナ夜。


IMG_3254◆

IMG_3258◆

IMG_3255◆

IMG_3261◆

IMG_3266◆

IMG_3268◆

IMG_3269◆

IMG_3270◆

IMG_3275◆

IMG_3280◆

信じられないような出来事(ハプニング)が毎日起きたり、
日常では絶対に見ることのできない美しい場所を見たり、
それに時には死ぬ思いの冒険をしたり、
そしてそのほとんどが無意味でなによりも最高な時間だったり・・

共に旅先で過ごした友人はかけがえのない仲間であり、
彼らと過ごす夜はまた格別なのであります。

彼が流してくれた懐かしい写真の数々を眺めながら、
笑いがとまらない、無意味で最高な夜を過ごした、
僕たちなのでした。。

嗚呼、どこかに行きたい。。
「いけばいいやん」 そういう訳です。

2019/01/26

サボりサボり。


IMG_3648◆

のんびりした年末年始を過ごし、
その後の嵐のような忙しさが辛い。

なんてなんて、忙しいはずなのに、
やっぱり一服しているわけで・・嗚呼至福。
ストーブで暖まった店内で頂く、
アイスカフェオレが美味しいんだわ。

2019/01/25

炭屋談話。


IMG_2450◆

IMG_2448◆

IMG_2451◆

IMG_2455◆

IMG_2458◆

IMG_2460◆

古くからされているお店が一概に
良いと言えるかかどうかは判断できないけれど
(なにせそれは好みの問題でもあるので)

そこには少なからずストーリーがあるから、
僕は好きなんです。

久しぶりに炭を補充しに顔を出したお店で、
おかみさんに色々と話を伺えた。
戦時中の配給話は大変興味深い。

しょっちゅうに顔を出したいところだけれど、
良い炭というのは、値段は安くないけれど、
実際はコスパがすごく良いということもあり、
早々にきれるということがなく・・
(それに調理に使うのであれば、安物とは雲泥の差だし)
なので、そうそう買いに行けるものでもないのです。
もっと、頻繁に顔を出したいのだけれど・・
困ったものです。。

2019/01/24

昼寝日和。


IMG_3024◆

ここしばらくいろんなイベントごとがありすぎて、
まるで走り続けておりました。

沢山の友人に会えて、いろいろなところに行けて、
楽しかったなぁ、、、でも少々疲れが溜まっているようで、
ひさしぶりのなにも予定のない日には、
ゆっくりとダラダラと過ごしたい、、と。 休息せねば。

2019/01/23

海辺の風景。


IMG_3174◆

IMG_3189◆

IMG_3210◆

IMG_3236◆

IMG_3248◆

なんて魅力的な場所なのだろう。
訪れる度にそう思える(悔しいほどに)。

本当の旅人というのは場所を選ばずに
楽しむことのできる人達だと思っているのだけれど、

きっと、彼らはどこに暮らしたって
楽しむことのできる人達でもあるんだね。

(少なくとも彼らをはじめ、僕の親しい旅人はそうなのだ)

2019/01/22

年末ニ遭難。


IMG_3121◆

IMG_3122◆

IMG_3126◆

大晦日に喫茶店へ行くのが好きです。
なんだか非日常的であり、
客も皆そわそわしている気がするので。

この年末にも友人とお茶でもして一服しようやない、、と
近所の喫茶を周ってみたのですが、
どこもかしこもやっておらず、、
挙句の果てにファミレスも覗いてみたけれど、
知らない間に禁煙になっていたようで・・まいりました。

結局かなりの距離を歩き回り、
やっているのを数日前に行った際に確認していた
お店に辿り着くことに。

しかも店内には僕たちしかおらず、、、
これはこれでわるくないなとゆっくりできたわけなのでした。
やっぱり大晦日の喫茶店は好きなのですよ。

2019/01/21

終年行事。


IMG_3072◆

IMG_3077◆

IMG_3082◆

IMG_3084◆

IMG_3086◆

IMG_3088◆

戦前から代々受け継がれている(と言えば聞こえが良いが、、)
まぁ、ようは毎年恒例の終年行事。

この前の夏の台風被害で、
父親が幼少期に植えたモミの木が倒れたそうで、
(2階を超える高さに成長していたため)
隣の家に突っ込んだらしい・・。

今回はそんな倒れてしまった木材を使っての蒸し作業。
苦労した餅も勿論美味しいが、やはり白蒸が好き。

そういえば、最近の若者は餅を食べないそうで、
その理由として本当に突いた美味しい餅を食べていないかららしい。
(市販のパック餅は嫌いじゃないが、、明らかに餅ではない・・別の何かです)

そういう意味では我が家は
今でも餅を日常からよく食べるなぁ。
その美味しさを知っているから?・・ありがたいことです。

2019/01/20

悩める我々。


IMG_2884◆

お茶をしながら延々と相談事。

冗談みたいだけれど、30年来の付き合いですが、
思えば二段ベッドにてレゴで遊んでいた当時から
安定して変わらずに・・僕たちは悩み続けております。

2019/01/19

キリヌク。


IMG_3129◆

上の世代の方々は新聞を切り抜くことで、
記憶の整理をしていた。
(最近じゃ、そんな光景もあまり見かけなくなったけれど)

そんな方から「君が好きそうだから」と記事を貰う。

僕にはその習慣はないけれど、
単純にその行為は興味深く、素敵だなと思える。

2019/01/18

年瀬蕎麦会。


IMG_3111◆

IMG_3112◆

IMG_3113◆

IMG_3116◆

いつもの店で、一品を摘まみつつ、
美味しいお酒をちびちびと。。

あぁー・・この時期の
温かい蕎麦がうめぇーんだ。。

2019/01/17

untitled.


IMG_2339◆

IMG_2345◆

1年越しで訪れたお店で、
表にも出されずままに店の奥に眠っていた
サンプルシューズを持ち帰る。
良い買い物をしたと満足満足。

2019/01/14

On Christmas ..


IMG_2997◆

IMG_2995◆

IMG_2998◆

世の中のロマンチックムードにカウンターパンチじゃ、、
というわけではございません。

韓国料理の次は中華料理だろうがい、、というわけでもなく、
決してお坊さんの説法を聞きたいわけでもないのです。

この街に戻ってきた友人と言いますか、戦友といいますか、
彼とまぁ、ご飯でも行こうか、となったのが、
偶然クリスマスだった、、というわけでございます。

久しぶりに会う彼は良くも悪くも変わっておらず、
相変わらずお洒落(言い換えるとヘンテコリン)な恰好をしており、
相変わらずにアキラメズに迷走しながら、
昼間っからパジャマをきて参上してくれたんです。

まぁ、逆にものすごく成長した、変わった彼を見たいわけでもないので、
こんな彼が割と好きなんですが。。
また近々ご飯でも行きましょう。。

分かったことといえば、クリスマスだろうがなんだろうが
全くそんな色っぽい話は会話に出るわけでもない僕たちは、
あの頃と変わらずにクズのまま、、ということです。。
(それでよいのだと思うわけです)

2019/01/13

On Christmas eve..


IMG_2976◆

IMG_2977◆

IMG_2982◆

IMG_2984◆

IMG_2991◆

世の中のロマンチックムードにカウンターパンチじゃ、、
というわけではございません。

ただ、次は韓国料理を食べに行こうと日程調整の結果
クリスマスイブ空いてるよー・・と偶然の一致だった訳で。

メロメロムードよりも、美味しい参鶏湯で暖まりたい、
そんな年老いた僕たちの意見だったのでした。

美味しいお肉を頂きながら、素晴らしい韓国料理の数々、
ここの参鶏湯は本当に美味しくて暖まり、
暖まりすぎた結果韓国冷麺で冷やすという、肉欲状態。

一環して、ロマンチックムードの欠片もなく、
やんやと話し込んでいるうちに
気付けば深夜になっており、自転車で帰宅したのでした。

分かったことといえば、クリスマスイブの深夜、
人っ子一人見かけない大通りの真ん中を
自転車踏んでのんびりナイトクルージングってのは、
まぁ、なかなか良いものなのだなぁーと。。いうことです。

2019/01/12

すいてる。


IMG_2947◆

「あんたいっつもいいタイミングでくるなー」
『そう?』
「だってあんた来た時いつも誰もいいひんやんか」
「お客さんいても、みんな帰っていかはるし」
『あーそういえば、そうかも。最高やんか。』

2019/01/11

年瀬談義。


IMG_3027◆

IMG_3035◆

IMG_3029◆

IMG_3040◆

近所に出来た気になる中華へ友人と出かける。
(きっと日本語通じない系・・それ即ちきっと美味しい)

びっくりするほどにとはいかなかったけれど、
それなりに美味しく頂き、馴染みの店へ移動。

IMG_3041◆

IMG_3048◆

IMG_3052◆

IMG_3058◆

彼がどうしても見てほしいという力作を見に。
何もないところから、素材から作り上げたらしい・・
といっても、ゲームをしない、しなさすぎる僕には
その凄さすらわからない有様で。

きっと僕には理解できないほどの手間と苦労と、
そして時間をかけたのだろう・・と笑うしかないのであった。

2019/01/10

空地空事。


IMG_2716◆

IMG_2720◆

市内で最も古い民家(町家)があった跡地。
建てられたのは1400年代の室町期。

この建物は僕の実家から徒歩すぐのところで、
子供時分から馴染みのある建物でもあったので、
少々感傷的にはならざる得ない。。
(僕の母親はこの住宅内に何度も行ったこともあるらしい、羨ましい限り)

事の成り行きを詳細をここで語ったところで
意味はないので割愛するけれど、一言で申すのであれば
要はこの街の役人仕事は・・
やはり本当にクズだと言うことに尽きる。
(まぁ、そんなことはどこでも、同じだし、わかりきっていることである)

さすがにこの建物に関しては、その重要性、希少性もあり、
多くの地元メディアも賑わしたのではあるけれど、
そんなメディアに載らない破壊行為は日々行われている、
それが現実といったところだろう。

ここ数年、よくよく友人と会話に出る、、
「最近ほんとにこの街はヤバいねー」と、「変わっちゃうねー」と。

僕は思います、
『やばいんじゃないよ、もうとっくに終わってる』・・と。

中学時代に影響を与えてくれた大好きだった歴史教師
(彼は今は大学に戻り学者おして研究をしているけれど)
が言っていたことが、当時からずっと耳に残っている。

「この街はもう終わりです、滅びるだけです」

2019/01/09

古本屋でビール。


IMG_2968◆

IMG_2970◆

IMG_2972◆

友人伝いに「顔を出してあげて」と言われていたので、
近くに寄った際に、久しぶりに友人の営むお店へ顔を出す。。

「うわぁー連絡しようと思ってたんやー」と随分喜んでくれる友人夫妻。
座り込んで散々相談事を聞きながら、『ああでもない、こうでもない』。

それじゃそろそろお暇を、、と席を立つと、
御礼だからと、、ビールをくれる。。
なぜ古本屋でビールを持ち帰ることになるのだろう笑
相変わらず、面白い人たちだなぁ。

2019/01/08

PRINT...


IMG_3061◆

IMG_3063◆

IMG_3066◆

IMG_3067◆

IMG_3069◆

旅の記憶を忘れないうちにプリントする。
なによりも幸せな時間。。

2019/01/07

屋上侵入。


IMG_2910◆

IMG_2915◆

IMG_2919◆

屋上があると知ると、ついつい忍び込みたくなる。
普段とは異なる目線で眺める街はいつも興味深い。

景色に限ったことではないけれど、見る角度が変わることによって、
見えなかった、見えていなかったモノが見えるようになったりする。
いつもと少しばかり見方を変えるのは大事なことだもの。

2019/01/02

冬夜妄想。


IMG_3093◆

IMG_3099◆

どっかに行きたい(是即、ここから逃げ出したい)
欲望が収まらず、夜な夜な航空チケットサイトを眺める日々。

とは言っても、自分を満足させてくれるだけの
休日をこの時期に取れるほどに、
豊かな生活をしているわけでもなく、、
一週間程度の休みじゃ、どうしようもない訳で。
(それでも毎晩、購入ボタンに指は掛かってはいるのであるが・・)

そんな悶々とした日には、ひとり脳内妄想では飽き足らず、
いつものお店で夜通し、妄想話を膨らませ、
少しばかり、幸せ気分になったり。

馴染みのお客に、ボソッと、
「ごめんやしておくれやしてごめんやっしゃー」とマスター。
そりゃまぁ、居心地が良いのです。