FC2ブログ
2018/10/31

韓国食夜。


IMG_1929◆

IMG_1921◆

自分では行かないようなお店に連れ出してもらい、
美味しいご飯を頂く夜。

京女らしく、凛として毒を撒き散らす友人と
話すのは嗚呼清々しく、楽しいことよ。

すっかり唐辛子臭くなりました僕たちは、
そのまま近くのファミレスで、
青春を謳歌しているであろう周りの若者に気にとめることもなく
深夜まで毒を吐き続けたのは言うまでもない・・。

2018/10/30

西進空見。


IMG_1890◆

IMG_1891◆

IMG_1892◆

IMG_1894◆

IMG_1896◆

雲が多く、それでも空が青く、陽の差す夕暮に
西に向かって自転車で出かけるのは、好きです。

2018/10/28

夜通狂騒。


IMG_1729◆

IMG_1746◆

IMG_1761◆

真夜中に沢山食べて、如意棒を振り回しながら大掃除。
明け方までああでもないこうでもないと大騒ぎの挙句、
けっきょくはソファーでダウンな僕たち。

2018/10/27

逃走手段。


IMG_1472◆

人にはそれぞれ、日常から非日常へ逃げ込むための
方法があるんだと思う。

それは本だったり、映画だったり漫画だったり、
お酒だったり、それに、ネットの世界だったりもするのだろう。

何が良いかはその人その人で異なるので、
正解なんてないのかもしれない、きっとない。

『旅先の話をしている時だけが少し心のネジが緩むのだよ』
だから、きっと、僕は、旅を続けるのだと思う。

2018/10/26

untitled.


IMG_1583◆

IMG_1582◆

IMG_1584◆

ようやく少し過ごしやすくなった頃、仕事の帰り道、時間は過ぎていたけれど、
まだ間に合うかなと、友人の展示を覗きにいく。。

作り手が変化していくのが常なので、
作られるモノも変化するのは当たり前でしょう。
作り続けるコト、続ける才能があるのかどうかが大事なのかもしれない。
と偉そうに考えたりしながら、会場を後にしたのでした。

2018/10/25

まかないどき。


IMG_1876◆

IMG_1878◆

近くまできたので、友人の昼休みに合わせて覗いてみる。
毎度ながら彼の昼食に付き合わせてもらう。。

思うにこれくらいの時間帯が窯の中もすっかり出来上がっていて、
素地が美味しいんだよなー、、そんな気がします。

2018/10/24

御殿見学。


IMG_0858◆

IMG_0899◆

IMG_0876◆

IMG_0914◆

IMG_0917◆

IMG_0920◆

今ではもう失われてしまった技術と
今ではもう手に入れられない質の良い材料。

圧倒される力強さと美しさがそこにはあります。

実用的な建物の美しさ、、が好き。
(寺院等の絢爛さ、作られた素朴さとは、明らかに異なる)

2018/10/22

展示拝見。


IMG_1851◆

IMG_1858◆

IMG_1861◆

IMG_1864◆

IMG_1869◆

IMG_1873◆

職人の知り合いが企画している展覧会へ。
そこの工房に所縁のある人たちの作品を沢山。

作品自体、興味深いものがいくつかあったし、
(本当はお目当ての彼の作品があったのだけれど、
 今回はその作品を出展していないようで、少し残念)
話には聞いていた世界的有名な飲食店で使用されるために
作成したという彼の新作照明も拝見出来、随分楽しめました。

同時に、前々から興味があった建物を拝見させてもらえました、
(階下がお洒落すぎるカフェになっているため、普段なかなか来ない笑)
建物も素晴らしく、貴重な機会に。。感謝。

次はお洒落な恰好をして、珈琲を飲みにこれたら良いです。

2018/10/21

炭火恋話。


IMG_1645◆

この季節の七輪は良いものです。
街へ戻ってきた古い友人から新鮮な恋話を聴きながら、
秋味を摘まみつつ、、少しお酒を飲む。

気付けばすっかり夜も更けるわけです。

2018/10/20

Docu-PHOTO...


IMG_0709◆

IMG_0712◆

IMG_0701◆

祖父祖母に会い、いろいろ話を聴くのは本当に楽しいものです。
親族だからというのも無論あるけれど、
年輩者に忌憚なく話を聴ける機会が貴重なもので。

話の内容のほとんどが、昔の生活や街の話、経験となるわけですが、
思いもよらず、こんな恥ずかしいモノが出てくることもあるわけで。
なんだか、苦笑いしてしまいます。

今回の機会で一番驚いたのは、この写真・・ではなく、
彼らが長年住んでいた家(つまり僕の母が生まれ育った生家)は
戦後まで京大病院として使用されていた建物(大正期の洋館)だったそうで、
当時、買い取った後、今の場所に移築したという、、壮大な話。
(木造建築主流の当時は移築はそれほど珍しくないとはいえ、、)

僕の幼少期までそこに暮らしていたそうで、
無論僕も何度も足を運んだそうで、、記録写真を見ると、
なんとも、素晴らしい建物。(既にないのが残念)
今あれば、迷うことなく、住まわせてもらっていたでしょうに。

これだから、話を聴くのは楽しいんです。。

2018/10/17

邯鄲の夢。


IMG_2008■

IMG_1992■

IMG_1994■

IMG_2001■

IMG_2018■

IMG_2022■

IMG_2026■

IMG_2030■

IMG_2040■

IMG_2042■

今はなき、(個人的にはとても)思い出深い場所。

僕なりに長年、流れに坑がってはみましたが、
僕が出来るのはどうやらここまででした。
時には変化を拒むコトも重要ですが、
時には変化を受け入れるコトも必要です。

2018/10/16

中華三昧。


IMG_1810◆

IMG_1814◆

IMG_1812◆

IMG_1818◆

IMG_1820◆

最近美味しい中華屋が増えているのは
気のせいなのだろうか。

そういう店は往々にして日本語が通じにくい
(中には全く通じないお店も笑)
それもまた楽しいものです。

そして、そんな店では往々にして食べ過ぎて、
帰り道には、死にそうになるわけなのです。
まぁ、それもまた楽しいものです。

2018/10/15

古物徘徊。


IMG_1702◆

IMG_1701◆

IMG_1695◆

IMG_1704◆

IMG_1707◆

IMG_1718◆

古道具屋を訪ねる休日。

色々興味深いものがあったけれど、
今はあまりモノを今増やすわけにもいかないので、
なかなか財布の紐は固いのが正直なところ。

唯一19世紀のウィンザーチェアだけは、欲しい!
となりましたが、生憎の売約済みだとのこと。
残念だったのか、良かったのか。。さて。

2018/10/14

古本徘徊。


IMG_1635◆

IMG_1636◆

IMG_1644◆

手元に読むべき本がなくなったという訳じゃないけれど
なんとなくそわそわして、古本屋を徘徊する野郎共。

2018/10/13

memo.


IMG_1534◆

まぁ、わりとわりとな、結構限界破裂状態で、
夜な夜な航空チケットを眺めて妄想状態。

行きたい先がある、行きたい旅が思い描けるコトで
すこしだけ救われています。。

2018/10/12

撮影小話。


IMG_0760◆

IMG_0761◆

IMG_0766◆

IMG_0767◆

超売れっ子の写真家に撮影を依頼したけれど、
「出来上がりがサヴィー見たいなクソな写真だった」
と激怒したそうで(笑)

撮りなおすわ、、と、なぜか僕のところに仕事が来てしまい、
まぁ、はぁ、、僕でいいのならと行ってまいりました。

と行ったものの、ただの記録ならいざ知らず、
写真撮影となりますと、まぁ、建物やお店なんかにゃ、
全く持って興味もないもんで、、
(その建物もお店も素敵なことは間違いないのですが・・)

ただただ、向こうの求めている画の通りに
無心でシャッターを切って、さくっと済ませて帰りました。

カメラマンっていうのは、こんな仕事を日々しているんですなぁ、
改めて、少しの尊敬と、同時に僕には全く無理だし、能力もないし、
なにせ、やりたくもないなぁーと思った・・

そんなコトを考えた一日でした。

2018/10/11

大きな湯舟。


IMG_0662◆

IMG_0678◆

暑いのはうんざりだけど、

心地よい音楽を聴きながら、
パラソルの下で果物を食べて、
好きな本を読んで、眠ってしまい、
目覚めて体を冷やす・・

そういうのは恋しいのであります。

2018/10/10

untitled.


IMG_0071◆

IMG_0074◆

以前は珈琲を飲まなかったけれど、
美味しい珈琲を教えてもらってからは
今ではすっかり珈琲中毒気味。

以前はアイス珈琲を飲まなかったけれど、
一緒のものをと頼むようになってから
今では(夏には)すっかりアイス贔屓気味。

2018/10/09

交差点景。


IMG_0688■

IMG_0694■

IMG_0696■

IMG_0702■

この10年ほどでこの街の交差点という交差点は
ものすごい勢いで変化しています。
昔の面影を残す美しい交差点風景は、
ほとんど失われたと言って間違いはないのでしょう。
とは言っても美しいかどうかは感性の問題なので、
まぁ、仕方がないのかな、、そう思うわけでもあります。

ただ、間違いないのは、次に建てられる建物が、
今回潰された建物のように100年近く残ることは
構造上、まず有り得ないということで、
ということは、今までのように、
長年馴染みのある、親しみのある街並み、
そして懐かしさを感じる街並みになる前に、
街の景色というものは、今後は延々と移り変わっていく
とどまることなく変化しつづけていく、
そういうものになっていくということなんです。

懐かしい風景、街並みというモノ、感じ方自体が、
そういう感性自体が失われていくのです。さてさて。。

2018/10/07

焙煎民家。


IMG_0590◆

IMG_0595◆

珈琲でもないのかしらと、ぶらぶらしてて、
見つけて入った先が知り合いという偶然。

なかなか潔い変化で、素晴らしいです。

2018/10/06

ういすき。


IMG_0754◆

知らない間に日本のウイスキーが大変なことになっていると聞き、
見てみたら、驚くコトになっているじゃないか・・と。

手元に残してあるのを手放すかどうか、うんうん迷っている近頃。
(ざっと計算するだけでも大変な金額になりそうな予感)
なんて、考えていたら、久しぶりに飲みたくなり、手ごろで良いものをと
酒屋を周ると、懐かしい良品を発見したので思わず持ち帰る。
相変わらず良い面してるんです。
そして相変わらずの注ぎにくさ、、コレわるくないんです。

2018/10/05

エエ店ニ。


IMG_1824◆

IMG_1821◆

IMG_1826◆

エエ店アルデ、、と連れられて来た、エエ店。

ありがたいことに周りの親しい人が、僕を連れて行ってくれる
お店ってのは、そうそうハズレがないのです。。
なんででしょう・・わからんが、そりゃそりゃありがたいんです。

2018/10/04

さそわれさんぽ。


IMG_0570◆

IMG_0575◆

IMG_0580◆

IMG_0582◆

IMG_0584◆

IMG_0586◆

偶然目に留まった鳥居から、誘われるようにして奥に進む。
街中ではそうそうないけれど(というか、、ほぼ全滅だろう)
田舎へいくと、そんな魅力的な、不思議な場所がまだ残っていたりする。

2018/10/03

echo...


IMG_1067◆

真夜中、撮影した旅の写真を整理して、
どれを現像にまわすかの一人格闘中。
ここちよい曲を延々と・・繰り返しながら。

2018/10/01

帰り道寄り道。


IMG_1658◆

IMG_1661◆

なんだか家に戻ってすることもない夜には、
帰り道に寄り道して、漫画をアテに時を過ごすのでございます。