FC2ブログ
2018/01/28

読書ノ冬。


IMG_9822 ▲

IMG_9820▲

これといって、予定のない休日、
のんびり静かな店内で読みかけの本を・・。贅沢。

IMG_9825▲

夢中に読み進み、物語に没頭している最中、
肩をトントンされて気付けば、
いつの間にやら隣に、久しぶりの姉ちゃん夫婦。
昔はしょっちゅうここでも顔を合わせていたから、、
なんだか懐かしい気分・・。

その後は本を置いて、散々話して、
良い休日になりました。

2018/01/27

yurayura..


IMG_9606▲

IMG_9605▲

いつだって、どこだって横揺れ気味。


2018/01/26

かしわ屋。


IMG_9273▲

美味しい(まともな)食材を買うのなら、
その道の専門店に行くのがよろしい。

豆腐は豆腐屋。鮮魚は鮮魚屋。
鶏肉はかしわ屋さんってなもんです。

阿呆みたいな馬鹿でかいスーパーのせいで、
随分と減りましたが、まだ赴けばあるわけで。
ありがたいことです。

2018/01/25

終年会合。


IMG_9342▲

IMG_9343▲

IMG_9347▲

IMG_9349▲

IMG_9351▲

毎年恒例の終年会合にお邪魔する。
恒例ながら、濃い面子な濃い内容。

史学家を始め、背負って数十年のリアル旅人、
古民家修復の大工職人、腕の良いコック、
敏腕新聞記者、水辺博士等々。

いろんな方向に飛びまくるアカデミックな話をネタに、
冷える夜に頂く、鮒ずしと日本酒というのは、
なんとまぁ、美味しいわけなのでございました。

2018/01/23

Archives.


IMG_9132▲

そんなに使う機会があるかといえば、そうそうない気もする。
それでも割とモノとして好きな栓抜き。

左上:小学生の頃、修学旅行で購入
右上:弟から「ぽいから」とお土産に貰う
中央下:東京の展示で購入

小学生時から好きだったのだろうか・・
そういえば、当時はちょっとしたお祝い事なんかの時には、
食卓には酒屋から届けられる
麒麟ラガーと、キリンレモンの瓶が並んだものでした。
(きっと今よりよっぽど身近だったのかもしれない)
その名残なのかもしれない。。

2018/01/22

PeterPan..


IMG_8656▲

IMG_8657▲

寄り道して、おうちにおじゃま。
相変わらずな、愉快なピーター。

2018/01/17

untitled.


IMG_8318▲

IMG_8320▲

みなさん、示し合わせたように寒い寒いとおっしゃりますが、
冬だもの、冬は寒いのが決まりだし、それで良いのですよ。

だから、その寒さを楽しむ方がよろしい、、ということなのです。

2018/01/16

wineya..


IMG_9182▲

IMG_9184▲

この街に移住してきた、知り合いがワイン屋を始めた。
久しぶりにちゃんとしたワインを眺め、頂く。

昔は浴びるほどに良いワインが身近にあったけれど、
さすがに最近は縁遠くなっており、
久しぶりにちゃんとしたワイン。

最近は安くて良いワインがたくさんあるというし、
たしかにその通りではあるけれど、
良い、丁寧に作られたワインというのは
やっぱり異なるものだとは思う。
まぁ、だからワインは面白いんだろうなぁ。

2018/01/15

denny'2.


IMG_9510▲

早朝、デニーズにて。

IMG_9586▲

午後、デニーズにて。

日常では同じ日に同じ店に何度も足を運ぶことはそうそうないけれど、
でも、よくよく考えれば旅先ではよくある話しだったりする。
(というか、同じ場所に長らく滞在していると、ほとんどそうな気がする)

要するに行き先はあまり問題ではないということで、
誰とどう過ごしているかが大事だってことなんだろう。

2018/01/14

ある夜景。


IMG_8865▲

煌びやかでもなく、目新しくもなく、
そういう何でもない、ただ日常に灯る光に
物語がある。僕はそう思うのです。

2018/01/13

untitled.


IMG_8870▲

IMG_8869▲

IMG_8874▲

IMG_8876▲

突然電車に乗って現れて、美味しいごはんを食べさせてと。
美味しいごはん食べたなら、珈琲ブレイクしようと馴染みの店へ。
今度のイベントのスタッフいないから、お願いね!と言い残し、
仕事を振り逃気味からの、おやすみなさい。

相変わらずな無茶苦茶やなぁ、、と。
(まぁでも、とどのつまり、面白いからいいのだけれど)

2018/01/09

BLUEONE.


IMG_9260▲

IMG_9261▲

IMG_9267▲

愛車のメンテナンスを。

自分で手入れが必要な仕事道具というわけではなく、
ただただ、愛する移動手段としての道具でありますため、
加えてぼくにとってはあまりに高度な組み方のため、
(この自転車のニッチさがわかるのは、相当な自転車変態)
信用できるメカニックに丸投げがいちばん。。

すっかりメンテされた青い愛車は小気味よくスイスイと進んでくれます。

ベース部分に関しては、製作された年月からは
かれこれ早半世紀といった、年代物ですが。
道具というのは愛情を注ぐと長持ちしてくれるものです。
無論、あと半世紀は乗るつもりです。

2018/01/08

洋館アパートメント。


IMG_9156▲

IMG_9150▲

IMG_9154▲

IMG_9147▲

知り合いの旅人に声をかけてもらい、
展示を覗きにお邪魔する。
本人たちの心地よい素敵な空気感そのままの
素晴らしいお部屋の使い方・・。

美しい建物(道具)を大事に思い、
本人たちらしく、その建物(道具)を使用出来る、
(その表現が一般的にどうかは、さておき)
僕はそういう人たちこそ豊かだと思うし、そういう人が好きです。

2018/01/07

かしわ三昧。


IMG_8880▲

IMG_8877▲

IMG_8882▲

IMG_8884▲

さぁ、もりもり食べて、びしばし働こうってなことです。
(否、逆なのかもしれないけれど・・)
刺身・揚げ物・鶏鍋からのおじや、
なんて至福のかしわ三昧。

2018/01/06

四畳半夢。


IMG_7713▲

ここしばらくの間、自宅の本棚整理を
激しくおこなっているにもかかわらず、
まったくもって整理される気配がない・・。

小さな四畳半の部屋、別宅を書斎(兼書庫)として、
借りたりするのもいいかもしれない。

そういえば、僕が大好きな物語の、どうしようもない主人公も
たしかそんなことをしてたっけか、結局すぐ奥さんにバレたのだけれど。

2018/01/05

dawn..


IMG_9492▲

こんなに心地よい夜明けは
いつぶりだろう。。

色々なモノゴトがうごきつづけています。
色々なモノゴトが変化しつづけています。
そろそろぼくもうごかなきゃいけない。
そんな気がしてわくわくする夜明けなのでした。