FC2ブログ
2017/06/30

古道行脚 (ゆきしな)。


IMG_6269▲

IMG_6271▲

IMG_6276▲

IMG_6284▲

IMG_6291▲

IMG_6308▲

IMG_6311▲

IMG_6313▲

IMG_6326▲

IMG_6335▲

IMG_6348▲

IMG_6357▲

IMG_6365▲

IMG_6367▲

IMG_6372▲

IMG_6355▲

念願の廃村を目指し歩きはじめた道中に、
目にすることの少ない原生林の美しさに魅了され、
僕たちが普段目にしている自然というのが、
ほとんど人間によって作られた自然ということを知る。

2017/06/29

untitled.


IMG_6477▲

サボってお茶とお菓子をむしゃむしゃと。

2017/06/27

引渡幸福。


IMG_6059▲

IMG_6054▲

IMG_6042▲

IMG_6008▲

IMG_6017▲

IMG_6048▲

IMG_6081▲

IMG_6074▲

IMG_6066▲

IMG_6076▲

あとは君たちにまかした!と
信用の出来る友人に引き渡す。

それから1か月ほどが経つけれど、もちろん
まだまだ改装作業中とのこと・・
(往々にして欲を出すと終ることがない
 ループに陥るのだけれど、私経験談)

それでも、彼女が一言
「やっぱり最高やわ、ほんとよかった」
そう言ってくれるとこれまでの苦労が報われる。

本格的な夏までにはある程度目途をつけて、
テラスで、ビアガーデンするらしいという、
是非お邪魔したい、今から楽しみ楽しみ。

風の吹き抜ける抜けの良いテラスで・・、
きっと彼女のことだから、素敵な音楽家を沢山呼んで、
美味しい食事を山ほど準備して、
賑やかな、楽しい夜になるんだろう。

2017/06/26

初夏。


IMG_6229▲

ことしの春はここしばらく記憶にないほど
快適(すなわち乾燥していることだと思う)という僕の持論、
どうやらデーター的にも間違いがないようです。

そんなめずらしい春の心地よさに怠けておりますと、
ゆっても気づけば毎年の如し湿気まみれの夏が、
すぐそこまできているのでした。
暑くて働いている場合じゃないんです。

2017/06/24

untitled.


IMG_6409▲

二代目。履き続けてはや十数年。

初代はインドかどっかを放浪中にぶっ壊れてしまい、
だましだまし履き続けた末に諦めた。
帰国後に廃盤になると知り、こりゃいかんと、
急ぎ二代目を購入。

今は幸いにも修理してくれる友人がいるので、
何度も修理してもらいながら、履き続けることが出来ている。
(直しながらも使い続けれることは良きことです)

ありがたやありがたや。

2017/06/23

mcgn.


IMG_5873▲

ここいらの街々で育った野郎どもなら、
今だってこいつぁ見た時には
そりゃテンションも自然にアガルってもんでい。

2017/06/22

夜間喫茶。


IMG_5687▲

IMG_5690▲

友人と共に、真夜中に行く当てがなく、徘徊。
考えたのち、偶然思い出した名店へ。

2017/06/21

untitled.


IMG_5420▲

古本屋通いが続いています。
きっとまだまだ続きます。

おかげで、本屋さんにすっかり
行かなくなりました。
根本的には僕は古本よりも新本主義ですが、
ただただ、読みたい本に出合える可能性が高いのが
古本という訳です。

そういえば、ちょっとした知り合いからイベントで
古本を出してほしいと言われました、、
手放しても良い本、、さて、あるのだろうか・・。

2017/06/20

bye bye..


IMG_5538▲

IMG_5542▲

IMG_5536▲

いやぁー・・割と僕は好きだったんだけれど。
(結構好きじゃない人が多いんだけれど)

なんせ僕のオトンオカン世代から二代続けて
お世話になっていたもので、、。

年末の大晦日なんかに行く当てのない
友人たちとここで珈琲をするのも好きだったし、、
週末にとりあえず暇つぶしがてら行ってみると
となりで隠れてウイスキーをラッパ飲みなんていう
雑多で素敵な客層も大好きだったんだけれど。

残念ながらサヨウナラ。
仕方がありません。。

2017/06/18

迷宮路地。


IMG_5900▲

IMG_5906▲

IMG_5914▲

IMG_5917▲

IMG_5927▲

IMG_5931▲

IMG_5932▲

IMG_5935▲

IMG_5942▲

IMG_5947▲

IMG_5953▲

廓建築の美しさは言わずもがな。
それに加え、古き良きエリアを
取り巻く迷宮の様な路地の懐の深さよ・・。

散々路地を歩いてはいるけれど、
これほどディープな路地はそうそうあるもんじゃない。

奥深くに潜り込めば、番犬の鳴き声。
路地沿いに乱立する自転車の数、
外に並ぶ洗濯機たち、
路地中に響き渡る大音量のラジオの音、
こっそりと建物の中を覗くと、
山積みになったビールの空き缶と
数え切れない数のサンダルに
食堂スペース、、
嗚呼、生きたタコ部屋也。

番犬が吠えるところは注意深くというのは、
昔からよく言う話だけれど、その言葉通り。

お邪魔しました、良いモノが見れました。

2017/06/17

帰道寄道。


IMG_6473▲

こんなに心地よい春は、記憶にありません、
少なくともここしばらくの中では
もっとも心地よい春なんだと僕は思っています。
(基本春はあまり好きじゃないので)

ついつい、帰り道に寄り道をして、
煙草の一本でも吹かしたくなる心地なんだもの。

2017/06/16

ビストロにて。


▲IMG_6191

IMG_6200▲

IMG_6202▲

IMG_6203▲

IMG_6205▲

IMG_6213▲

心地よく、涼しい夜なんかには、
お出かけして美味しい食事をしたくなります。

話題と言えば、だいたいは旅先の話で盛り上がるもので
(こりゃ、もう働いている場合じゃない!!と)
おかけでウズウズと旅に出かけたくなるものです。
そんな素敵な初夏の夜。

2017/06/14

ハローかみさま。


IMG_6267▲

たまに会うと相変わらずに
忙しい忙しいと愚痴をこぼす神様。

(己自身が忙しくしているのではないか・・
 ついついそんな邪推をしてしまう)

一緒に働きませんか?という提案を丁重にお断りし、
飲んできなよーと強引に飲酒させようとするのもお断りして、
ひとしきり話して、今回の謁見も無事に凌いだのでございました。

これほど安定して変化のない人は、他にそうそういない、
さすがにというか、故になのか、神様なだけある。

2017/06/13

銀輪平会(後編)


IMG_5888▲

IMG_5890▲

IMG_5898▲

IMG_5896▲

IMG_5925▲

IMG_5963▲

IMG_5968▲

IMG_5975▲

IMG_5988▲

IMG_5996▲

「今日の僕は動く資料館だ!」
と大量の資料を持参して頂いた先生の話を聴きながら、
自転車で目的地周辺をぶらりぶらり。
(いちばんの目的地の話はまた別の機会に)

帰りは行きしなの排気ガスにまみれた旧街道ではなく、
せっかくだから、さらに古の古道から帰ろうかと、、足を伸ばす。
(激坂すぎまして、皆ほとんど歩きだったけれど)

充実した、良い汗をかいた一日に、
反省会を兼ねての唐揚げは美味しいにきまってら、、
ということで銀輪族で乗っ取り状態の平会、
たのしゅうございました。
贅沢な一日となりました。

2017/06/12

真夜中安。


IMG_6461▲

IMG_6464▲

近所に虎がありましたもので、
それと縁のある先々に虎がありましたもので、
僕は根っからの虎派ですが、

先日真夜中に疲れ切って自転車こいでると、
そういえば、安もありました!と、寄り道を。
いくとついつい餅入りが食べたいのだけれど、
時間がかかるからその夜は断念。

たまにたべると、こちらも美味しいねぇ、
次回こそ久しぶりに餅を食べねば・・


2017/06/10

銀輪平会(前編)。


IMG_5787▲

IMG_5801▲

IMG_5818▲

IMG_5814▲

IMG_5831▲

IMG_5836▲

IMG_5845▲

IMG_5855▲

IMG_5860▲

IMG_5852▲

自転車にのって、フィールドワーク。

歩くのは嫌だけども、
自転車ならどこまでも!
と、ごね気味に
自転車版を再度開催頂く。

(ごねたおかげで、参加者は身内ばかりの
 半場乗っ取り状態)

たのしたのし。

2017/06/09

untitled.


IMG_5552▲

素敵な夢を見て飛び起きた。

遠くにある或る星に行く夢だった。
その星には旅人たちが暮らしていた。

僕の友人はその星の森深くに
子供と共に静かに暮らしていた。
友人が美味しいカレー屋さんがあるというので、
僕たちは空を飛びカレー屋さんを目指す、、

そんな夢だった。

2017/06/08

朝食×打ち合わせ。


IMG_5765▲

IMG_5773▲

IMG_5774▲

IMG_5777▲

IMG_5782▲

気持ちの良い朝、喫茶室に集合して、
みなで朝食をとる。

出来立てのサンドウィッチを食べ、
カフェオレと煙草の煙。
古い地図にロマンを描きながら・・

嗚呼なんて、素敵な朝なんだ。

2017/06/06

廓跡探訪。


IMG_5658▲

IMG_5672▲

IMG_5664▲

IMG_5670▲

IMG_5681▲

IMG_5663▲

IMG_5682▲

大人の社会見学にお出かけ。

思えば幼い頃から、この辺りには不思議な気配を
感じていたもので、大好きな場所でもあります。
(今思えばそれはあながち
 間違いというわけでもなかったわけであるが)

その中でも異彩をはなっているこの場所に
足を踏み入れることが出来るようになるとは
随分と大人になったものだとしみじみ。

リクエストに応じてママがかけてくれるアナログレコードの
音に耳を澄ましたり、
そんなすてきなママから当時の話を聴かせて頂いたり、
やれやれ、好きでもないビールも美味しく思える素敵な夜に。

縁あって付き添ってくれた友人に多謝多謝。

ママが今度は奥を見せてくれるというので、
顔を忘れられないうちに再訪する気まんまんです。
こういうお店が文化のある店なんだと思う次第です。

(最後の写真は、昭和期のこの辺り。
 僕の記憶にもかすかに残っているけれど、
 今じゃ随分と様変わりしたものです。)

2017/06/05

untitled.


IMG_5763▲

旅人仲間から土産に煙草を貰うことが多いんですが、
どちらかというと当時現地で吸っていたりした
懐かしい銘柄のモノが多いのだけれど、
ここの煙草をもらったのは無論初めてで。

しかも行った時期というのがなんとも
すげぇ時期に行ったもんだと言わざる得ない。
(いろんなものを空にぶっ放し真っ只中らしい・・)

これは僕たちの様な安旅好きな貧乏人には
もちろん出来るわけのない所業で、、
いろんな旅というものがあるわけだと、考えさせられるわけです。

2017/06/04

uniform


IMG_5527▲

知り合いの展示に顔をだす、、。

今回の展示を一通り拝見したのち、
本人は次々に訪れる来客対応で忙しいそうだから、
帰ろうとしたところ呼び止められ

「今回の展示用に服を作ってみたんだけれど、
 君が着ているイメージにぴったりなの」

ほうほう、確かに僕が好きそうな
(というかいつも来ているジャケットに似ている)
ものだったので、作ってくれるなら
仕事用のユニフォームにでもしましょうか。と。

秋までにできると良いですねー、、。

2017/06/02

untitled.


IMG_5626▲

前々から行こう行こうと思いながら、
なかなか行けなかった古本屋。

なかなか行けないだけあって、
なかなか路地奥っぷり。

そんななかなかだけに、
予想よりも(といっては失礼だけれど)
収穫がありました。
収穫があるとうれしいものです。