FC2ブログ
2016/11/30

焚火日和。


IMG_2843▲

IMG_2840▲

IMG_2847▲

IMG_2854▲

気持ち良い季節だから、かる~く焚火でもしようやない、、と
軽装で集合して山へ行く。

黒い服の男2人で山辺を上り上り、汗を流し流し、
木を拾い集め集め、準備万端。

今日は君にお任せいたしますると優雅に煙草をふかす僕の横で、
手際よく火を起こす、友人。かっこよすぎるぜ、火の神様。

IMG_2858▲

IMG_2863▲

IMG_2878▲

寄り道して買ってきてくれたおつまみをつまみつつ、
ただただ火を眺めて過ごす秋の午後。嗚呼、素晴らしい。

IMG_2881▲

IMG_2890▲

陽がかたむきはじめたころには
すっかり火も落ち着いて、さて準備完了と焼き芋へ移行。

冷え始めた真っ暗闇の中で
その日、汗を流したご褒美にと、あつあつの焼き芋を頬張る、
これだよねぇー・・休日ってのは。と大満足な僕たち。

寝っ転がったりして、全身泥まみれな僕たち、
次は僕の母校直伝のホットドッグを作ろうやないと、、
帰路についたのでした・・

2016/11/29

踏み踏み。


IMG_9036▲

真夜中に自転車に乗るのが昔から好きなもので、
近頃はすっかり昼間に乗る距離が少なくなったもので、
(といってもどちらかというと以前が異常で
 今が正常の範囲内だと自分では思っているのだけれど)

それでもやっぱり自転車で出かけるのは楽しい。

真夜中には、この前のめり気味なジオメトリが更々心地よい・・

2016/11/28

駅。


IMG_8706▲

IMG_8703▲

旅先にいると、電車に乗る機会が多いからなのか、
駅の地べたで一晩を明かすことが多いからなのか、
ただ単純に美しいからなのかはわからないけれど、

旅の始まりと終わりになる駅が
とても興味深く見ることが多い。

こと地元においては、日常でほとんど電車に乗ることがないもので、
全くもって興味をもつことはないけれど、
唯一思い入れのある駅が、、。

小学生のころには、毎週のようにこの駅から、
親友の住む家までファミコンをさせてもらいに通ったもので。

変わりゆく街並みからは取り残されたように変わらずにそこにある駅は
(変わったと言えば駅の正面の大きな看板広告くらいかな・・)
とても誇らしく見える、、。

2016/11/27

cakes.


IMG_3014▲

小さな頃から誕生日やらお祝い事やら、
その度に通っていた、大好きだったケーキ屋さんが
数年前になくなった今、

僕にケーキ屋さんとしてインプットされているお店は、
このお店一軒になってしまった。

ケーキの味もしかり、
昨今では数少ない純粋な京ことばを聴かせてくれる、
素晴らしいお店。

どうか末永く続けていってほしいと思い、
ことある毎に覗くようにはしている。
小さなことだけれど、僕にできるのはそれくらい。

2016/11/25

untitield.


IMG_3007▲

IMG_3010▲

暇人と共に、地元の純喫茶へ出向く。
しばらく見かけてない主人の顔が見れず残念。
元気であることを願うばかり。

IMG_3013▲

よるに再び喫茶店へ、
以前友人が働いていたと聞いてから最近行く機会が多くなった店。
大学近くだけあって、頭の良さそうなアカデミックな雰囲気、
皆さん学術書をめくりめくり、店内に立ち込める煙が悪くないんだな。

2016/11/24

蝦蟇。


IMG_3082▲

まるで遥か妙高山より下界へ降りてきたかのような、
まるで妖術を用いての大蝦蟇に跨る様な、
そんな気持ちになれる気がするイカシタ自転車。

2016/11/23

あれこれと。


IMG_3040▲

僕が最近プリントした写真を眺め、あれやこれや、、

IMG_3041▲

僕の新しいおもちゃをいじくりながら、あれやこれや、、

IMG_3044▲

&シューティング!!

2016/11/22

金魚。


IMG_2790▲

よく通っていた頃と、辺りは随分変わってしまい、
(この街でも稀有な古くからの文化的な建物は
 壊されて薄っぺらなマンションが立ち並ぶ、開発というなの破壊行為)

お店のスタッフも見慣れない顔ばかりになり、
割と好きだった椅子もいつのまにかなくなっていて、、
それでも変わらずに、営業し続けている素晴らしさ。拍手。

2016/11/20

anima.


IMG_1417▲

思えば、それぞれの深さはともかく、数だけは多くいっている旅先の国々、
どこも甲乙つけがたいほどに素敵な場所ばかりだけれど、、

ただただ、ここの風は本当に自分の感覚によく馴染む。
良い良い風が吹いておりました。

古い言葉や古いお祈りが沢山残り、生き続けている、そこには、
石を持ち帰るとまた同じ場所に戻れるというお祈りがあるそうで、
きっとそう遠くないうちに行くことになる予感があります。

2016/11/19

untitled.


IMG_2821▲

やる気がしないときや、苛々気味なとき、
フワフワと浮ついたときなんかは、

いつもの場所で紅茶を頂き、
本を片手に、煙草に火をつけましょう。
それが何よりのお薬です。

2016/11/17

BEAUTIFUL.


IMG_2987▲

IMG_2965▲

IMG_2962▲

IMG_2955▲

美しいモノに理由などないのだよ、
美しいから美しいでいいじゃないかと。

そこに、(芸術のように) 理由付けを求めては
無粋じゃないか。

2016/11/17

バーカウンターで。


IMG_2566▲

よさそうなウヰスキーのボトルが並んでいたので、
思わず眺めてしまいます。

ウヰスキーパーティーしようかと、、言ってみたら、
それより紅茶パーティーしようよと返答が。

わるくないけれど、紅茶はそんなに飲めないよ笑

2016/11/16

ANTIK.


IMG_2825▲

IMG_2824▲

古物が好きなのだけれど、
中国や韓国、台湾、印度をはじめ所謂アジアのモノには
目を向けないことにしています。

奥が深すぎて今の僕には、まだ理解できそうもないから、
要するに、ビビっているわけなのです。
それにすでに半分倉庫と化している我が家の物々が
これ以上増やすわけにもいかないという言い訳もあります。

今までもその時その時に、知り合いのアンティーク商たちに
声をかけて在庫を引き取ってもらったりもしてきたのですが、
(そんな自分の家のモノがそれぞれの店に並んでいるのは、
 それはそれで面白い風景だったりもするものです・・)

そろそろ再びに、動くべき時期なのかもしれません。

2016/11/14

乾盃。


IMG_2618▲

さあ 乾盃しやう
乾杯しやうぢゃないか 人といふものどもに

2016/11/13

サラダ。


IMG_2811▲

長く通っている、愛すべき近所のうどん屋さん。

だいたい、昼時が過ぎた頃合いに行くと、
決まって、タクシーの運転手さんや
老夫婦がその小さな店内の席に収まっている。

僕はというと、毎度同じうどんを頼むのだけれど、
うどんについてくる小皿の一品料理が豊富すぎて、
いっつも食べきれない。

悪いとおもいつつ食べきれず、残すと、
愛嬌のある(そして変人臭がプンプンする)
おじいさんが「多かったか?ごめんな」と。
これも、長年繰り返されている、お決まりの会話。

小皿料理が豊富すぎて皿が足りなくなったのかどうなのか、
この前はとうとうサラダがグラスに入って出てくる奇天烈さ。
近所に、こんな素敵なお店があり続けてくれることに多謝。

2016/11/12

ほっとすぽっと。


IMG_2796▲

友人のお気に入りの場所でほっと、一息。

そんな素敵な場所は、
僕が中学生時代に入り浸っていた場所でもある。
色々と思い出で溢れている場所に不満がひとつ、
ジュウジヤがなくなったこと。
変わっていくなーと、しみじみ。

2016/11/11

untitled.


IMG_2734▲

「お父さんはなんでお酒飲むの?」
『うぅーむ、、それはね、、愚問というのだよ』

しばらく見た記憶がないほどに二日酔いな大人はほっておいて
お出かけしましょうか、、と。

2016/11/10

鮭三昧。


IMG_2545▲

IMG_2550▲

IMG_2559▲

IMG_2554▲

友人に誘われて、なんだかわからないまま、
鮭三昧。
おまけに鮭の切り身の木版画まで。

2016/11/08

鳥三昧。


IMG_2676▲

IMG_2679▲

IMG_2681▲

IMG_2683▲

鳥の刺身から肝、焼き鳥から唐揚げまで、
〆には鳥雑炊なんて、嗚呼素晴らしい鳥三昧。

2016/11/07

老舗にて。


IMG_2800▲

昔、一度訪れて、あまりにピンと来なかったために、
それ以来一度も足を踏み入れていないこの街の老舗書店。

偶然に久しぶりに覗いてみると、嗚呼素晴らしい。
いつまで至って飽きない品揃え。

なるほどこれが、名店たる由縁かと、
十数年経ってようやく少し追いつけた気がして嬉しくなる。

半額になっていた古い写真集を持ち帰った、
欲しい本が(それでいて安くなっている本が)
あと十冊は軽くあった気がするので、
近々また覗いてみようと思う。

2016/11/06

untitled.


IMG_2585▲

美味しいサンドウィッチを出す喫茶店は
素晴らしい、拍手。

IMG_2583▲

言わずもがなな、最強なタマゴサンドウィッチ、
そういえば、関西とそれ以外の地方でタマゴサンドが
違うということを近頃知った。

2016/11/04

memo.


IMG_0769▲

#対等にディスカッション出来ない場はつまらない
#能力は常に使われていてこそ維持、向上することが可能である
#この10年間に己のプレゼン能力が酷く落ちていることへの失望
#可愛い阿呆は好き、可愛げのない阿呆はつまらない
#外見で人を判断すること自体は間違っていない
#久しぶりに小説を読む、楽しい
#尖がった本屋さんはほぼ全滅
#否、いくつか残っているだけましかもしれない
#愚痴っぽくなっていることに少々飽き気味
#同じ愚痴(不満)を感じる人間が身の回りに多くて少し安心
#車に乗る機会が増え、さらに車が嫌いになる
#プリウスが大嫌いなのは間違いない
#法律を重視する国民性には感心させられる
#一緒にいて面白いかというと全くそうじゃない
#自己責任という言葉を多用しがち
#黄昏が近づいているコトばかり考えている気がする
#好きな季節なので気晴らしに山へ行こうと思う

2016/11/03

夜間徘徊。


IMG_2675▲

夜中に自転車で街を徘徊する、
そんな特異で素敵な趣味をもつ友人と

夜に坂道を爆走する。
嗚呼なんて気持ちいいんだ。

2016/11/02

maintenance.


IMG_2697▲

サボりがてら、友人のお店に顔を出し、
邪魔しにがてら、靴のメンテナンスをお願いする。

IMG_2700▲

最近この作業にハマっているらしい社長のおかげで、
脚癖が悪く、すぐに傷だらけになる僕の靴がすっかり綺麗に。

社長の言う通り、確かにこの作業は夜に1人でもくもくとするには
もってこいだな、、楽しくてきっとずっとしていられる、
そんな気がする。