FC2ブログ
2016/09/30

いまここで。


IMG_1151▲

IMG_1088▲

IMG_1101▲

IMG_1098▲


IMG_1129▲

IMG_1146▲

IMG_1074▲

ずいぶんと使い古された言葉だけれど、
「宇宙みたい」、「美しすぎる」としか言葉が出てこない風景。

カメラ片手に、撮っても撮っても、
この目の前に広がる現実を表現する能力は
自分にはないことを痛感するだけ。

本当に素晴らしいモノというのは、
自分の眼で見て、その場で感じるしかないのだろう。
言葉でも写真でも、表現できるものではないのだよ。
そう思わずにはいられない。

自然の前では、人間なんてものは、
ほんとうにほんとうに、ちいせいちいせい。

2016/09/28

Vegetables.


IMG_2188▲

IMG_2190▲

なーんでかなぁ、なーんでだろうなぁ。

なぜ、こんなに野菜が美味しいのだろう。
海外に行くたびにそう思わずにはいられない。

(以前に行った時、帰国後、色々な人と散々話した結果は
 JAという巨大組織が悪いという結論に落ち着いたのだけれど)

オリーブオイルとバルサミコと塩さへあれば、
贅沢を言えば少々のチーズがあれば完璧。

日本の訳の分からんパッケージされた
ドレッシングなんて全く不要な代物になる。
(あれはきっと野菜が美味しくないから誤魔化すためのモノなんだろう?)

日本じゃ到底むりだけれど、海外ならベジになれちゃう気もする。
野菜とスープがあれば、十分なんだもの。

2016/09/27

CYCLING.


IMG_1913▲

IMG_1919▲

IMG_1926▲

IMG_1935▲

IMG_1938▲

IMG_1948▲

IMG_1955▲

街を抜け、海沿いの道をただただ真っすぐににひた走る。
嗚呼自転車ってほんとうに素晴らしい。

見たかったモノも見ることができ、
浜辺にブランケットを敷き、
昨夜の残り物の野菜とチーズとハムを挟んだだけの
美味しいに決まっているサンドウィッチとコーラをいただく。

太陽の光が心地よく感じる、美しい季節、
すっかりと満足した僕は、
気づくと寝入って、すっかり時間が経ってしまっていたのだよ。

2016/09/25

THE Backpack.


IMG_9130▲

長い間の相棒。すっかり満身創痍状態。

ハーネスの片側がぶっ壊れてしまい、
中は劣化でベトベトな状態。
こればっかりは仕方がないコト。

さすがに、今回が最後になるかなと、
無理矢理に自力で直して背負ってきた。

やはり背負い心地、使い心地は最高、
数年前に別のバックパックも購入したけれど、
旅路のコイツの有能さには勝てそうもない。

色々ネットなんかで探してみても、
なんせ廃盤になって時間が経っているため、
いいモノはそうあるものじゃないらしい。

旅の最終日、壊れていたハーネスの箇所、
逆のところも同じように崩壊。
今まで何とかモッテいてくれたようで、
なんだか、、感慨深くなってしまう・・

誰かに修理を依頼して、
次の機会も使おうか、、そんなことを思ってしまったり、
まだ、もう少しの間、手放せないのかもしれない・・

2016/09/24

untitled.


IMG_9458▲

帰国後に、日常社会もこれほどギャップを感じ、
居心地が悪くなるのは、めずらしい。
(個人的にはあまりそう思いたくはないのだけれど)

道を歩く人、自転車に乗る人、車を運転する人、
街を行き交う人が全員悪人に見えてしまう。
否、悪人とは言わずとも湿った湿度の高い(そう感じる)
人間関係にうんざりしてしまう。

そんな少々恥ずかしい状況になっています。

2016/09/21

背負いつづけるコト。


IMG_9158▲

短い短い旅ではあったのだけれど、
そこには思っていたとおりの、
日常ではけっして想い描くことの出来ない風景が溢れていた。

こんな衝撃はさて、いつ以来だろう。
色々な場所にいったけれど、衝撃度合でいうならば、
印度以来になるのかな。

そこにある風景を見て、ただただ風景を見るだけで、
涙が出てくるなんていう経験は初めてだった。
(こういう感動はきっと年齢は関係ないんだろうな)

それ故に日常に帰ってからのギャップ感を
これほど大きく感じることも、久しぶりでもあり・・
こりゃ、しばらくかかるなと。

旅をする人間と旅をしない人間、
これは他の何事の差よりも、きっと大きいのだろう、そう再認識。

これだから背負うコトはやめられない。

2016/09/06

ultima thule.


IMG_6083▲

背負いたがりなので、
背負って行ってきます。

2016/09/05

アイスカフェオレを飲みながら。


IMG_8930▲

IMG_8932▲

IMG_8939▲

IMG_8941▲

いつもの店で、いつもの注文、

そしてその日はめずしく少々頭痛気味だった僕だけど、
いつもの友人といつも通り、
奈良の素晴らしさから、京都の駄目さを話し合っていたはずが、
気づけば、いつの間にやら、日露戦争の話を延々聴いていたのだった。

2016/09/04

untitled.


IMG_8999▲

友人のリクエストで、中華を食べに行く。
なんだか最近中華率が高い気がするんだな。
(もちろん美味しいからなんです)

2016/09/03

旅の匂い。


IMG_9001▲

秋になりつつなんて、あまっちょろい考えは何処へやら
汗だくになる熱帯夜に、愛用のバックパックをゴリゴリと修理していたら、
いちばん奥にあるポケットから、ポストカードとナプキンが。さて。

ポストカードはきっと、10年ほど前にネパールに初めて行った時のもの、
(あの頃は毎日違う人にひたすら手紙を送りつけていたもので)
もう一方のナプキンは、、さて。

見たところどうやら、アメリカのニューヨーク?
となると、、あれは、、911の時だから15年近く前になるわけで、
そんな時の流れに驚くばかり・・。

現地でアパートを借りて、数か月間、毎日カメラ片手に、
インラインスケートでマンハッタンを延々とぐるぐる走り回っていた、
そんな若かりし頃、のものなのか?

向こうで何度か誘われたパーティーなんかで出会った人達、
カッコいい人ばかりだったなぁー・・
カフェのテラスでだらだらと煙草を吹かし、珈琲を飲んでいる人たち
カッコいい人ばかりだったなぁー・・
今度、一度当時のネガを整理してみようかなぁ。
(ありすぎてきっと無理)

ナプキンの方には全く記憶がないけれど、
たまには汗だくになりながら、鞄修理をしてみるものだと思ったりした。

2016/09/02

the point.


IMG_8945▲

旅先で、歩いていたりして、ふとよい風を感じる場所がある、
第六感なのか、気のせいなのかはよくわらない。
なんだか楽しそうなコトがある予感がする場所。

先日遅刻してくる人を長々と待ちながら、
煙草に火をつけボォーっとしていた時に、
そう、ふと空を見上げながら、「ああこういう感じなのかな」と思った。

普段それほど何も感じずに通り過ぎている通りだけれど、
もしかすると、この街に来るバックパッカー達にとっては、
そんな場所の1つなのかもしれない。
(そしてその感が正解なのかどうかは僕にはわからない)

なんだか、遅刻してくる人を待っているのも
悪くない、、少しだけ、そう思った。

2016/09/01

sandales.


IMG_8751▲

少しずつ少しずつ、わずかながらにも、
確実に夏が終わりに近づきつつある今日この頃です。

ここ数年愛用していたビーチサンダルが壊れました。
たしかネパールに行く前に街中を物色していた際、
偶然通りかかったお店でワゴンセールだった一足。

数百円だった気がするけれど、
随分頑張ってくれました。
同じのが欲しいけれど、そうなるとさて、、
商品名もわからないし、、どこに売っているのやら、
難しいモノです。