FC2ブログ
2016/08/30

untitled.


IMG_8632▲

相変わらずに突然真夜中に今から飲もうなんてむちゃくちゃな、
相変わらずに突然今から川へ飛び込みに行こうだなんてむちゃくちゃな、、
たのむよ、親友。

2016/08/28

untitled.


IMG_8879▲

彼女の視線が気になって気になって、
あれ、気のせいかと思いきや、きっとそうでもない。

やはり女性は生まれた時から女性ということなのか。
こりゃ、勝てないよ。

2016/08/26

酒宴楽々。


IMG_8658▲

IMG_8665▲

IMG_8661▲

IMG_8671▲

IMG_8666▲

IMG_8679▲

たまには蕎麦屋で一品でもつまみながら、
浮世話をしながらに飲みましょうかと、御誘いを。

それじゃあ、僕のとっておきの馴染み店へご招待しませう、
話が面白すぎる変態兄貴の話を聴けるなら、そりゃそりゃ
しばらく縁遠くなったお酒も久しぶりに解禁しましょうぞ、と。

IMG_8680▲

しゃべっては飲んで、しゃべっては飲んで、
久しぶりに酔いも回り、気づけば閉店でござんした。

〆のそばを軽く平らげて、最後に姉さんが出してくれた西瓜が
こりゃまた夏らしくてよいですなぁー・・とご機嫌で店を後にしたのです。

2016/08/25

コンデジ。


IMG_8597▲

記録用にと、コンパクトデジタルカメラを
常に持ち歩くようになって3代目。

こんなものは写真じゃない、ただの記録だと、
故にこれはカメラではなく記録道具に過ぎない、、
そんな頑なな意見を吐きながら、その道具としては
かなりの使用頻度になっている現実。
(そしてその頑なな意見は今でも健在でもある)

期間としては短かったけれど、
充分にその価値を全うしてくれたので、
(そして、片隅が破壊されたので)
感謝しつつも、すぐにも、
次の記録道具に移り行くのであり、
嗚呼・・諸行無常。

2016/08/24

untitled.


IMG_8713▲

IMG_8710▲

IMG_8709▲

IMG_8717▲

IMG_8716▲

お酒をこよなく愛する友人と中華を食す。
毎度のことながら、僕との食べ方の違いが興味深い。

何故このタイミング?というタイミングで
いつも何かを食べている。
彼には彼なりのこだわりがある様子。
自らの信念を貫く人は格好良く、面白く、往々にして変態である。

IMG_8719▲

帰り道、なぜか暗闇の中に路面電車が走っていた。
なんのことやらようわからんけれど、夏なんだな、、と思った。

2016/08/23

untitled.


IMG_8700▲

夜通し愚痴を聴かされて、
夜通し韓国アイドル話を聴かされる。

半場強引に、夜行フェリーにのせられて、
島なんていっちゃったり、、
そんな時代を思い出す。

2016/08/22

素晴らしき哉喫茶時間。


IMG_8618▲

IMG_8612▲

IMG_8620▲

戦友というべきか、神様というべきか、
そんな腐れ縁な友人に誘われて、
たまに顔は出していたのだけれど、
久しぶりに店内で珈琲を頂く。

相変わらず黙って出してくれる僕好みの珈琲は素晴らしい。
何せ珈琲嫌いな僕が珈琲を飲めるようになったのはこちらのおかげ。

毎度紅茶を頼み、アンチ珈琲だった僕に、
店主がなにげなくいった
「UK君は私と同じ煙草吸ってるからこの豆なら飲めるとおもうよ?」
から始まった、僕の珈琲人生。多謝。

IMG_8626▲

そして相変わらず例の友人の話は
途方もない方向に進み、気づけば戦艦の話をしている始末。
それでも以前のように毎日聴かされるわけでもないので、なんてことない。

全裸で店の玄関口に寝そべり、撮影していた日々が
少し懐かしかったり、良い喫茶時間だった。

2016/08/21

ご近所の名店。


IMG_8641▲

IMG_8644▲

IMG_8649▲

この街ももう終わってる、、とツマラナイ愚痴ばかり垂れている僕ですが、
じゃあ、○○で、、っと気軽に近所に喫茶店、
それもマスターが煙草の煙を燻らせながら珈琲を入れてくれる、
そんな良い喫茶店があるという事実、

そりゃー・・そんなに捨てたもんでもないのかもしれない。

2016/08/20

インスタント。


IMG_8577▲

夜更けに、馴染みの喫茶店で、
友人がその日の午後に、偶然のなりゆきで手に入れた
カメラを喜々と試し撮りなんかしてみる。

IMG_8580▲

正直驚いた、、、昔からポラロイド贔屓な僕は、
この手のカメラには一切興味はなかったのだけれど、
それにしたって、デジタルとは全く異なるこの質感。

この夜、ネットでこの手のカメラについて必死に情報収集したのは
間違いないところ。

2016/08/19

untitled.


IMG_8563▲

IMG_8565▲

IMG_8568▲

久しぶりに昔なじみのお店にお好み焼きを食べに行く。
「久しぶりやなー・・」とおっちゃん。

相変わらずに、籠に盛られたタネは冗談みたいな大きさで、
店内は賑やかに満員御礼、
ぶっ壊れた大きなエアコンからは完全に滝化した水しぶきが。
冷風ではなく、冷水(水しぶき?)で体も冷える。なんてナイスなお店。

2016/08/18

街道沿いにて。


IMG_8493▲

暑くて暑くて何もやる気の起きない仕事中、
古くからある街道沿いを車で入っていると、気になる風景がチラりと見えたので、
車を停めて、煙草に火をつける。そして一服。

自転車に乗って走り回っていた頃もそうだったし、
好きでもない車を運転しながら移動することが多くなった近頃でも、
良い風景を見かけると、ついつい足を止めてしまう癖。

2016/08/16

untitled.


IMG_8515▲

暑いからって、人の家に押しかけて昼飯をせびる
僕も、どうかと思うけれど、
暑いからって、ここしばらくの平日、
昼間から家で子供と遊び続けている、
そんな友人もどうかと思う。

そりゃー・・素敵なカタチだと思うのです。

2016/08/13

忘れられていた洋館。


IMG_8334▲

IMG_8336▲

IMG_8343▲

IMG_8348▲

IMG_8351▲

IMG_8353▲

IMG_8357▲

高台の中腹に長いあいだ、忘れ去られていた洋館。
今からでも大切に手を入れてやれば、
この先も、長く長くあり続けてくれるでしょう。

次の世代に引き継いでいかなければ、
家だって何だって、道具は使ってやらなきゃいけません。
いい加減に新品至上主義はやめた方が良いと思うのです。

新品は最高ではありません、
ただ最初(はじまり)なだけだと、僕は重ね重ね思うのです。

2016/08/12

息抜きをする。


IMG_8602▲

色々と打ち合わせやら、相談やら、
そんな言い訳を作っては息抜きをしたいだけ。

2016/08/11

褌野郎。


IMG_8499▲

オシメじゃないよ・・

IMG_8503▲

フンドシだよ・・

ってな感じで外でパンいちならぬ、
フンいちになる、相変わらずのピーター。

2016/08/10

untitled.


IMG_8411▲

半場強引に、ある意味拉致られて搬送。

以前なら「さてさてどうしてくれようか」と
脳内ソロバンを叩いていたものですが、
すっかりと反骨精神も薄れてしまい大人しく・・おっちん
それもあまりに暇なので、記念撮影したりして。

2016/08/09

こっそり避暑。


IMG_8518▲

IMG_8519▲

IMG_8533▲

IMG_8542▲

IMG_8550▲

IMG_8553▲

(さて今年何度目の) 嗚呼・・もうやってられんわ、、。
近くまで寄ったのでとっておきに涼しい場所まで足を伸ばす。

久しぶりに訪れたその場所は、
大きく変わることもなく、記憶にあるとおりに、
美しく、素晴らしく、そして涼しい場所だった。

透き通った清流に足をつけながら吸う煙草は
こりゃー・・贅沢なモノでした。

2016/08/08

untitled.


IMG_8468▲

友人の書斎で、扇風機にかぶりつき、
暑さをごまかすために床に転がっている漫画をめくる。

嗚呼、なんて暑いんだ。

2016/08/06

yellow..


IMG_8635▲

And it was called Yellow.
'Cause you were all yellow.

2016/08/05

yellow.


IMG_8446▲

Yeah, they were all yellow.
And it was all yellow.

2016/08/03

untitled.


IMG_8424▲

IMG_8425▲

IMG_8426▲

IMG_8428▲

IMG_8430▲

偶然に見つけた、以前良く足を運んでいたお店の倉庫。
残念ながら僕が長らく探しているモノはなかったけれど、
奥深い店の造りが、まるでヘルシンキにあるお店の様、
それだけで、なんだかワクワクしてしまう。

2016/08/02

untitled.


IMG_8488▲

IMG_8490▲

すっかり定期的に通っているお店、
お決まりのオーダーに、
まかないの和風ピザをつまみ食い。

2016/08/01

untitled.


IMG_8479▲

この軍手、あまり好評ではなかった記憶があるけれど、
僕は結構気に入っていたりする。
懐かしい忘年会で山ほど頂いたのでいまだにストック有。

冬には防寒(防寒は軍手に限る)、
それだけでなく、暖かい季節には、
趣味の草刈りや枝切り時にも結構役に立つ。
もちろん、楽しい七輪の時にだって。