FC2ブログ
2015/05/28

untitled.


IMG_3480▲

IMG_3481▲

IMG_3488▲

IMG_3493▲

IMG_3484▲

久しぶりに戦友や、古い友人達に
会う機会だったので、みんなを撮ろうと思ったのも束の間、

懐かしい阿呆な話に華を咲かせ、相変わらずな阿呆な話に盛り上がり、
散々説教を浴びさせていただき、冷や汗を流しているうちに・・
数人撮ったところで、すっかり忘れていた・・

なので、これだけ・・

2015/05/27

消滅三条店。


IMG_3554▲

IMG_3550▲

IMG_3553▲

名店といわれるお店がまた一つ消滅しました。
建物の建て替えだそうで、無念です。

この系列ではどちらかというと別の店に行くことが多く、
それほど昔から馴染みであった店舗という訳でもないのですが、
ここしばらくはよく足を運んでいたので残念でなりません。

気づけば左京の店舗も無くなっていたし
(こちらもそれほど行っていた訳ではないのだけれど)
物理的にどうしても足が遠のくことになるのでしょう・・

IMG_3549▲

(この店とは直接関係ないにせよ)
恐ろしい勢いで消滅し続ける文化のあった名店達。
恐ろしい勢いで増加し続ける薄っぺらな大資本店。

旅人達が着てくれたときに、
連れて行くお店が刻一刻と減っていっています・・。

2015/05/25

ひだまり。


IMG_3694▲

IMG_3696▲

IMG_3703▲

友人宅で散々珈琲を飲み散らかし、
次はお茶を頂きながら、縁側で煙草をふかす、
まどろみまどろみ、、。

2015/05/24

untitled.


IMG_3458▲

IMG_3463▲

そんなに遠くではない場所なのに、
すぐそばを毎日通っているのに、
ほとんど歩くことのない場所を歩いてみる。

歩くと色々な発見があります。

2015/05/22

宴。


IMG_3477▲

IMG_3486▲

IMG_3501▲

IMG_3518▲

IMG_3540▲

さてさて、いつ以来だろう、
この街中の悪人共が集いし夜の宴。

懐かしい顔が溢れていて、疲れたけれど、
昔の戦友や、古い仲間に会えてよかった。

皆多分にもれず、男子はピーターパンで、
女子には説教三昧。そうそう、これこれ。。

IMG_3541▲

この街のピーターパン代表も気づけば世帯持ち、
自分は一切稼がず、嫁任せとベロンベロンで豪語し、
嫁のお叱りを受けながらも、
幸せそうな二人を見ると、感慨深いものです。

2015/05/21

untitled.


IMG_3464▲

信号待ちで違和感。

よくよくみると、半分なくなっている、、

ずいぶん以前に、友人と購入しようかと・・
夜な夜な語り合った、古い建物がなくなっている。

その時は、このエリアに詳しい知人の話を聞いて、
なんとなく立ち消えていたのだけれど、
やはり、この時代、誰かが買うと壊してしまうよなー・・と。

街中の交差点はほとんど壊滅状態。

2015/05/20

untitled.


IMG_3650▲

友人の展示を見に行った時に、
ご馳走してもらったのが美味しくて、
こっそり、教えてもらった、オーガニックのティーパック。

今では、ティーパックを使用することも
ほとんどないけれど、
美味しいなら全然悪くないです。

2015/05/19

hohoho..


IMG_3607▲

馴染みのお店が移転して、再開した、
連絡をもらっていながら、なかなか伺えず、
ようやく、仕事のついでに、お邪魔した、

IMG_3610▲

移転先はとても好きなエリア。

知ってはいたけれど、
これまた馴染みの建物で、街の狭さに驚かされるばかり、、
末永く続く本屋であってほしい、、

2015/05/18

書出。


IMG_3144▲

その日の朝、彼女はティーチャーズを私のおなかにこぼして、
それをぺろぺろと嘗める。
その日の午後、彼女は窓から飛び降りようとする。
私は言う、
「こんなことを続けてはいけないよ、もうやめなくちゃいけない」

素晴らしい書出しじゃないか、
久しぶりに読んだ短編集、まったく参った。

2015/05/17

like a Nagarkot...


IMG_3378▲

LIKE A NAGARKOT!!

いい場所みっけ、、まるで旅先のお気に入りの場所のよう、
今度誰かがこっちに遊びに来たときは連れて行こうと思う。

2015/05/16

In the holy place.


IMG_3368▲

IMG_3407▲

IMG_3369▲

IMG_3382▲

IMG_3370▲

IMG_3373▲

古より民に聖地と呼ばれる場所に行き、
古より民に聖地と呼ばれ崇められてきた理由を悟る。

それは決して上っ面の薄っぺらなモノではなく、
神々しい綺麗なだけのモノでもなく、
とても俗世的でもあり、色々なものが絡み合っている。

素晴らしい。

2015/05/14

bookbookbook..


IMG_3126▲

IMG_3129▲

先日、久しぶりに会う友人に、
「本屋はまだしないの?」と尋ねられた。

『そうだね、まだだね』と笑い、返事をしながら、
僕は、少し嬉しかった。

2015/05/13

untitled.


IMG_3213▲

この街で生まれ育った人々にとって、
「蕎麦」「うどん」というものは、ダシが全てであって、

ここしばらくというもの、僕自身もそう思っていたのだけれど、
本当に美味しい蕎麦麺を知ると、
それはそれで、なるほど奥深いものだなと、、
美味しい蕎麦麺を捜し求めたくもなるのである。

2015/05/12

untitled.


IMG_3135▲

小学生3年生か4年生の頃に、
チャンピオンのハイカットスニーカーに憧れて、
親にねだって買ってもらって、

小学生5年生の頃にナイキの靴を
友人に譲ってもらって以来、

思えば、ずいぶんとずいぶんと、
長いこと靴好きを続けています。

2015/05/11

untitled..


IMG_3443▲

二階へあがり、窓からの眺めに、
思わず立ち止まり、独り言。。

素晴らしい、窓景。
目の前の疎水にはそろそろ蛍が光り始める頃。

ずいぶんと長い間、見捨てられていた建物だから、
痛みもあるけれど、良い主を探してやらにゃ・・。

2015/05/10

散歩中。


IMG_3393▲

IMG_3397▲

IMG_3401▲

この道は風が心地よく吹き抜けるので、
それにこのすぐそばにある小さな橋がとても好きなので、
少し遠回りになったとしても、
昔から、よくよく自転車で通り抜けることが多い。

この近くの用事ついでに、
昔から気になっていた木製の自動車工場付近をうろうろ。
歩かなきゃわからないことも、あるんだなぁー・・。

2015/05/08

そこにあり続けるコト。


IMG_3259▲

IMG_3265▲

IMG_3257▲

IMG_3269▲

IMG_3266▲

街中にほとんど行くことのなくなった近頃、
やれやれ、近頃といって早10年くらいなのかな。。

歩きつかれた僕たちは、フト懐かしいお店に足を向けた。
美味しくもないビールをしこたま飲まされていた当時、
よくよく訪れた馴染みのお店。

うーん、、変わってないねぇー・・
おっちゃんも、肉の味も、天井の黒さも、、嬉しいなぁ。
楽しくてしかたなかった夜。

2015/05/07

春爛漫。


IMG_3329▲

大好きな場所で一息つきましょう、一服しましょう、

僕はこの時期にはあまり外へ出たくない方ではあります、
特に緑溢れる場所は、良いのは、良いのですが、
どうにも、、生命力が溢れすぎていて少し疲れてしまう訳で、、
僕にはどうにも強すぎるのであって、、
どちらかというと引きこもり気味になるのですね、、

それでもたまには気持ちの良いものです、、

2015/05/06

車窓。


IMG_3387▲

IMG_3390▲

仕事にもすっかり疲労した昼下がり、
信号待ちをしていたら、耳に心地よいお囃子が。

どうやら、このあたりのお祭りをしているようで、
色々な格好をした人々が行列。

うーん、こういったローカルな町人のお祭りは
なんて面白いのだろう、、
数ヶ月前の一時期には、ある種のお祭りに興味を持ち、
文献を読み漁っておりましたが、
そうそう、これからのシーズンは色々面白いお祭りが
この街だけではなく、日本中であるんだよう。

色々足を運びたいなー・・

2015/05/04

面面突合会。


IMG_3347▲

友人二人で毎度のおさぼり会、
相変わらずクスリと笑ってしまう素敵な変態さ加減。

愛するお店の、大盛りのカフェラテと
煙草が美味しいのなんの、、。

IMG_3349▲

男は腹が減ったら黙ってカツ丼、
ってなわけではないけれど、
(言うほど好きでもない)
あまりに多彩なメニューから選ぶのが困った時は
(もしくは、めんどくさくなったときは)
カツ丼か、空揚サンドで決まり。。

2015/05/03

say hello..


IMG_3333▲

IMG_3335▲

IMG_3334▲

IMG_3332▲

幼い自分には、毎週バスに乗って遊びに来ていた、場所
元気に走り回る子供を眺めながら、
公園でタバコを吸っていると色々思うところある。

先日、仕事中に道端で突然大きな声で
「こんにちは」と声をかけられた、、

振り返るとどうやら修学旅行生らしき小学生達。
はて、知り合いではないだろうしと、僕だろうか?と
思いつつも『こんにちは』と返す。。

どうやら、グループ行動のようで、
金閣寺への行き方を教えてほしいということだった、
運よくバスには少々詳しい僕は(電車に間してはほぼ無知に等しいのだが)
教えてあげると、元気よく「ありがとうございます」とバス亭へ向かって
走り去っていった少年少女達。

なんて、気持ちの良い子供たちなんだろうかと、
色々考えさせられた。そして、晴れ晴れした気持ちになった。

経験上、阿呆のように「挨拶挨拶!」と長年軍隊形式で繰り返し
刷り込まれてきた僕だけれど、
今になってその大切さが身にしみたりもする。

そして、今の子供も捨てたもんじゃない、と思ったりした。
(きっと、出来る子は、今の子も昔の子も出来るし、
 出来ない子は、いつの時代だって出来ないんだろう)

2015/05/01

untitled.


IMG_3353▲

IMG_3354▲

IMG_3357▲

IMG_3358▲

暑くなってきたので、
どっか涼しいところへ行きたいなぁ、、

それとも、大きなバックパック背負って、
ネパールに行くか・・