FC2ブログ
2014/11/03

untitled.


IMG_1702▲

この2週間ほどで、
さて何冊の本を読み終えただろう。

温かい飲み物と、煙草を手元に、
ソファーに寝転び、いつもの寝袋に包まって、
小さな灯りをつけ、眠るまでのあいだ、
貪る様に読み続ける。

それでも、古本屋で手にした本、
友人に持って行っていいよと、譲り受けた本、
僅かだけれど書店で購入した新冊、
かるく数百冊は超える、
頁を捲っていない本がその時を待っている。

それでも、読みたい本を次々と探し出しては、
読む速度以上に、読みたい本が手元にたまっていく。

これは、とても困ったことだけれど、
同時にとても幸せなことだと思っている。

読みたい本が枯渇せずに手元にあるということ、
それに、本を読む時間が十分にあるということ、
それはそれは、とても幸せなことだと思うのですよ。