FC2ブログ
2013/04/28

ちがいのわかるひと。


IMG_4263●

数年前に、気まぐれでTKと話し、組み上げた自転車。
3台+1台。

販売して、大量生産して大儲けなんて、
夢物語をえがいておりました。

ところがどっこい、販売意欲に欠ける僕たちは、
作ってカタチになったことで満足で、
どこか目に付く場所に展示されることは夢のまた夢。

気づけば、うちの家の隅っこで埃をかぶっておりました。

幾人かに話をしたことはあるけれど、
いまいちピンとこないものなのでしょうか。

僕の説明のよろしくないのか、
それとも、この素晴らしさを理解する、
本当の良さをわかるチカラに欠けている人達なのか、、

はてはて。

それでも2台は無事に旅立っていきまして、
残ったのは、1台+1台。

そんな+1台の方が、ようやく主となる人の元へ旅立つことに。

この+1台が、どういうものか、どれほど素晴らしいものなのか、
(もちろん近年溢れかえる、クダラナイ見た目だけの自転車とは
 違って、もっともっと本質的な部分)

その主に話したところ、「はい、買います、安い」と気持ちの良い即答。
わかるひとは、わかってくれるのだ、と本当にうれしいです。

この+1台もそうだし、残る1台もそうだけれど、
こんなに興味深い自転車、僕は他に知らない。

僕がまだ、自転車置き場の余裕がある、大きな男であれば、
己で即刻買い占めてしまいたい、そういう自転車だと、僕は思うのです。

IMG_4258●

さて、のこる1台、
わかってくれる人はあらわれるのでしょうか。。

と頭の片隅にはおきつつも、結局誰に見せるわけでもなく、
偶然に主となる人の目に触れるのを待つことになるのでしょうな。。

そういうものだし、それでいいと、僕は思います。

2013/04/27

untitled.


IMG_4244●

お好みや、焼きそば、そういうものは、
馴染みがあるんだけれど、

鉄板焼きというものには、どうも馴染みがない。

ここ最近、よくよく行くことがあって。
鉄板焼きってものも、わるくないなぁ、と思うようになった。

2013/04/26

coffee and cigarette.


IMG_3823●

IMG_3816●

左のポケットに煙草。
右のポケットに缶珈琲。

時間をもてあまし気味な僕たちは、
美味しい煙草と、美味しい珈琲のために、
出かけることにした。

2013/04/25

the place.


IMG_4656●

IMG_4661●

色んな人達から話をきいていたけれど、
こんなカタチで尋ねることになるとは思ってなかった。

良いお店になっていくためには、たった一つ、
素晴らしいコトがあれば、いいのかもしれない。
(いや、どうかな、よくわからないけれど、
 今、書いているこの時は、そう思う)

このお店の何がいいかって。

どうしようもない、見た目ばっかりの張りぼて、
薄っぺらいお店が乱立する、ところに作らなかった。
(らしい、らしい、と呟くのは、
 どいつもこいつも、よそ者ばかり)

街が生きている場所、街が根付いている場所、
そういう場所に選び、店を始めたこと。。

それだけで、素晴らしい。
間違いない、僕はそう思う。

少なくとも、その一つで、僕は好き。

2013/04/24

rendez-vous.


IMG_4668●

IMG_4671●

毎度御馴染、
身内巻込型、
弾丸いべんと。

あるらしいよ。。
おいでやすってよ。

2013/04/23

陽気酒。


IMG_3934●

IMG_3933●

IMG_3936●

「○○ないかーい」
「××アタック」

陽気なお酒、万歳万歳。
2013/04/22

世界の果て。


IMG_4569●

ずーっとずーっと電車にゆられてね
ずーっとずーっとバスにゆられてね

ひとーりぼっちで 音楽聴きながらね

たどり着いた「世界の果て」

2013/04/21

写真音楽桜下喫茶。


IMG_3697●

友人夫妻が尋ねてきてくれる。
どうも冷える日中だった。温まる飲み物をいれる。

IMG_3712●

色々なはなしを、ゆっくりと話す。
彼女と話していると、不思議な気持ちになる。

それはまるで、この場所が、
どこよりも特別な場所なんだと、幾人もの人達が思っていた頃、
その頃の気持ちを思いだすことができるよう。

彼は音楽をくれた。
その日の朝に録ったという。

それからの数日で40回近く聴き続けた。

チャイを淹れた。焙り番茶をいれた。
それから、紅茶をいれた。

長く長く、僕たちは話しつづけた。

2013/04/20

麺麺麺。


IMG_3693●

昼過ぎにいったのだけれど、
まるでそこは、スナックみたい。

ラーメン屋で、ラーメン食べずに、
お酒を飲んでる親父たち。。

「このローカルさ、たまらないです。
 天城以来の衝撃ですね、、」

一緒に言った友人は言った。
連れて行ってよかった。

この画像みてたら、なんだか、
ラーメン食べたくなってきた。

只今、夜中の4時・・。

2013/04/18

thanks you..


IMG_3493●

いつもどうりに
いつもどうりのお客さん。

ありがとありがと。

2013/04/17

sakura-dance.


IMG_3540●

IMG_3552●

IMG_3567●

IMG_3592●

IMG_3597●

IMG_3588●

IMG_3610●

色んな仲間が出たり入ったり。
ようよう騒いだもんだ。

2013/04/16

靴箱。


IMG_3196●

額がどうしても欲しくって。
店で働く友人に無理言って譲ってもらった。

車でうちまで運んでもらった夜、
一緒にワインを飲んだ。

彼はあのお店にはもういない。
子供たちと元気でくらしているのかな。。

2013/04/15

wald.


IMG_3372●

IMG_3379●

男くさい職場 好きだな。
美しいと 思う。

IMG_3376●

IMG_3393●

IMG_3400●

IMG_3402●

暖をとらせてもらったり
時間をつぶさせてもらったり 世話になりっぱなし。

足元が、徐々に、革靴にシフトしつつある今日、
「彼がどうにかしてくれるだろう」

そういう信頼があるのが大きい気がする。

こういう信頼できるお店が、住む街にあるというのは、
幸せなことだと、僕は思う。

2013/04/14

縁日。


IMG_4210●

IMG_4225●

IMG_4216●

随分前に、何かで目にしたその人の作品に惹かれ、
いつかは実物をみてみたい、、ぼんやりとそう思っていた。

それから、はて、どれくらいだろう。

僕は今、その陶芸家のところにいて、
彼は言う「あなたとは縁を感じる」と。

素晴らしい場所に椅子と机を並べて、
珈琲を挽いてくれる。

その後も夫婦で色々なところへ連れて行ってくれた。

ほんとに素晴らしい縁になった。
ありがとう。

2013/04/13

煙草を吸う。


IMG_3684●

まるでそれは、日課のように、午後夕暮れ前。
揃って缶珈琲を飲みながら、煙草を吸う。

2013/04/12

映画狂晩餐会。


IMG_3523●

IMG_3524●

IMG_3534●

IMG_3538●

映画狂の映画狂による映画狂のための晩餐。

今現在において、現役映画監督の中で
最も偉才を放っている一人であることに
疑う余地のない
某映画監督の最新作を揃って干渉。

その後場所を二転、三転させつつも、
夜が明けるまでその映画について語り合う。
そんな素晴らしい企画。

こんな楽しいことはない、
こんな素晴らしいお酒はない。

それぞれが、言いたい事を言い、
時に反論し、議論しあう、

こんな贅沢なことはない。

なぜなら、答えがないのだから。
嗚呼、全く楽しい夜だった。

2013/04/11

また明日。


IMG_3367●

夕焼けに染まるこの僕の街 
夕餉に誘われ辿れ また明日

2013/04/10

a little story of football.


IMG_3765●

昔は欧州サッカーが大好きで。
旅の途中で試合もよく見に行った。

はて、きっと今でも好きなんだけれど、
なんせテレビがないもので、情報も皆無。

だから、なんも知らない・・。
それに欧州にも久しく行ってない。

Copenhagen、liverpoolなんかの
好きなクラブチームのメインスポンサーだったビール会社。
(勿論、好きなチームは他にもあった、
 monac、marseille、sociedad、あたり。)

今じゃこの瓶じゃなくなったけれど、
この頃の瓶が好きだったなー・・。

2013/04/08

untitled.


IMG_3268●

その夜は、不思議な顔ぶれだったんだけれど、
もちろんのこと、素敵な食卓になった。

IMG_3276●

美味しいソーセージ。

IMG_3281●

食後には、珍しいデザートワイン。

IMG_3287●

なんだか、サイケデリックな蝋燭が灯った、ケーキ。
ほんと、楽しい夜だった。ありがとう。

2013/04/07

sakura.


IMG_3682●

好きな季節は?と尋ねられて、「春」と答えたことはないけれど。
今年の春は、今のところ格別だと思ってる。

こんなに清々しい気持ちは、記憶にない。

2013/04/06

untitled.


IMG_3465●

「誰の自転車やねん、仕舞えや」と毎日のように、
場所の取り合いだった頃もあったけれど。

今じゃすっかり、そんな台詞は聞こえないんだろう。
この場所も色々変わっていくんだろう。

ぼんやりと、そう思った。

2013/04/05

untitled.


IMG_3424●

自転車でぶらぶらぶらり。。
ほーんと、この辺りはよい。

ついつい知らない道に入って、
迷子になりたくなってしまう。。

2013/04/04

喫茶店にて。


IMG_3503●

IMG_3511●

さて、これといって目的のお店もないし、
歩いてみて、入りたい、興味のそそられるお店もない。

それでも、少しばかりお腹も減った、
一休みしたい、、おまけに時間もまだ余裕があったりする。

そういう時に入るお店。
そういう時に、なんとなくではあるけれど、選ばれるお店
そんなお店を名店と言うのかもしれない。。

珈琲の味は好みではないけれど、
そんなものは、大した問題じゃない。

美味しいサンドウィッチと、美味しい煙草が
味わえれば、十分すぎる。

ついつい長居して、気づけば閉店時間。
ふー、すっかり疲れもとれて。よいお店。。


2013/04/03

untitled.


IMG_3350●

雨に濡れながらも旅立つような阿呆、否
気合ある旅人を僕は知らない。

旅立ちってものは、心地よく晴れた日に限る。
晴れなかったのなら、晴れるまで待てばよい。

IMG_3358●

次に会うのはきっと、海の向こうだ。
踊って踊って、踊り続けて、

きっとその時の記憶は何も残らない、そんな感じだろう。

2013/04/02

車上食。


IMG_3416●

IMG_3419●

自転車に乗りながら、珈琲を飲む。
自転車に乗りながら、煙草を吸う。

自転車に乗りながら、珈琲を飲みつつ煙草も吸う。

そんな毎日な僕なので、
無論、自転車に乗りながら食事もする。

長年の経験上、自転車上で食すのに最も適し、
最も美味しい昼食は、こちらのパン屋さんのパン。

色々美味しいパンが揃っているけれど、
車上で食すなら、ソーセージか、ニューバード。

真冬であるのなら、バックパックの横ポケットに
ハミだし気味に10分ほど走った頃のチョコレート
こればっかりは外せない。



2013/04/01

stained glass.


IMG_3178●

外から眺めてる人達は 口を揃えたように この窓のことを 言う
ほんとにみんな そんなに好きなのかなと 少し疑問

そりゃ たしかに 僕も きらいではないけれど
そんなに 大切なポイント って訳でもない

お気に入りのポイントは 他にたくさんある
もっと大切なポイントは 他にある