FC2ブログ
2013/02/28

on the job.


IMG_2910●

大好きな場所。意識的によく通る。

IMG_2922●

前々から一度中に入ってみたいと思っていたマンション。
わりかし仲の良いクライアントがそこへ引越しをした。

室内も覗かせてもらう、思ったとおりいい感じ。。

2013/02/25

午後珈琲店。


IMG_2866●

友達と待ち合わせて、久しぶりに珈琲を飲みにいく。
毎週のように行っていた頃もあった馴染みのお店。

どうして行かなくなったのだろう、よくわからない。
打ち合わせがなくなったから、、
あきらかに味が落ちたと思うから、、。さて、よくわからない。

とにかく、僕の生活サイクルから、すっぽりと抜け落ちたんだ。

IMG_2876●

ホットのカフェオレをふたつ。
久しぶりに会う友人と話がはずむ。

店内は相変わらず、良い光が差し込んでいた。

珈琲店の隅っこ、そこで自転車店を営んでいるはずの、
僕の同僚は、当たり前のように昼過ぎになっても来ていない。

カフェオレを飲み終えて、水を2度ほどおかわりした頃合、
そろそろ、行こうかと席を立つ。

珈琲を入れてくれた友人に自転車を借りて、
僕たちは店を出た。

2013/02/23

帰り道に誘われて。


IMG_2861●

さて、そろそろ家路に着こうかと思っていた、ちょうどその頃合、
友人から連絡をもらう。「お茶か食事でもしない?」と。

IMG_2853●

「お茶だけでよければ是非」と言い、指定された待ち合わせ場所へ。
魔の巣かのような、ドアから入る、開店したところで、店内には僕たちだけ。

IMG_2862●

一時間ほど、暖かな店内で話しをして、お別れする。
ここしばらくの間、寄り道なんかあまりしなかったので、
こういうお誘いも、わるくないな、って思った。

2013/02/20

何の予感なんだろう。


IMG_2750●

IMG_2752●

寒い寒い冬、もうそろそろ、ようやく終わるのかなと、
思い始めてから、結局、未だに冬なのだけれど、、

そんな近頃は、友人がひょっこり遊びに来てくれたり、
古い友人、遠く離れた友人から連絡があり、
そっちに遊びに行く、なんてお誘いが多い、

そんな気がする、のは、、気のせいなのだろうか。

暖かい春を待ちわびて、みんなウズウズしているだけなのか、
それとも、僕が消えてなくなってしまう、なんて動物的予感でも
あったりするのだろうか・・。

あったとしても、どうってこともないだろう、と今思ったけれど(笑

まぁ、「偶然」ってことで、いいのかな。

なんにせよ、出不精でめったに動かない僕に声をかけて、
色々と引っ張り出してくれる、友人たち、

大切な友人たちに、ありがとう、
ってことにしておこうかな・・。

2013/02/16

BICI.


IMG_2832●

自転車は移動手段。そう、「足」。(僕にとっては)
なので、スピードだの、重さだの、んなことはどうでも良い。

乗り心地は、悪いよりも、良いにこしたことはない。
道具としての機能、それが自分の進むべき速さに合っていることが重要。

よい風を感じる、街の音に耳を傾ける速さがそこにあれば良い。

メンテナンスなんていうものは、最低限しかおこなわないから、
(すなわち、もう限界という状態になるまでは、全くしない)

丈夫で長持ちすることは、大切なことだ。

街の中から出ることはそうそうない、そんな僕のような人間にとって、
特別な機能は必要ない。

マウンテンバイク、BMX、ロードバイク、トラックバイク、
今まで専門的な自転車にも乗ったことがあるけれど、
(その場合も、競技のためではなく、あくまで街の移動として)

結果的に行き着くのは、ママチャリ。
ママチャリ最高、僕の結論
(あくまで僕の使用目的に限ってであり、他の車種を否定している訳ではない)

そして、できることならば、安値すぎる、大量生産品よりも、
少々値が張るかもしれないが、少し良い(?)ママチャリがベスト。

街に溢れる、○○産のように、パクッテ、パクラレテ、
それなら、市民全員で共有にしたらいいのに・・なんてことにもならず、
大切にできる。気に入っているなら、愛情をかけれる。

他の自転車が、なくなっても、困らないけれど、
ママチャリがなくなったら、僕は何処へもいけなくなる、きっと。

スポーツ車をみて、いい自転車だなぁ、なんて、
全くもっておもわないけれど、良いママチャリを見ると、

「いいなぁー・・」って思う。

はい、ママチャリ最強。

2013/02/15

untitled.


IMG_2772●

やってきた友人には、とっておきをロックで。
自分には飲みなれた安酒をストレートで。

深夜スタイル。煙草がうめい。

2013/02/13

真っ昼間へや。


IMG_2775●

真っ昼間からー・・窓眺めてる一人ー・・
あ 冬の風 すずしいなぁー・・

2013/02/11

untitled.


IMG_2787●

てをつないでわらったなら またあした

2013/02/08

piano.


IMG_2813●

ピアノって、なんか、ずるい。
まいったな、って感じ。。

2013/02/06

untitled.


IMG_2623●

IMG_2625●

IMG_2651●

IMG_2656●

IMG_2664●

まさに千鳥足で一人消え、二人消え。
入れ替わりに一人やってきて、二人やってきて。。

12時間飲み食い、話しっぱなしな、
とても、深い深い夜。

アパート、大騒ぎしてクリスマスに追い出され、
年越しをバレンシア行きの夜行バスで過ごし、
ヒッチハイクで拾ってもらった人に初日の出に連れて行ってもらい、

とある秘密の島でパーティー三昧、
気づいたら財布がなく、森の中で血だらけ、
翌日から○○人狩りしたりして、

ビルを不法占拠した秘密のパーティー、
映画の中にいるとしか思えない半裸の美女達、
約束場所にいったら、まるで夢のように何もかもなくなっていたり、

バスがしょちゅう転落する険しい山を越えた先、
あるのは、美味しい果物と、トランプ、
クレイジーで楽しいイスラエル人パッカー、
夜な夜な、宿を抜け出して、月明かりの温泉につかったり、

そして、今度はハワイに集合。
理由は、たまたまその夜にウクレレもらったから。

2013/02/05

川の近くで眠る。


IMG_2740●

少しずつ、少しずつ、確実に違うことなく、
つぎの季節に移りはじめてる。実感している。

陽光があまりにここちよいので、
時間ができた昼間に川沿いで寝てみる。

しばらく寝入った僕だけれど、
寒さで目が覚めた。太陽が雲に隠れていたから。

IMG_2746●

その翌日は、雲のない晴天だった。
ふたたび時間ができた昼間、川沿いにいく。

明らかに先日と川辺にいる人々の数が違う。
さっそく、寝ることにする。

あと、数ヶ月もすれば花見をする人達で
決してゆっくりと静かに過ごすことが
かなわなくなるだろう場所を選んでみる。

暖かくて、電話で起こされるまで寝入ってしまった。
もうすぐ、春がくるのでしょう。

2013/02/04

tabaco case.


IMG_2704●

IMG_2709●

そんなにこまめにポストを見るほうじゃないけれど、
その日は、なんとなく、のぞいてみた。素敵な贈り物が入ってた。

こんなにうれしいことはない。
ありがとありがとありがと。。

2013/02/01

untitled.


IMG_2228●

まいにちはすきまなくつづいていく
ひまなどないわ