FC2ブログ
2012/12/31

出不精だといわれるけれど。


IMG_2315●

いや、いや、僕はそうは思わない。

つまらない場所には行かない、
楽しいとおもう場所ならどこでもいく。

きっと、はっきりしているだけなんだろう。

2012/12/29

untitled.


IMG_2312●

IMG_2304●

今年一年の後半は、
ずいぶんとイタリアづいている気がした。

いきたいいきたいいきたい。

2012/12/28

untitled.


IMG_2232●

震えるほどの音楽。
震えるほどの物語(小説)。

そうそう出会えるものじゃない。
運よく出会えたなら、
それは素晴らしいコト。

そう思う。

先日、隣町へ出かけたので、
以前からたまに顔を出している中古レコード屋へ。

ここ数年、ずっと欲しくて、
(実は、CD-Rを随分昔に貰ったのだけれど、
 全曲が入っているわけではないもので)

たまに、ネットで探しても、
中古を見つけたとしても大体定価より高くて、、
(廃盤だからだろうか・・理由はよくわからない)。

半場あきらめて、持っている音源だけを
繰り返し聞いていたのだけれど、

なんとなく、そこのレコード屋さんには、
あったりしないかなぁ、、なんて思って覗いてみたわけで。

大量の在庫のあるとすればな、棚を
隅から隅まで探してみるけれど、、

やっぱりない。

同じ音楽家の異なる音源はいくつか見つけて、
持っていないモノもあったから、
きょうは、これで我慢するか、、なんて半場あきらめ。

仕方なく、違うジャンルの棚を、物色していて、
お店のレジ前にスチールのショーケースがあることに気が付いた。

まさか、あんな大そうなところに、おいてる訳ないよな、
と、それとなく、期待なく、覗いてみると、、それは、あった。

しかも、ほとんど新品な素晴らしい状態。

さっそく、いかつい見た目にそぐわず、
丁寧な対応の店員さんに声をかけ、
実際に手にとって見させてもらう。

迷う理由も全く見当たらないもので、
すぐに購入。

歩き回ってずいぶんと疲れた一日だったけれど、
帰り道が一番元気だった気がする。

それからというもの、僕の
ぼろぼろに折れ曲がった愛用のシャッフルからは

その音楽がずっと流れている。
見える景色も少し変った、そんな気がする。

なんだか、幸せです。

2012/12/24

untitled.


IMG_2208●

別に専門家になりたいわけじゃないのなら、

好きなものを選べば良い、そう思う。
基本的にはそれぞれの「好み」で良い、そう思う。

(専門家、ビジネスとして関わるのであれば、
 少し話も変ってくるだろうけれど)

うん、うむむ、、書いてて少しめんどくさくなった(笑

ここに書くべきではない、
ここに書いたところで仕方がない、

こういうことは、面をつき合わせて話すものだから。
話すべき人とは会って話すだろうから。話しているから。

なので、、、やめます(笑

年々線引きがしっかりと、はっきりとするようになり、
興味のあるコト・モノ・ヒトが狭く、極めて狭くなってきて。

狭くなったなと思いつつ、それでも
飽きることなく、刺激を与えてくれるナニカはなくならない。

扉は狭く狭く、狭くてよい。。
その扉に鍵をかけることがないのなら。

2012/12/23

茶茶時間。


IMG_2149●

どういったきっかけで、そういう夜がくるのか、
はっきりとした理由はわからない。

とにかく、ある周期で日本茶が飲みたくなる夜がある。

ずっと同じ茶葉を常備してはいるけれど、
そろそろ、他にも試してみたくなってきた。

といっても、日本茶、ほぼ無知に近いので勉強しようかな。

そういえば、古い友人は以前京大でお茶の研究をしていたな、、
なんてことを思い出してみたりする。
びっくりするような値段の茶葉をよく試飲させてもらった。

どっかに美味しいお茶、ありませんかね。
安くて、できることならスモーキーなモノがいいです。

2012/12/21

蜜柑話。


IMG_2266●

近頃思うのです。

「どうやら世の中には蜜柑が溢れているらしい」って。
美味しいから僕はいっこうにかまわないのだけれど。

2012/12/20

赤ワインを飲みながら、カブを食べながら、ダウンを着ながら。


IMG_2171●

三人会。
定例会。

IMG_2174●

カブって美味しい。すごく美味しい。
出汁を使った、オジヤ作ってみた。美味しかった。

IMG_2181●

極めて寒かったこの夜。
兄さんはダウンきてきた。

まるで火星探査できそうなやつ。
ほんとに少し前にヒマラヤ登頂のらしい。

私事ではあるのだけれど、僕はダウンは着ない。
冬は、すごく薄着気味。

皆が寒くて着れないと豪語するアウターを
ほぼ毎日着用。特にそれが寒いとも思わない。

仕事中は別だけれど、、。寒いとやってられない。

この夜、「一回着てみ」と言われ、
ずいぶん久しぶりにダウンというものを着てみた。

「ああぁ」

翌日、兄さんのに比べればささやかなモノではあるけれど、
前々から少し気になっていたダウンを買っていた。。

僕は冬贔屓。
今年の冬は無敵な気がする。

気のせいだろうけれど。。

2012/12/18

近々食卓事情。


IMG_2162●

こう冷え込むようになってくると、
蒸篭の使用頻度が大いに高くなるのです。

この肉まん手作りなんですって。美味しかった。

2012/12/16

talk about books.


IMG_2224●

たまりにたまった本を読み漁る、ここ6、7年。

本を買わないように、
本屋へ行く機会も極力減らすように。

買うにしても、基本的に新冊主義だったのを
古本をメインにするようになった。

読みたい本があれば、まずは古本を探す。

ただ、僕は古本屋が好きではない。
どちらかというと街の大型書店が好き。

馴染みであるいくつかの古本屋、
個人的にわりかし気に入っている古本屋でまとめて買う。
(その中でも、ずいぶん贔屓にしていた古本屋は、
 最近店を閉めてしまった。本当に残念。)

以前半分あった未読な本は、半分ほどにへったけれど、
それでも、その本棚の本だけであと数年は優にモツだろう。

もちろん、気分的に読みたくなるタイミングというものが、
読書にはあるし、それはなによりも大事だと思うので、
そうそう上手く、減らせるわけでもない。

まぁ、この何年、色々とブツクサいいながら、
それほど悩んでいるわけでもないし、

どちらかというと、うれしい悩みであるのかもしれない。

一度読んだ物語を読み返すことは基本的にしない僕だけど、
まだまだ出会っていない素晴らしい本が沢山あるんだろう。

それは、なによりの幸せだと思う。

2012/12/14

2 is plus-good than 4.

IMG_2157●

ぼくは車がきらいでね。

環境に悪いからとか、自転車の方がいいよなんて、
そんなコトは全く思わないし、

というより、そんなことには、興味がないという方が正解だろうけど(笑

環境に目を向けるほど大きな器は持ち合わしてないし、
車だろうが、自転車だろうが、ジェット機だろうが、
皆、好きなものに乗ればいいじゃない、って思う。

実際車社会な現代を否定しても
なににもならないし、なにより僕はしない。

むしろ実際乗ると、あんなに便利なものないし、
どこまでも行けそうな気がするし、
沢山の荷物を運ぶことだってできる、
それに、なんてったって雨にだって濡れないし(これ重要!)。

それでもやっぱり「車」はきらいでね。

威圧的なクラクションには度々苛苛するし、

車を運転する人間が往々にして
横暴な心理になるのは、ほんとに不思議だったりする。

そして、それに呼応するように、
どつきかえした時には、そんな自分にうんざりする。

車なんて、なくなればいいのに。

ただただ、「あのスニーカーほしいなぁー」そんな
自分の中の小さな欲求と同じような無責任なレベルで
そう思う。

きっとこれからもずっと。

なくたって、きっとなんとかなる。そう思う。

そう。それと同じように、

別に車が大好きな人に何を思うわけでもなく、
ドライブいこうといわれれば喜んでいくし、
キャンプにいくときゃ、車でいくし、

雨が降ってれば、「車がいい」ってそう言う。

きっとこれからもずっと。

2012/12/12

feel it.


IMG_2144●

音楽というのは、

聴くというよりは、感じるものだと思う。
ややこしいコトはいいじゃないの。

「ええやん」そう感じたい。

2012/12/11

untitled.


IMG_2130★

遠くから帰ってきた古い友人と
最上の食事をとる。

IMG_2136★

近頃お気に入りの喫茶で食後の一服。

無常な時の流れを肌に感じながら、

変らずにいる僕たちと、
少しばかりすっぱすぎるレモンスカッシュに乾杯。

2012/12/09

空を見上げながら思う。


IMG_2213●

あのコがヨソへ移住した、ということは、
空見会はもうないのかな?

毎回のように声をかけてくれて
何度かに一度、気の向いたときにしか
行かなかったけれど、

ないとなると、それは少し寂しい。

2012/12/08

テヲイレル。


IMG_2037●

IMG_2030●

IMG_2042●

IMG_2043●

昔からモノが多いとよくよく言われるが、
モノモチはわりかし良いほうだとも言われる。

「が」ではなく「だから」な気もするが。

多いのは、悪いこととは思わないし、
そう言われること、実際そうであることも、

どちらかというと、気に入っている。

さて、

僕の父親よりも年季の入った道具を、
手入れして、大事に使うのです。

2012/12/04

talk-show.


IMG_2141★

雨がパラパラ寒い休日。
友人のイベントへ。

イベント中、ずっと喫煙スペースで、
淹れてもらった珈琲
(しかもこんな日に限ってブラックしかないらしい)

を啜りながら、涙目になりながら、
煙草をプカプカ。

イベントの話は全くわからなかったけれど、
久しぶりの友人たちに会えたし、良かった。

後々、また無茶な企画をフラレそうな気配が
ビリビリいやな予感。。

ええ、今年の年末は熊野古道です。
きっと行ったら最後、帰って来れない気がする。。

あ、淹れてもらって言うのもなんだけど、
珈琲のブラックってのは、、不味いねぇ(笑)

後ろにある自販機の缶珈琲がこの上なく
愛しかった。。

デパートの屋上っていいもんです。

2012/12/02

夕焼け小焼け。


IMG_2073★

IMG_2078★

IMG_2080★

を聴きながら、女郎のあのコは笑ってた。
17歳のときのことを思い出しながら。。

2012/12/01

ただただ。


IMG_1912★

ただただ、ただのホットケーキをだしてくれ
ただただ、ただのカフェオレをだしてくれる。

やたらにややこしいトッピングが付いているわけでもなく、
やたらに何処産だの何処焙煎だの薀蓄を押しつけることもなく。

IMG_1914★

そんなあたりまえのことを
あたりまえにしてくれるお店というものは、
なかなかないもんで。

ないのであれば、それは、すでに
あたりまえじゃないのかもしれないけれど。。

そんなような名店に出会えた時は、
ことのほか幸せを感じ、煙草も美味しい。