FC2ブログ
2012/11/30

冬の待機で。


IMG_2094★

構造がシンプルであるコト。

すなわち壊れにくいというコト、
壊れたとしても、
比較的容易に修理が可能だというコト。

それはつまり、ずっと乗り続けられるというコト。

ろくにメンテナンスもしないし、
扱いも決して丁寧とは言い難い僕なので、
全身泥まみれで、傷まみれ。

僕の汗で、黒色が紺色に変色している部分もある。

何度も何度も、どついたりどつかれたり、
空を舞うようなコトだってあったのに、
それでも相も変わらず問題なく走ってくれる。

ずいぶんと長い間、
仕事をする上で、大切な相棒。

IMG_2103★

久しぶりにこんな場所で待機をしてみる。
色々思い出す。

寝不足と疲労で、
妙なハイテンションになっていた
日々が懐かしい。

なんて、柄にもないコトを思う。

あぁ、もうすぐ今年も終わるんだなぁ。

2012/11/29

理由。


IMG_1960★

旅にでる理由なんて、ない。

もし旅人に同様の質問をしたとしよう。
その彼(もしくは彼女)が

「日本は狭すぎるから。
 日本では刺激が足りないから。
 日本は飽きたから。」

そう答えるならば、それは大きな間違いじゃないだろうか。
(もちろんその人その人の主観なので、
 それぞれだと思うし、それでいいと思う)

そう近頃思うようになった。

この国にだって、まだまだ知らないコト、知らない場所は
山のようにあるし、きっと一生かかってもどこまでワカルかなんて
ことはわからない。。

僕たちの知らない素晴らしい場所っていうものは
(国内にだって)無限に存在してるんだ。
日本って面白いなぁ。

そう近頃思う。

と、そう思うのと同時に、旅にでたい。
どこか遠い遠い世界の果てにいきたい。
バックパックに全部つめこんで。

なんでかって?
理由なんて、ない。

2012/11/28

あたたかなものをたべたくて。


IMG_1940★

暖かいものが食べたくなる季節。

暖かい食べものは、真冬よりも、
秋から冬に変わりゆく季節に
食べたくなるものらしい。

IMG_1942★

前を通ったところでまず間違いなく、気づくことのないだろう、
掘っ立て小屋的、素敵なお店に連れて行ってもらった。

すっごく美味しくて感動して、、
絶対もう一度いきたい!・・かっていうとそれは、嘘になる笑。

でも、行ってよかったかと尋ねられるのなら、
間違いなくいけてよかったなぁ。

いい店だった。

2012/11/27

untitled.


IMG_1946★

秋、紅葉。

僕にとって、秋は、
紅葉というよりは、落ち葉掃き。

庭の、玄関周りの落ち葉、
凄まじいことになってるんだ。

2012/11/25

untitled.


IMG_1818★

ひさしぶりに会って、
嵐のように話し続けて、

「煙草吸いすぎたら駄目よ」と
言い残して、

もう時間がないと、
嵐のように去っていった。

2012/11/14

陽のあたる場所から。


IMG_1686★

陽のあたる場所。

IMG_1693★

にいたつもりが、気づくと影になっていて。

IMG_1697★

寒くて目を覚まし、思わずそばにあった自動販売機で、
缶珈琲を買ってしまう。

そういう季節になってきました。

2012/11/10

ぶらりと。


IMG_1524★

IMG_1526★

休日の午後。

不動産屋へいって、台湾の話で盛り上がり、
中途半端に時間が余ったので、さて、

どうしようか。

友人のお店が近くにあるのを思い出したので、
煙草と缶コーヒーを買って顔を出してみる。

飲もう飲もうとなかなか時間がとれず、
久しぶりに立ち話で長話。

帰りしな、せっかく来たのだから、と
綺麗な色の灰皿を購入。

気づけば時間も予定外に進んでいて、
足早に次の場所に移動するころには日が傾きつつあった。

また寄ります。

2012/11/08

untitled.


IMG_1443★

IMG_1456★

ああ、そうさ。さぼってばっかりだわ。
そうでもないと、やってらんねぇだろう。

なんて。

2012/11/06

整理中。


IMG_1701★

身辺整理。

中学時代にバスケ部の友人が、
「これあげるからバスケ部に入ってほしい」と

くれたバスケットボールシューズ。
靴裏のカタカナが好きでした。

IMG_1704★

そんな運動神経抜群だった時代はどこへやら。。
運動不足この上ない近頃・・。

で、そのバッシュも見事に加水分解されておりまして、
数歩あるけば、ソールが木っ端微塵状態。

この年代のスニーカー、ウレタンのお陰か、
この一年で、5、6足はおじゃんに。。

ここ数年の復刻ブームに頷けます。

ああ、ずっと使えるモノを選ばなきゃ。