FC2ブログ
2012/09/30

untitled.


IMG_1016★

IMG_1022★

僕の知り合いに、この店へ行ったことがある、
そんな人は聴いたことがない。
(そもそも知っている人がいるのかも疑問)

僕が生まれて、この街で暮らしてきた短い間にも、
(時間の流れの早い繁華街ではないところでさへ)
新しいお店が出来ては消え、出来ては消え。

それでも、こういったローカルなお店が
生き残ってくれているこの街も、
そう捨てたものじゃない。と僕は思う。

2012/09/27

untitled.


IMG_1272★

想像していたよりも、、
おいしかったうどん。

IMG_1296★

想像していたのと、幾分違ったけれど、
やっぱりおいしかった鶏。

IMG_1332★

食べ過ぎた。

「お前らまじか」って思うぐらい、
気持ちよく食べた。

だから、食後の散歩散歩。
行き着く先に何があるのか、散歩散歩。

2012/09/26

ある朝の光景。


IMG_1271★

こういう光景はよくみる。
自転車乗りな光景。

見てると結構楽しい。
目を輝かせて楽しそうにしているから。

僕は自転車乗りじゃない。

今まで自分でそう思ったこともないし、
出来ることなら、人にそう思われたくもない。

僕にとって自転車は、ただの移動手段であり、
ある意味では、道具でもある。

移動手段として、道具としての自転車は、
嫌いじゃない。

ただ、それ以上でもない。

そして、こういう光景は、
見ていておもしろい。

2012/09/26

嵐の夜に。


IMG_1099★

IMG_1130★

IMG_1184★

IMG_1201★

IMG_1195★

IMG_1222★

IMG_1237★

その日は昼間から、
ものすごく風が強くて。

分厚くて、黒々とした雲の隙間から、
時たま、青い空がかおを覗かせる、
そんな一日だった。

食事を終え「まったく食べ過ぎた」とテントの外にでて、
一時的に晴れ渡った夜空の元に椅子を並べ、満点の星を眺める。

少し冷えてきた気がして、
焚き火に火をつけようとした頃合に
突然の大粒の雨と、ものすごい風。

急いでテントに戻り、
先延ばしにしていたゲームを始めた。

それからは、深夜まで物凄い雨と風だった。

朝方に、まだ残る強い風音で目を覚まし、
暖かなテントから外に出ると、

美しい空があった。

それから、再び暖かい場所へ戻り、
眠ることにした。

ずいぶん寝坊気味に目覚めた僕たちは、
お湯を沸かし、暖かな飲み物と、
朝食をつくって食べた。見上げると青い空があった。

嵐の夜の山、けっこういいものだと思うんだ。

2012/09/22

珈琲屋さん。


IMG_1010★

わりかし気に入っていた喫茶店。
久しぶりに入ってみると、、もっと気に入った。

店員の態度や服装も
こざっぱりしていて気持ちいいし、

チョコパフェあったし、
カフェオレの味もわるくない。

お客さんはみんなローカルだし、
真夜中までやってる。素敵だ。

おまけに隣にいた、おっちゃん、
今から祇園に行くっていうおっちゃん。

帰りにしなに、小銭が落ちたのおしえてあげたら、
手に持っていたケーキを箱ごとくれた。

『おっちゃん、そんなんええって(笑』
「一度やったもんは、もう受け取らん」

そういって、千鳥足で店を出て行った。

こういう店はいい。


2012/09/20

早めに夕食。


IMG_1011★

IMG_1013★

朝食の後、ろくに食事を取らなかったから、
からなのか、、

美味しすぎた。

こういうお店が近くにあったら、
通っちゃう通っちゃう。

2012/09/18

letter.


IMG_1001★

うちに戻り、シャワーを浴びて部屋に戻る途中、
ポストを開けると手紙が届いていた。

「この郵便物は最小制限以下ですので
 お送りできませんのでお返しいたします
 が、、便宜送はいたします。」

と大きく張り紙のある手紙。
なんだか、いい感じ。

少しうれしくなった。

手紙の送り主は、移住すると言って、
この街を出て行った友人からだった。

どうやら、結婚するらしい。

「絵かき、畑、家づくり、ものづくりをして、
 幸せにくらしていきたいと思う。」

少しうれしくなった。
彼女の幸せと、行くべき、訪ねる旅先がふえたことに。

手紙はいい。
毎日とくに伝えることもなく、

ただただ、手紙を書いていた、
近頃は滅多に書かなくなったな。

かかなきゃ。
色々思う。

2012/09/14

untitled.


IMG_0726★

IMG_0728★

IMG_0744★

付き合いが悪かろうが、なんだろうが、
ツマラナイお酒はもういいわ、、って思う。

だからこそ、気の合う仲間達と集う夜、
楽しくてたまらないんだ。

IMG_0757★

おまけ#1 

「いくらで売れるやろ」と嬉しそうな兄貴。

IMG_0771★

おまけ#2

「飲みすぎましたごめんなさい」な二人。

2012/09/13

瞑想迷走。


IMG_0999★

いつものソファーから眺める
いつもの景色。

ただただ煙草を吸いながら
僕は何を思う・・。

IMG_1048★

追記:

ある朝、ソファーを見ると、
御神体が転がっていた。

目覚めた御神体に

『っていうか、TKさんここ数日同じカッコしてますよね。』
「あぁーねぇー」
『あぁーねぇー、じゃねえよ。』

神様笑ってた。
そしてその二日後見かけた神様、まだ同じカッコしておった。

2012/09/08

a bike in the car..


IMG_0777★

兄さんとブラブラブラブラ。

いろんなところを引っ張りまわす。

街中の行きたかった食材屋さんやら、
ギャラリー、お店なんかを訪ねまわる。

自転車で、、と見せかけて、

こんな暑い休日に自転車なんぞ乗ってられるかよと
自転車を車に放り込んで、ドライブドライブ。

いやぁ、久々で楽しかった。


2012/09/07

XXno-resort.


IMG_0888★

野リゾート満喫のススメ」

浮き輪に揺られ、水辺をゆけば、
階段上がフロントになります。

IMG_0818★

ご到着されましたお客様は、
パラソルの下特等席にてゆるりとお寛ぎくださいませ。

IMG_0897★

煙草と冷たいお飲み物で、すっかりリラックスされた頃合、
当リゾート特性のおつまみをご用意させて頂きます。

IMG_0919★

しばし水辺で水遊びされるも良し、本格的に泳がれるも良し、
お腹を減られ戻られた後は、当リゾート自慢の七輪を
心行くまでご堪能下さいませ。

IMG_0929★

お食事を済まされた後、食後の散歩などは如何でしょうか。
少し歩かれた先には、美しい滝もあり、散歩にはお勧めです。

IMG_0924★

なんていう、休日。
いやぁ、最高だった。

2012/09/05

summer,summer?


IMG_0782★

気づけば夜もすっかり過ごし易くなっていて、
夏も終わりなのかな、いやいやまだまだ暑い日は続くのかな、、

夏の終わりはとても長いからね、
それでも確実に終わり始めていると

夏の長い終わりがはじまる・・

2012/09/04

tomatomato.


IMG_0783★

栄養とらなきゃ。

と思ったので、
皮をむいたトマトを山のように入れる。

2012/09/03

深夜に外出。


IMG_0660★

読み終わった本の話をしたくって、
外に出かける。

行きたかった喫茶店が、なぜかこの日は閉まっていて、
色々迷った末、この時間でもやっているお店にはいる。

テーブル席に向かい合って座りたくて、
座って話をしたくって、このお店にきたのに、
案内されたのは、ソファー席だった。

それなら、通り道に見つけた面白そうなお店、
(結局その店はバーカウンターしか空いてなくて、
 どちらかというとお酒を飲むお店だったので断念。)

に入ればよかったと思う。
今度はそっちにいってみよう。

2012/09/02

Kauai boy.


IMG_0379★

戻った友人と馴染みの店で
朝食をとる。

IMG_0377★

サンドウィッチと珈琲。

しっかりと。ゆっくりと朝食をとると、
その一日は時間の流れがながくなる。

そういう日は大体において、素晴らしい一日だったりする。

2012/09/01

at the window.


IMG_0642★

窓の前を掃除する。
いつの間にか、ずいぶんと増えたお酒の空き瓶。

IMG_0636★

好きな瓶はどうしても捨てずらいもので。
何本か残して、あとは捨てる。

部屋の出窓から差し込む日差し、
少しずつ秋になりつつあることに気づいた。