FC2ブログ
2012/01/31

no title.


IMGP6767★

シンシンと雪が降るなか。
初詣にでかけてみる。

IMGP6781★

引いたおみくじは、ぼんやりした小吉だったけれど、
帰りに寄った屋上の駐車場。
そこから見る空はぼんやりと綺麗だったから、

まぁいいやー、って思ったお正月。

2012/01/30

on the table.


IMGP6759★

IMGP6761★

IMGP6762★

IMGP6764★

お餅が食べたいと駄々をこねられ、
お餅が食べたいと駄々をこねる。

さて、やってみるかと、卓上餅つき。
これが、意外や意外、案外お餅になるもんで。

ついた、というより捏ね繰りまわした餅を
のばしてピザなんかにしてみれば、

ああ、美味しい。しかも、楽しい。
是非やってみるといいです。

2012/01/29

そろそろ。


IMGP6756★

寒いので、外に出る気もしない冬休み。
オセロ大会なんかをやってみる。

勢いよく連勝を飾ったものの、
ここ大一番で、すっかり疲れ果て、

序盤で既に集中力を欠く。
そして成すすべなく、あえなく完敗。

ここずいぶんと長い間、頭を使っていないもので、
集中力なんてものも、全く無くなってしまい。。

このままではいけない気がする。。
頭は使わないと。そう思った。

2012/01/21

冬休みには。


IMGP6746★

つきたての餅もたまらないけれど、
やっぱり僕は白蒸しが好み。

IMGP6754★

いつものお店で、いつもの注文。
隣の友人が食べていた葱蕎麦、

美味しすぎて、後日改めて食べに行った。
とっても冬休みな日々。

2012/01/19

気の合う連中と集うコト。


IMGP6713★

年の瀬、友人達と久々に集う。

会いたくなれば、直接連絡するし、連絡くるだろう、、と
すっかり主催を放棄気味な僕に代わって、
友人が催してくれたので、参加。

IMGP6718★

久しぶりに会う人たちは、相変わらず
変態極まりなく、魅力的で、

忘年会やら新年会やら、あまり得意ではない僕だけど、
名目はなんであれ、やっぱりこの人たちと飲むのはおもしろい。。

IMGP6721★

たまには集まるのもいいよな。
と、素直に思えた。

また気が向いたら皆でなんか出来ればいいなぁ。
長く、深く、よい夜だった。ありがとう。

2012/01/18

それは、すごく単純なことで。


IMGP6578★

IMGP6580★

IMGP6594★

IMGP6657★

IMGP6609★

IMGP6664★

IMGP6678★

IMGP6688★

IMGP6683★

IMGP6690★

「歩いたら歩いた分だけ進む。
すっごいシンプルでしょう?」と歩きながらBBが言う。

『ほんと、その通りだな。わかりやすくていいや。』

飛行機も好きだし、電車の旅も結構好き。
旅先じゃバスもよく使うし、たまに車も乗る。

それでも、よく思ったりする、
そんなもん、全部なくていい。

自分の足で歩ける距離だけで生きていくのが一番いい、いい??
いいとか、悪いとかじゃないけれど、それが本当なんじゃないか、
なんて。

違う街で暮らしたいなら自分で歩いていけばいい。
旅がしたいなら、自分で歩いていけばいい。

自分があるける距離、それがその人の世界。
それでいいやん、なんて。

少なくとも、たかだか、数百年前まではそうだっただもの。
なんて、思ったりもする。

と思いつつ、今の時代を生きているわけで、
あるものは利用しないと、、とも思うし、実際利用しっぱなし。

そもそも、歩くのがそんなにすきじゃないし、
得意じゃない、僕が言うのもなんだけど・・。

少なくとも、昔はもっとシンプルだったんだろうな。
距離だけの話ではなくて、いろいろなコトが。

毎日毎日歩き続けて、
そんな気がした。

2012/01/17

Bon voyage.


IMGP6725★

コックが変わってから、すっかりご無沙汰だった。
ようやく、味が戻りつつあるので、徐々にまた通いだした。

冬休みの真昼間。
京都に帰ってきた、友人の絵かきと食べにいく。

IMGP6727★

仕事を数ヶ月休むらしい。
インドにいくらしい。

数ヶ月、それほど時間があるわけでもないから、、
南部だけにいくらしい。

それは、素晴らしい選択だと思った。
南は、ご飯も美味しいし、人も優しいし、

なんせ、街の色が綺麗だし。
彼女にぴったりな気がした。

僕が前に旅した時、辿り着いた、とっておきの場所を
こっそりおしえておいた。

色々な人が「インドに行きたい」と話しているのをよく聴く。
なんとなくのイメージで、

『この人は好きになるだろうな』とか、
『この人はほんとに楽しめるかな?』

『一緒に行ってみたいなぁ』
『この人と行ってもつまらないかもしれないな』なんて。

勝手に思ったりするんだけれど、
きっと彼女にはあの国が合うような気がした。

まぁ、どんな旅にするにせよ、
本人が楽しんでくれれば、それでいいんだろうな。

きっと今頃海辺でチャイを飲んでるんだろう。

2012/01/13

違いのわからない男。


IMGP6445★

飲みつかれた朝、
目覚めに豆を挽き、珈琲を入れる。

友人たちは口を揃えて
「うまい、これは金とれるよ。」
といってくれる。

金をとれるかどうかは、別として、
美味しいと思ってくれるなら、それはそれはうれしい。
(僕自身はそれほど美味しいとは思ってなくたって。)

お邪魔している家で、
目覚めの珈琲を入れてもらう。

「この珈琲インスタントみたいなもんやから」と。

でも僕は「うまい、ほんとに。」
そう言うし、実際にそう思う。
そして、しつこく何度もご馳走になる。

人間の味覚なんてものは、
曖昧なもんで、

大事な人に入れてもらえるなら、
なんだって、美味しいにきまってる。

実際の味なんてどうでもよくて、
どのようにして飲むかが大事なんだと。

失礼極まりないかもしれないけれど、
僕はほんとにそう思し、

そう思い続けたい、そう思う。

2012/01/12

歩くために歩く。


IMGP6481★

IMGP6511★

IMGP6517★

IMGP6534★

IMGP6539★

IMGP6547★

IMGP6561★

『えぇー、BBいついくの?いいなぁ。』
「YKもいこうよー」
『いいねぇ、いこうかな。』

旅なんてものは、そんな軽いのりで旅立つのが、
いいもんだ、って僕は思う。

何かを求めて、何かを探して、、なんてものは、
往々にしてつまらない旅なんだ、と勝手に思ってる。

Y次さん・K多さん with BB。


歩き続けている間、何度も
「そりゃ、たいへんだ、なんで歩くのですか?」と尋ねられた。

答えは簡単なもので、
「歩くために歩くのです。」 そゆこと。

2012/01/11

tea time.


IMGP6406★

IMGP6408★

IMGP6410★

冬は寒いから、暖かなところへはいりたくなって、
甘いものが食べたくなるなる。

仕事でやってきた友人たちと待ち合わせ。
相変わらず忙しそうにしているみたい。

今度来た時は、
とっておきのチャイをご馳走するよ。

2012/01/06

素晴らしき哉、夜。


IMGP6730★

行こうかな、行きたいな、
でも、行けるかな、、なんせ、出不精なもので、

無理にでも約束をつくり、出かける。
「入ったよ」と連絡をうけた馴染みの店に長いしすぎ、遅刻する。

IMGP6738★

年の瀬だというのに、お客でいっぱいになった店内。
楽器の間に挟まるようにして聞こえる厨房の音、
すごく心地よいんだな。。

友人もたくさん来ていて、同じ机を囲み、
お酒と煙草を味わう、そこには、もちろん素晴らしい音がある。

IMGP6739★

一人目の最初の曲で鳥肌が立ち、
二人目の初めて聴く、ある曲に痺れる。

最後に二人で唄った曲、ほんとによかった。
よい音楽だった。

夜中店から出ると雪が降っていた。
それでも、賑やかな繁華街に年末を感じた。

2012/01/05

これ以上の理由がいるのかい。


RIMG4255.jpg

海の向こうから絵が届いた。

自分のために描いてくれた絵。
大事な友人が描いてくれた絵。

こんなに幸せなことはない。

アムス?バルセロナ?
出来ることなら、バスクの方に久々行きたいな。

原画を引き取りにいかないと。