FC2ブログ
2011/12/31

僕たちの肖像。


IMGP6474★

『近頃はねぇー、〇〇や××ばっかり口ずさんでるの。』
「どうしたの?近頃何かに屈服することでもあったの?」
『どうして?』
「〇〇や××っていう選曲が、そう思わせるのよ。」
『うん、そうかもしれない。』

「あいかわらずですね。YKくん。あいかわらずクレイジーだ。」
『そうかな?昔よりは、随分真っ当になったつもりなんだけどな。』
「そんなことないです。変わってないです。」
『ああ、そうかもしれない』

「きっとそれは貴方がどうこうすることじゃないのよ。」
『そうかもしれない。』
「それは、私が自分で決めなければならないことなの。」
『そうかもしれない。』

「今まで食べた林檎の中で、一番美味しいかもしれない。」
『うん、美味しいよ。』

「おまえら全員そこで調和してろ。わたしは調和しない。」
「笑えない。言いたいことがあるなら、直接本人に言うべきじゃないの?!」
『おいおい、どんなけカッコいいんだ、君。』

『近頃、昔の自分の話を偶然人から聴くことが何度かあって、
全く、自分のことながら、驚かされるんよ。覚えてないことばっか。
むちゃくちゃなこと言ってるし、むちゃむちゃなことしてるのね、俺。
でも、きっと今同じことになっても、同じことしちゃうし、きっと。
そんな、自分が嫌いじゃなかったりもする。。』

***

雨よ踊れ、乾き満たし、流れ続け続け
人よ歌え、その声届くまで、歌え歌え

風よ叫べ・・・

『やばい、どうしたって、涙がとまらないわ。。』

『愛燦燦って素晴らしい歌やと思うんだけどさ。』

ピアノの音色がなりやまないんです。

乾杯。

2011/12/30

酔いどれ天使、達。


IMGP6424★

ふと気がつくといつの間にか年の瀬も迫り、
ここしばらく毎年のように感じるのだけれど、

年末感がないものだなぁーと。

IMGP6420★

忘年会をしよう、という名目の元に、
ただ飲みたいだけの輩三人がやってきて、

毎度の如く熱く議論を交わし、
夜が更ける頃には、半場喧嘩の様相になる。

IMGP6427★

一人が「もう限界なので、部屋に戻ります」
と言い残し帰っていき、

彼と入れ替わり、紅一点がやってきた夜中には、
「おう、今から来い、今すぐ来い」と叫んでいた

本人連中はすっかり炬燵で夢の中という有様。

目覚めて、「あれ?何でいんの?いつきたん?」
と無礼極まりない朝の挨拶を交わす。

IMGP6443★

このまま再び夜が来るまで、うちに
居座られてはたまらないと、机の上に転がっていた
珈琲豆を挽き、カフェオレをいれる。

すなわち、強制的に目を覚まさせて、
早いことお引取り願うことにする。

ほんとつくづく思うのです。

もう思えば随分昔から、
しょっちゅう飲んで、きっと毎度同じことを話し、

同じことを議論しあって、
それでも、飽きずに楽しいもので。

不思議だなぁーと。
そして、これからも繰り返されるんだろうなぁー、と。

2011/12/29

FULLMOONの夜には。


IMGP6345★

静かなフルムーンに
騒々なフルムーン

どちらも好き。

IMGP6350★

持って来てくれた、この冬初めての蜜柑。
その小さな蜜柑がほんとに美味しくて。

フルムーンの夜には、、果物がよく似合う。

2011/12/28

帰り道の食卓。


IMGP6300★

気が向いた帰り道。少し寄り道をする。
仕事の邪魔をしながら、奥でお茶を飲み、温まる。

しばらくすると、動物園へ行っていたMEちゃん帰宅。
一緒にお絵かきや、毎度のトランプをしてもらう。

IMGP6303★

気づくといつの間にか、お店は閉まる時間になっていて、
気づくといつの間にか、スタッフの皆と一緒にご飯をご馳走に。

何の気なしに話始めた、それぞれの武勇伝が大いに盛り上がり、
MSちゃんのトリス話に「参りました、完敗です。」

今度いくときゃ、トリス買ってきます。
随分温まった気がする、ご馳走様。

2011/12/27

近かろうが、遠かろうが。


IMGP6261★

たのしい夜には、寝ずに朝を迎えたって、
全然平気なんだ、って本気で思う。

それでも、さすがに、昨日の晩は、寝ないと、
今日という日がやってこない気がしてきたので、

友人と食事を済ませて、
大人しく家に戻る。

それに、昨日の昼間に読み始めて、
どうしても、続きが読みたい、
読みかけの本を我慢して、大人しく、寝てしまおうと思った。

そんなタイミングで、閉じようとしていたPCから
「ポロン」とアラームがなる。

海外に住むといって、日本を飛び出した友人からのチャット。
久しぶりにゆっくり話す、話す?
ゆっくりとチャットで会話をする。

海の向こうとチャットする、
昔は夜通ししたものだけれど、
久々にすると、結構わるくない。

もちろん、相手があるはなしだけれど。。

色々なオンラインのなんやらは、、
どうも距離感が難しくて、苦手なほうなんだけれど、
久しぶりに、「ああ、わるくないんだなぁー」

って思えた。

そして、つまるところは、
結局今日も寝不足なんだ。

でも、かまわないさ。

2011/12/22

歩き続けるコト。


IMGP6400★

まぶしい光を放つディスプレイを眺めるよりも、
どこかやさしい光を纏った空を眺めるほうがすきなので、

出かけてきます。

2011/12/21

おでんを食べながら、ギターをポロン。


IMGP6307★

寒い寒い夜。
「おでんあるよ」と言われりゃ喜んでいく。

IMGP6316★

展示とライブの打ち上げ。
打ち上げだけに参加。

IMGP6310★

禁煙だった場所が、いつの間にか喫煙可に。
ああ、いいね。

IMGP6319★

夜な夜などこかでおでんやお酒を振舞うおでんユニット。
僕が着く頃には、YU姉さん一人で切り盛り。

MMとDIちゃんは僕の隣の席で沈没。
いい感じだなぁ。おい。

おでんと自家製梅酒、ご馳走様でした。


2011/12/20

no title.

IMGP6338★

IMGP6340★

どこかのお店で飲んでいる時、
彼はこう言った。

「YKさん。僕たち男は羽のはえた鳥ですよ。
誰も引きとめることは出来ないんですよ。」

*****************

どこかのお店で珈琲を飲みながら、
彼女はこう言った。

「あなたという人間の入口はとてもとても狭いのね。
でも、その扉には、けっして鍵がかかることはいないの。

その扉を見つけれる人はいつでも直ぐに入ることが出来るし、
見つけることが出来ないひとは、決して入れることはないの。」

******************

2011/12/19

気まぐれな珈琲。


IMGP6326★

IMGP6329★

なんとなく、温かいカフェオレが飲みたくなったので、
無理を言って、夜に、珈琲豆を届けてもらう。

久々にいれてみたソレは、ずいぶん苦くて苦くて。
とても皆に振舞える代物ではない気がしたけれど。

それでも、僕達には充分美味しくて、
そもそも振舞う気もないのだから、、それでいいんだ。

またいれてみよう。

2011/12/18

よいお年を。


IMGP6377★

色々なことが一区切りするという。
なので、一度地元に戻るという。

出発する前に一度お茶しようと
言ってくれたので、仕事後に待ち合わせる。

IMGP6379★

年が明ければ戻ってくるらしい。
新しい仕事をはじめるらしい。

今年はお互い色々あったけれど、
来年はその色々なことがうまくいくといいと思う。

別れ際、「よいお年を」と言ってくれた。
今年初めての「よいお年を」。

ほんとに、心から『よいお年を』だな、って思った。

2011/12/16

ホットケーキでメッセンジャー。


IMGP6392★

もう十二月も半分すぎたんだな。
早いもんだ。日が沈むとすっかり寒くなった。

寒い日に外にいるんなんて、体によろしいわけもない、
我慢せずに、友人の店にお邪魔するのがよいと思う。

IMGP6393★

「ホットケーキ食べる?」
『はいはいはい!』 とこの日初めてまともなご飯にありつく。

もれなく、作りたての生クリームのせ。
久々に食べたけれど、やっぱりおいしい。

IMGP6386★

ホットケーキを食べながら雑誌をペラペラしてると、
表紙に馴染みの顔が、、あらAOさん。。
しばらく見ない間にすっかりいい女になってるね。

「BTちゃんとこ、どうせしょっちゅう行くやろ?届けてよ」と
CHちゃんに頼まれる。。
ご馳走になったから、喜んでシュトーレン、届けるよ。

IMGP6396★

『今から遊びにいっていい?荷物があるよー』
「いつでもどうぞー、CSも会いたがってるよー」

荷物を届けがてら、帰り道にお邪魔する。
こういうデリバリー、わるくないなぁ。

帰り道、鞄の中にはシュトーレンの代わりに
もらった沢山の蜜柑とベーグル。

うん、わるくない。


2011/12/15

ぶらぶらふらふら。


IMGP6207★

二日連続のトーストサンド。
結構好きなことに気がついた。

IMGP6210★

特にあてもなく散歩して、
器なんかを見に行ったりして。

IMGP6212★

器を購入。
アンティークのシュガーポットは断念。

IMGP6217★

器やさんで偶然会ったYUさんと三人でお茶をする。
お互い今日は夕方まで予定なしで、のんびり散歩。

IMGP6228★

二軒目のカフェ。どうしようもない弟。
YUお姉さん、どうりで居心地が良いと思ったら、
京女だった。ああ、やっぱり。。

IMGP6231★

そのままトークショー会場へ。
一足早く行って、お買い物お買い物。
再び器購入。リュックがどんどん重くなる。。

IMGP6237★

トークショーを終え、皆で打ち上げに行く。
こんな豪勢なご馳走久しく見てない気がした。

IMGP6242★

二次会へ行く皆と別れ、着かれきった僕たちは、身内だけでもう一軒。

ずっと頑張りっぱなしだった主催者KOちゃん。お疲れ様。
会うとなぜか、お互い恋話ばっかしてる気がするシューレのMAさん。
一日ブラブラ付き合ってもらったSOUSOUのYU姉さん。

よい一日だった。

2011/12/14

家へ帰る前に一服しよう。


IMGP6009★

休日。私用で仕方なく街中まで南下。
半日かけて、用事を済ます。

外に出ると辺りはすっかり
夕暮れ時になっていた。

なんだか、どうにも疲れたので、
お茶でもして一休みすることにする。。

かといっても、一人でお茶するのもツマラナイ。
さて、誰か付き合ってくれないだろうかと、、。

しばらくあってなかった友人に連絡してみる。
ちょうど仕事を近くで終えたところだったよう。

いいタイミングだな。いい感じ。

IMGP6011★

ずいぶん、ご無沙汰だったけれど、大切な友人。
久しぶりなので、雰囲気も幾分大人っぽくなっていた。

なによりスーツを着て現れたのには、少し驚いた。
みんな頑張って生きているんだなぁ。そう思う。

たまたま、持っていた最新の写真ファイルを
見てもらったり、

窓から見える外の景色がすっかり暗くなる頃まで、

結局終始くだらない話をし続けて、
でも、それが楽しくて、というより、

それで充分で、いい時間なんだ。

なにより、思いつきと気まぐれで
連絡するような、僕に付き合ってくれる、
友人に感謝だな。

そういう人たちが少ないながらも
いてくれる僕は、幸せものだ。。きっと。

2011/12/10

God be with ye...


IMGP6022★

うまく届かないんだ
また次の不安か..

IMGP6031★

disruption and blinder..
その先はないんだ..

その先はなんだ..

2011/12/09

午前中を過ごす。


IMGP6106★

とにかく、無事に目的地に上陸した僕達。
寝坊気味な冬の太陽が昇りきるまでの間

どこかで時間をつぶそうかと、、

IMGP6109★

やたら寂れたいい感じなコインランドリーがたくさんあって、
寄り道して、煙草を吸ったりしながら、結局いつものうどん屋へ。

早くに目覚めた友人たちと合流することにする。
指定された喫茶店を目指す。

IMGP6111★

随分前から前のりしていた、
東京の友人たち。

目覚めの珈琲を飲んでも、一向に目が覚めない僕達。
珈琲をおかわりしてガブ飲み。

IMGP6115★

今回誘ってくれた、主催者の姉さん、
相変わらずドタバタで忙しそう。

嵐のようにやってきて、
嵐のように、「また後で」と言い残し出て行った。

IMGP6119★

この喫茶店がなかなかの名店で、
なんせ僕の愛用しているポットがあったりして、

自分以外のを初めて見たので、大分うれしかった。
結局二時間近く居座った。

IMGP6127★

友人宅に押しかけて、強引に泊めてもらう予定が、
女性客でいっぱいで、輩は外に泊まれと追い出され、

我侭言って用意してもらったホテルに向かったのだけれど、
ホテルってものは、チェックインの時間があるということを

全く忘れてしまっていた僕達、なんせ、
ホテルと名のつく場所に泊まることがない。

午前中はベッドの上で過ごす予定が、予定変更。
おしえてもらった温泉に向かう。

IMGP6132★

この辺は、ほとんど、記憶が曖昧で、夢うつつ。
午前中の温泉は、あまり人がいなくて、

大きな露天風呂の一つを二人で二時間占領。
二時間つかりっぱなしで、くだらない話をつづけて、過ごす。

風呂からあがった僕達は、
それでも、やっぱり眠たいままでした。

2011/12/08

ちょっとそこまで。


IMGP6088★

さて 「行くよぉー」とは言ったものの。

東京から友人はたくさん集まるらしいんだけれど、
京都から一人で行くのもなんだなぁーっと。

近頃一緒に出かけてくれる相棒には、
「仕事やわぁー」と早々に断られ、、
はて、他に誘って行ってくれる人、
行きたい人も思いつかず、、

そもそも、なかなか我侭気侭な僕の旅(遠くであれ近くであれ)
一緒に付き合ってくれる人なんて、そういるわけもなく。。

どうしようか、やめようか、いやいや、それは申し訳ない、、
と悶々としていたところへ、一本の電話が。

「今度京都遊びにいくねぇー」と弟から。
『それじゃあ、たまには、遠出して四国へ行こう。』

有無を言わさず、連れて行くことにする。

IMGP6090★

四国は、うどんやら、キャンプやらでは行ったことは
何度もあったけれど、どちらかというと、
特別興味があるわけでもない地方であったりして(特に理由はない)

それが、今年は何度目だ。。

しかも、ほんとはもう一度行く予定だったし、、
気づけば師走で年内は難しいだろうけれど。。

きっと、来年行くんだろうなぁー。

ってなわけで、俄かに近頃四国ずいてるわけなんです。
慣れた道のりを通って、いつものフェリーに乗り込み、
いつもの甲板から、遠ざかる港を眺めながら煙草をすう。

IMGP6099★

早朝目的地に到着した僕達。

着いた頃合には、空はまだ真っ暗であり、
前回着たときから随分時間がたったんだなぁー

なんて、季節の流れをしみじみかんじながら、
メンフィスみたい(だと勝手に思い込んでる)町並みという、
夜明け前の空気かな、、

缶珈琲と煙草を味わいながら、ひた歩く。

IMGP6094★

夜明け前、道端にごみを捨てていた
ビルのおっちゃんから、意味不明の優勝トロフィーを

もらって、よろこぶ弟。

思えば彼とこうやって、
遠出というか、移動というか、するのも
ずいぶん久しぶりな気がする。

ネパールの湖のある小さな街で出会い、
成り行きでそのまま共に印度に戻ることにして、

完全定員オーバーなギャグみたいなバスに
何十時間も揺られ、印度の聖地へ行って、

目覚めると毎朝ベッドに猫がもぐりこんでいて、
ボブディランがエンドレスでかかり続けているような、
小さな部屋で過ごし、

長くて、とても濃い、
そして躍りつづけるだけの時間を仲間と過ごし、

そこから、再び北上して都会を経由して、
北印度の山奥まで、
パーティーピープルでセクシーなイスラエル人に
囲まれながら行った、、それ以来だな、きっと。

IMGP6103★

その後長い時間をかけて、世界をまわり、
何をとち狂ったのか、大阪にフェリーで帰ってその足で、
突然僕の部屋に押しかけ、

真夏の暑苦しい数ヶ月を他にも押しかけた旅人たちと、
どうしようもない時間を過ごした、、

それからの腐れ縁でありまして、、
今でも、そこらの遠距離恋愛のカップルばり、
いや、それ以上に京都に遊びにきたりするもんで、

遊びにきた翌日には、本気で「頼むから、もう帰ってくれ」と
言うような、かわいい弟であるのです。

さて、話はそれたけれども、
とにかく、僕達は四国上陸でい!


2011/12/07

drunk midnight.


IMGP5999★

前の家は、常にドアの鍵は開けっ放しだった。
常に誰かが遊びに来ているような状態で、

家に帰ってみると、覚えのない、お酒の瓶がテーブルの上に
転がっているなんてこともあった。

「静かに暮らそう」と、

今の家に引越してからというもの、
家に来てもらうことはあっても、

勝手に信頼しているか、、勝手な好感を持ってない限り、
奥にある、自分の部屋には入れなくなった。

そこは、完全なプライベートで、
わるくない、生活だなと思っている。

特に理由はない、
いつの間にかそうなった。

そんな、今の部屋に、夜中いきなり押しかける
バカタレちゃんは彼くらいだろう。

散々酔っ払っているくせに、
勝手に酒を買い込み、押しかける。

その夜は相方のYDを連れてやってきて、

「近頃はツマラン奴ばかりやで。」
と、喚き散らし、挙句寝る。

いつもいきなりなので、
「今夜は先客がいるので、かんべんしておくれ。」
と、断ることも多々。

それでも、彼らと飲むのは昔から、
変わらずに楽しい。

話してることも、大して変わらないし、
きっと分けの分からんことを喚いているだけなんだろう、
なんせ酔っ払っているから。。

随分迷惑な話だけれど、
お互い変わりゆく生活の中で、
この関係が変わらずに続いている、

それは、少しうれしかったりもする。

2011/12/06

旅を続ける人、休む人。


IMGP6058★

長い間、旅を続けていた友人が
日本へもどってきた。そしてこの街へ。

YKちゃんとは、海辺にある小さな街にある
ゲストハウスで出会い、

その数十日後、山奥にある小さな街にある
ゲストハウスで再会した。

一緒にいた長い時間のほとんどを、
何人かの気の合う連中と彼女の部屋で過ごした。

もう、話すことはないってくらい、
色々な話をして過ごした。

僕が一足先に山を降り、
別の国に移動することにした朝。

朝食を食べ終えた彼女は号泣していた。
思わず、山から下りる長距離バスに乗り遅れそうになった。

日本に戻り、東京で再会し、
それ以来数年ぶりに会ったけれど、

やっぱり、色々な話をした。
旅人同士の話は尽きないものだ。

だから、きっと楽しいんだろうな。

2011/12/05

長い長い週末の話を少しだけ。


IMGP5400★

「近頃どうですか?」
「うだつが上がらない日々ですよね。」

同居人とのよくある会話。

気が向いたので、
この週末の話を少しだけ。

憂鬱なんだろうな、とわかっていながら、
結局憂鬱すぎる土曜日を、
誤魔化し誤魔化し、なんとか乗り過ごす。

眠る頃には、ひどい疲労感と共に、
一刻も早く眠りたく、完全に思考停止状態。

朝から予定がある日曜日、
再び気乗りしないまま、自転車で出かける。

それでも、途中友人に車に乗せてもらい、
昼間のドライブ気分。居心地がよくて、少し気が楽になる。

ありがたい。

そのまま夕方までの工程をなんとか、こなす。
徐々に内容も良くなり、楽しくなりつつ、なんとかこなす。

帰り道、友人のお店へ寄り道することにする。
お店の奥に上がり込み、
動物園から帰ってきたMIちゃん、SKちゃんと
お絵かきと、トランプをする。

そのまま夕飯をご馳走になる。
お酒もご馳走になる。

すっかり夜も更けてきて、眠たそうなMIちゃんに
別れを告げて、家へ戻ることにする。

友人から電話があり、ライブ&パーティーをしているのを
思い出し、立ち寄ってみる。

その部屋では、ギターを片手に、
お酒とおでんをつまみながら、煙草の煙にまみれる、
素敵な友人たちがいる。

居心地がよすぎて、そのまま、
お酒とおでんをご馳走になり、どんよりする。

YI姉さんと話しながら、
「〇〇になるといいねぇー」といわれ、
「そうかもなぁー」と素直に思ってしまう。

素敵なお姉さん、お兄さんにおやすみを言って、
名残惜しみながらも、部屋へ戻る。

そんな、長い長い週末。

うん、憂鬱ではありましたが、
色々あって、気分は少しよくなって、

終わりよければ、全てよし、とは
全然思わないけれど、、まぁ、

上々だねぇー、って思う。

月曜日は、嫌だけど、
いいことも待ってるから、がんばれる、かもしれない。

上々だねぇー。

そんな、今の気分。

2011/12/04

たまにはね。


IMGP6063★

せっかくだから、と、
噂に聞いていたカレー屋へ。

印度人のいいかげんさは、ずいぶん知っているけれど、
蕎麦屋の居ぬきだったんだろう、
どう見ても蕎麦のお盆で出てきたのには、笑うしかないでしょう。

IMGP6066★

前々から一度行きたかったお寺へ、
ようやく足を運ぶことができる。

我ながら頑張った。
ひょうんなことからお守りを貰い、
近頃は少々お守りにはまってる僕。

IMGP6068★

観光客であふれかえっているような、
神社や寺は、あまり興味がなくって、

どうしても、こういう、参拝客が誰もいない場所に
興味があってしまう。いい場所だったなぁ。

IMGP6073★

寺の後に立ち寄った古本屋で、
京都のお守りの本を見つける。

立ち読みしてみたところ、
色々マニアックなお守りがたくさん。

それでもその日手に入れたお守りは載ってなくて、
おもわずニヤリ。

IMGP6075★

立ち寄った古本屋での収穫物を
眺めながら、街で一休みをすることにする。

お茶とスコーン。

半分夢見心地のまま、
机に顔をつけ、話をする。

たまには、昼間にうごくのも、
わるくないよね。そう思った。

たまにはね。

2011/12/03

チャイ・シュウマイ・おでん。


IMGP6086★

「はい、お土産のシュウマイ。」
『うぉい、いいねぇ、あとで食べよう食べよう。』

『牛乳買って来てくれた? 
チャイ作ったんやけど、足りなくなったんよ』
「あ、メールみてなかった。。」
『まぁーいいや、後で散歩がてら、買いにいこう。』

・・・

『そろそろシュウマイ食べよっか、
あ、でも先に牛乳買いに散歩いこう。』
「いいよぉー」

・・・

『牛乳買ったよぉー』
「ねぇ、おでんあるよぉ。食べたくない?」
『いいねぇー』

・・・

「あ、シュウマイ忘れてた、、、」
『あ。。どっちも食べればいいんじゃない?』
「それ、いいねぇー」

2011/12/02

深夜にアソブ。


IMGP5643★

「運動神経そんなに悪くないほうじゃないとおもう」

なんて、なんて、昔抱いていた幻想は、
どうやら、遠い過去のものになっていたようで。

運動をしているようで、
当時から比べれば、全くしていないに等しい、、
そんな現実を目の当たりにした深夜。

球速の違い、玉数の違いというハンディはあれど、
最も自信があったバッティングで完膚なきまでに
打ちのめされた僕。

「意外にやるのね。。」と負け惜しみ。

IMGP5651★

ぎりぎり一点差でエアホッケーを大人気なく勝利し、
調子にのってビリヤードをやってみる。はて何年ぶり。

やり始めたはいいものの、
これまた想定外の長丁場。なんせ、玉が落ちないんだ。

仕舞いには「お腹へったよね。」と
もうお互いが協力し合って、
どちらでもいいから玉を落とそうというゲームになっていて。

ようやく、終えた、僕たちは、
足早に店を出て、閉店間際の天下一品へ駆け込んだのでした。

運動後の深夜ラーメンはこりゃこりゃ、美味でした。

いつ頃からそうなったのか、
近頃のこの辺り、すっかり上っ面ばかりの
ツマラナイものが増えてばかりで、

オサレなカフェやら、本より人が多い本屋やら、
生徒のほとんどが、〇〇あや〇にみえる学校(TK談)やら、

世の中どうかしてるよなぁー。。

なんて、回顧主義になっても仕方がないのか。
これが、今のこの街なんだろう。

まぁ、なんにせよ、たのしかた。

2011/12/01

delivery.


IMGP6083★

PICK..

IMGP6235★

DROP..

SU&MSちゃん。
無事お届け完了しました。

喜んでたよ。
取り急ぎご報告。