FC2ブログ
2011/09/30

ご馳走になってばかり。


IMGP5086★

夏バテで、いや、この日に限っては、
きっと前日の餃子パーティーで食べ過ぎたんだと

思うのだけれど、朝から全く食欲がなく。。
夕暮れ前にようやく少しお腹がへってきて。

「これ食えよ」とMGさんにマルキのフレンチトーストを頂く。

IMGP5093★

もらったフレンチトーストに涙が出そうになりながら、
それでも遠慮なく頂いていると、

向こうから見たコトあるような顔、
だけど、あまり知り合いであってほしくない雰囲気の男が。

とっておきのお洒落(?)して
チャロの散歩だそう。

IMGP5096★

万年金欠なMKも、近頃どうも小金もちらしく、
「これ、食いーや」と

向かいのスーパーにビールを買いに行ったついでに、
サンドウィッチと豆乳紅茶をおごってくれる。

おいおい、どうなってるんだと、少し恐怖さえ感じながら、
こちらも遠慮なく頂く。意外にいけるんだな、豆乳紅茶。

IMGP5101★

日が暮れる間に一仕事を終わらせ、
CHちゃんのお店で一休み。

そういえば、近頃煙草をちょくちょく変えたりしたり。
今まで色々吸ってきたけれど、ここしばらくは同じのだったので、

美味しいのを探し中。昔一時期吸っていたのを
懐かしくて買ってみた。

IMGP5104★

すっかり日も暮れて、辺りも真っ暗。

この日の食事のしめは、
アボガドトーストでござい。これが美味しいんやな。

ああ、一日いろんな人にご馳走になって、
ほんとにありがたい話だな。

ご馳走様でした。
みんなありがと。

2011/09/27

夕暮れ空、夜空、夜明け空。


IMGP4973★

IMGP4977★

IMGP4984★

IMGP4990★

IMGP5004★

IMGP5024★

IMGP5020★

IMGP5031★

IMGP5033★

友人に知り合いのライブがあるから行こう、
そう誘われて山のほうまで出かけた。

空を眺め続けていたら、
いつの間にか、朝がきていた。

2011/09/26

coffee and cigarettes.


IMGP5259★

お洒落なカフェや、老舗の喫茶店、
そんなもんなくたって、
(いや、それはそれで良いもんだけど)

少し肌寒くなってきた夕暮れ前、、
少年がサッカーボールをしきりに蹴る小さな公園。

温まった缶コーヒーと、
少し多めの煙草がありゃ、いいと思う。


頭の中がグルグルグルグル、そしてショート、スイッチオフ、
何も考えることなく、黙々と仕事をこなした今日一日。

道端で偶然RNに会う。
ひとやすみひとやすみ。

2011/09/24

いい嵐の夜だったので。


IMGP4890★

強い雨と、強い風、いい嵐の夜だったので、
カッパと短パンに着替えて散歩をすることにする。

自転車サーフィン、誰もいない夜の街を
ふらり・ふらふら・ふらふらり。

川はすっかり水量が増えていて、強い風で大きく波立っていて。
もちろん辺りには人っ子一人見当たらず。

IMGP4892★

真ん中の方、飛び石がひょっこり顔をだしていた。
「あそこで煙草すうと、きっと、うまいだろう」

そりゃうまいにきまってるな。
ほら、やっぱりうまい。

腰まで水に漬け、気が済むまで小石を投げ続ける。

いい加減冷え始めた体を温めようと、近くの
コンビニエンスストアでワインを買う。

自動ドアに移った僕達の姿を見て、
思わずニヤケル。

とめどなく水を滴らせる、全身が真っ黒な二人。
おもわず、「ごめんさい」と店員さんに声かける。

そろそろ帰ろうか。
ワインをラッパ飲みしながら、家に戻ることにする。

2011/09/23

魔法の蒼い眼鏡


IMGP4110★

長い付き合いの友人なら知っているだろうけれど、
昔っから、どうにも眼鏡が好きで。

どちらかというと、サングラスは苦手だったのだけれど、
近頃は仕事のために、めっきり多くなった。

久しぶりに良いモノに出会えたので、うれしい。
ほんと、魔法の眼鏡。

IMGP4113★

おお そーだよ 誰にもあげない 魔法の眼鏡さ
おお そーだよ 誰にもあげない 魔法の眼鏡さ

と思わず口ずさみたくなる。

なぜ魔法なのかは、、内緒。

2011/09/20

雲が晴れ行くように。


IMGP4894★

IMGP4898★

IMGP4905★

IMGP4909★

空を覆いつくしていた、黒い雲もいずれ晴れる。
こういうくもりの日、僕はそんなに嫌いじゃない。

2011/09/17

夕暮れ時にふと考える。


IMGP4940★

古くからの知り合いには、
「まるくなったねぇ」と言われることが多い。

実際、性格的には随分まるくなったんだろう。
昔のように、すぐにキレることもなく、暴れることもなく、
怒ることさえ、めったになくなった。

それでも、今の僕をよく知る友人には、
「相変わらずトガッテますね」と言われることが多い。

それは、きっと性格的なもんじゃなくて、、
なんといえば、いいかわからない。。

自分自身、まだまだほんとの意味で、
まるくなってはいないんじゃないか、なんて思っていたけれど、、

最近旅に出る人間が周りに多くて、
その人たちの話を聴いたり、記録を見たりしてみると、

ああ、「馴染んでしまったな」なんて、思ったりする。
そして、今になってそんな自分が寂しくもある。

近頃、この街に移住してきた人に出会うことが多い。
一緒に遊んで、色んなはなしを聴いたりして、

ふと思ったりする。
この街で、あのような出来事があったのなら、
僕は、一体どうするんだろうと。

生まれ育ったこの街以外、どこへ行けばいいのだろう。
この街へやってきた人たちのように、
すぐに、動くことができるんだろうか。

もう少し、身軽にしていかなきゃ、駄目なのかな、
そんな風に思ったりする。

はて、何のはなしだったかな。
途中から全く話がみえない、まぁ、いいか。

窓から見える夕暮れの部屋はオレンジ色に染まります。

2011/09/16

ご飯を食べながら、色々なコトを語り合おう。


IMGP4920★

白米以外、完全に酒飲みメニュー。

帰り道に王将で買ってきてくれたそう。
僕は行きしなにビールを買っていった。

近頃は、誰かの家で作ってもらった料理、
もしくは、誰かが家に持ってきてくれた料理しか、

ロクなものを口にしていない気がする。

引き続く夏バテによる食欲不振と、
キッチンに立つことが出来ない病。

食べさせてくれる友人に感謝しきり。
しかもどれもこれも美味しい。全く。

IMGP4928★

夜も更けてきて、
早く帰るつもりがついつい長居してしまい。

ドンジャラする約束だったのに、
半場強引に寝かしつけられて大暴れな彼女。

今度きたときは、ゆっくりドンジャラしよう。

なかなか寝付かない彼女を横に、
前日ほとんど寝てなかった僕、さすがに頭が回らなくなってきて、

おいとますることにした。
といいつつ、外をフラフラしてしまう、

気づくと、「なかなかいいよ」って最近友人がおしえてくれた
朝方の疎水を自転車で走っていた。。

ああ、確かにいい。気持ちいい。
ああ、「いいやん」って。

前夜、親友と語った「いいやん」。
芸術の世界においてだけじゃない、生きるうえで、
長々しいウンチクやら、技術やら、
そんなことは、感動の前では無意味なんだ。

僕たちが大切だと思うのは、
「ああ、これいいやんか」っていう衝動なんだろう。
そこには、別に説明はいらないんだろう。

そう、しみじみ再確認した帰り道。

2011/09/15

sunday morning..


IMGP4944★

Sunday morning I'm waking up.
Can't even focus on a coffee cup.
Don't even know whose bed I'm in.
Where do I start Where do I begin..

窓の外が蒼くなり始める頃まで起きていて、
自然に目が覚める頃まで深く深く眠ります。そんな日曜日の朝。

2011/09/12

「先にどちらになさいます。」「風呂。」


IMGP4856★

仕事で汗をかいたので、
朝からろくに食事もとっていなかったので、、

友人宅にお邪魔する。
まずは、お風呂ですっきり。

IMGP4860★

ちょうどお風呂からあがる頃合、
テーブルの上には、美味しそうな夕飯が。

トマトカレーがむっちゃ美味しかった。
失敗した、、らしい、長芋と味噌のコロッケ、むっちゃ美味しかった。

IMGP4867★

OT君。

僕らの若い頃、京都の西をシキッテいた、
彼女の血を濃く受け継いでいるようで、将来有望。

悪いこと色々おしえましょう。
初めての家出はうちに来てくれるらしいです。

ご馳走様でした。
来るなと言われても、また行きます。

2011/09/11

ある晴れた、水曜日の夕暮れ。


IMGP4851★

ある晴れた、水曜日の夕暮れ。

細い細い路地を南に下がっていて、
フト、西側に開けた場所を通りすぎるときに。

すごくまぶしかった。

2011/09/10

僕が思う写真の正しい使用方法。


IMGP4578★

友人と待ち合わせし、、
おもむろに、手渡された、焼き増しされた写真。

「ああ、これこれ」 と思わずつぶやく。

写真なんて、そもそもそういうもんやったでしょ。
近頃じゃ、どれも代わり映えしない、宣伝文句で出来た、

高そうなカメラを皆さん首からぶら下げて。
「いやいや、肩こるやん。」って。

レンズの性能もろくに理解できてない、
(ああ、僕もです笑 まぁ、理解する気もない)

人たちが、一眼レフぶら下げて、、
写真というより、記録ばっかしてる。。

「それ、そんなに撮ってどうすんの?」って。
(まぁ、そりゃ、人の自由だもの)

まぁ、人のことは、文句はいえないから、
文句いうほど僕は立派でもないし、、

それは、置いておいて、

とにかく、写真なんてものは、
昔はこういうもんだったんだよなぁーって。

現像して、「めんどくせぇーな」って思いながら、
でも喜んでくれるかなぁ、なんて期待しつつ、

どれを何枚、ってネガに油性マジックで書き込んで、
もう一度、「めんどくせぇーな」って思いながら、

現像屋さんに持っていく。
そういうもんだったじゃない。

そして、数日後、学校だかなんだか知らないけれど、
もって行って、友人たちに配っちゃう。。

そういうもんだった。

僕は長い間、写真を撮り続けているけれど、
他の何にも代えがたい大事なモノなんだけど、

よく思う、「たかだか、写真やろう。」って。

はて、何がいいたいんでしょう。
ああ、「写真ありがとう、本当にうれしかった。」

そういうコト。


2011/09/09

震える音楽。


IMGP4876★

友人のライブがあるのを、すっかり忘れていた。
大好きな音楽家達が勢ぞろいなのに、すっかり忘れていた。

直前になって、友人に誘われて、
運良く思い出せた、もちろん一つ返事で「はい、行きます。」

IMGP4879★

磔磔以来になるだろうか、、それすら思い出せない。
これだけ長い間、彼の音楽をライブで聴かなかったのは、

彼の音楽に出会ってからというもの、初めてじゃないだろうか。

目を閉じて、静かに耳をすまし、思わず体が震えた。
涙がでていたのかもしれない。それすら、よく覚えてない。

ただただ、震えた。。

IMGP4880★

時間通りに行けるなんて思ってはいなかったけれど、
やっぱり大遅刻で、それでも、

絶対に聴き逃すわけにはいかない二人だけは、ゆっくり
聴くことが出来た。。

こちらの彼女も、約一年、いやもっと経つのかな。
ここ最近における、最高のライブを前回聴かせてもらったので、
今回も聴き逃すわけにはいかなかった。。

嗚呼、脱帽、そして拍手。

IMGP4886★

僕にとって音楽というのは、日常生活においても、
旅をしているときにおいても、欠かす事の出来ない大切なものであって。

生で音楽を聴く機会も、割かし多いほうだと思うんだけれど、
震えるほど、涙が出るほど(理由はよくわからないんだけれど、)

素晴らしい演奏、であったり、唄、なんてものは、
そうそうあるものではなく。

久しぶりに肌で音楽を感じて、やっぱりいいもんだなって。

(会場が元学校だったもので、懐かしくて記録した、eraser cleaner)

IMGP4888★

まだまだ他の演奏が続いてはいたのだけれど、
二人の素晴らしすぎる音で、すっかりお腹いっぱいになった僕達。

入口近くで、煙草を吸っていると、
ちらほらと、懐かしい友人たちの顔が。

今日の主役の息子KTも、驚くほど大きくなっていて。
前回磔磔のときは、ライブ中、ずっと抱っこして子守してたのに、
今ではすっかり、一人でやんちゃに歩き回っていた。。

気づかないうちに、時間はどんどん進んでいってるんだな、
そう思わずにはいられなかった。。

音楽を聴きにいかなきゃ、何かが枯れてしまうまえに。
そう思わずにはいられなかった。。

2011/09/08

food,food,food.


IMGP4613★

メロンを貰った。
たまに食べると美味しい。

IMGP4722★

頭の中が魔法のコトでいっぱいになりつつも、
帰りに買ってきた、ポテト。

IMGP4870★

時期が終わったのか近頃は桃が安い。
思わず買ってしまう。甘い。。

何か食べないと。。
食べることは、、役に立つことだから。

2011/09/07

寝っころがってもいいじゃないか。


IMGP4839★

チャロお留守番。

ほんの一週間ほどまえなのに、
このころは、まだまだ暑くて。

IMGP4848★

冷たい地面に寝そべって、
こっちを見るのさえ嫌になる暑さだったのです。

IMGP4845★

僕は、よく人に
「この前見かけたよー」って言われます。

多分、公園のベンチやら、道端のベンチで、
こんな感じのところを見られてるんだろうな。。

2011/09/05

空ばかりみていた。


IMGP4816★

眠る前に訪れた朝。
その日はどうにも空が綺麗で。

IMGP4821★

昼寝をすることも忘れ、空を見上げる。
横を走るタクシーの運転手、つられて見上げたりする。

IMGP4824★

夕暮れ前、一休み。煙草を吸いながら、空を見上げる。
MGさんにスナック菓子をもらう、今日はじめてモノを口にした。

IMGP4825★

色々なコトを考えたり、悩んだりしながら
空を見上げる。

IMGP4832★

色々なことがタイミングよく回りはじめる、
そんな気がして、空を見上げる。

IMGP4835★

その日は、、眠ることも忘れ、食べることも忘れ。
一日中。空ばかりみていた。

2011/09/04

寄り道をして、帰ることにした。


IMGP4741★

時間ができたので、友人の工房兼、お店に。
久しぶりのMIちゃん、「遊ぼう」と言ったら、

スーパーボールやら、指輪やら、アヒルなんか大量投に
投げつけられる。。思春期らしい。

IMGP4731★

裏にある通称ハローワーク。
鉢には産まれたばかりのメダカさんたち。

煙草をゆっくりすう。
いつきても落ち着く家。勝手に落ち着いてごめんなさい。

IMGP4743★

店に入っての一言目が
「まるで夏休みやなぁー」

地蔵盆でもらったらしい、
なんか懐かしい玩具、耳。

IMGP4744★

「トランプしようや」

MIちゃんにマジックを
披露するも、一発で見破られる。。

一緒にメロンやケーキまでご馳走になり、
いつのまにか、ピラミッドを作ることに夢中。

IMGP4750★

MSちゃん曰く、「病んでる遊び」
これがなかなか面白い。

ヒソカになった気分。
ああ、確かに病んでるときにはいいかも。

IMGP4757★

もちろん早速帰って、やってみたけれど、
僕の愛用のトランプ(プラ製)だと、

少々滑りすぎて、全く立たせる事ができず。。
久しぶりにトランプ買おうかな。

寄り道してよかった。ご馳走様。
また、邪魔しにいきます、ごめんなさい。

2011/09/02

たまには歩いてでかけるのは、どうだろう。


IMGP4777★

今の生活において、移動手段として、
ほぼ90%以上が自転車であって、

十数年間ほぼ毎日乗っていた市バスもすっかり乗らなくなり、
電車なんかは、気まぐれに京都を出るときくらいなもので。

ドライブをするようになってからというもの、
車に乗ることも少しは増えたけれど、
それにしても、昔に比べるとほぼ乗らない程度なもの。

ましてや、歩くなんてことは、夜の散歩をしていた時くらいなもので、
今となっては、皆無といっていいんじゃないだろうか。

IMGP4781★

気持ちよく晴れた休日。
夜までとくにこれといった、するべき予定もなく、

休日らしい、休日。
かといって、一日家でゴロゴロしているのも、
なんとなしに、気が引けるので、、

久しぶりに散歩でもすることにする。
休みだった同居人を半場強引に引っ張りだして。

このグラウンドは、、、まぁ、パーソナルな話は、
しないでおこう。。

IMGP4787★

外に出てから、気がついた僕達、
「ああ、そういえば、まだ夏だったんだ。」

刺すような日差しをうけながら、しばらく歩く。

たまに仕事で通ってみたりするけれど、
やっぱりこの佇まいはなかなか異様であったりする。

横は松だったりするんだけど、それも相当りっぱな松、
なぜ正面は南国っぽい木なんだろう。 

いつまで経っても理解できない。

IMGP4788★

する機会もめったにないので、
建物のまわりを一周してみたりもして、

僕的には裏側の方が好きなんだけど。
たしか、中にも入れるんだったかな。。

昔、それも10年くらい昔に、
そんなことを話していたのを思い出す。

あ、そういえば、知り合いが働いていたような気もする。

IMGP4791★

その後、歩いていた道に戻り、
一休みがてら、古本屋へ立ち入る。

前から気になっていた古本屋。
思っていた意上になかなか好きな品揃えで、

僕好みに在庫も少ない。

4、5冊ほど読みたかった本を見つけるが、
もって歩くのが重いと、2冊だけ買うことにした。

そのうちの一冊はもう、何度も読んでいたのだけれど、
自分では持っていなかったもので。。

その夜、うちにきた友人がもって帰ったけれど、
というより、読んで欲しくて、強引にもって帰らせた

まぁ、そのうち読み直すさ。。

古本屋を出た後、さて、20年以上ぶり?
覚えてすらいない、アイス屋で一休み。

IMGP4795★

ソフトクリームとアイスキャンデーをなめながら、
いくつかのお店に寄り道、その後、馴染みの本屋へ。

先日ドロップされたばかりの、フリーペーパーをお届け。
わかってはいたけれど、店主YS氏はお休み。

なかなか、お店で会わないんだな。
どうも違うところばかりで会う。。

その代わり、久々に店に立ってるのを見かけたNN坊に
フリーペーパーを渡す。ヨロシク。

そういえば、店にはいるまえ、大きな交差店の信号で
一緒に歩いていた同居人が、自転車にのる友達に遭遇。

その数分前、これまた信号待ちをしていたら、
爆睡する子供二人を子乗せに乗せた、ユーゲのAYにばったり。
「あー久しぶりやん。。」と。

そういえば、この辺りに引っ越してきたっていってたっけか。。
あ、今度ユーゲいこ。

なんと狭い街だこと。。

帰り道、西に向かう小道を歩く。
夕暮れ時間、西へ向かうのは、結構好きなんです。

よい散歩だった。

歩くのはすごく苦手だけど
(大きなバックパックを背負っていれば別)、

たまには、ゆっくり歩くのも、よいものです。

2011/09/01

旅に出る理由、ここにいる理由。


IMGP4392★

姉さん、旅に出るらしい。旅人だもの。
誰にも引き止めることは出来ないだろう。

引き止める必要もないだろう。
よい旅になることを願うことくらいしか出来ない。

IMGP4712★

弟のような存在の彼も旅に出た。
全くの情報を持たず、全く無意味に思える世界地図だけを持って。

無謀としかいいようのない、
でもそれが旅ってもんだもの。

本を持っていくというので、(僕も必ず数冊は持っていくけれど)
僕が好きな本を選別に渡す。ボロボロになるんだろう。

妹のような存在の旅人も近々旅に出るらしい。
というよりも、移住するらしい。

「ここに住むしかないね」と旅先で出会ったとき、
彼女はつぶやいていた。

言ったことを、曲げることなく、住むらしい。
なんて、かっこいいんだろう。

お世話になっている知り合いも、近々海の向こうに移住するらしい。
やっていたお店を閉めて。彼が幸せなら、何も言うまい。

なんだよ、俺だけ置いてけぼりかよ。。
僕はまだ、この街にいます。

ここにいる理由もはっきりと見つけられないまま、
旅立つ理由もはっきりと見つけられずに。。