FC2ブログ
2011/08/31

夏の終わり、花火のすすめ。


IMGP4812★

まずは銭湯へ行くコト。
体をゆっくりと温め、汗を流すコト。

銭湯までは自転車で行ってもよいが、
帰り道はのんびり歩きながら帰ってくるコト。

夜の街を歩くと、いつもは気づかない
(特に自転車に乗っていては気づき得ない)

小さなことにも、きっと気づけるから。

家に戻ったら、ソファーでのんびり飲み始める前に、

買っておいた花火を片手に、もしあるのなら、
もう片方の手には飲みきれる程度のお酒を持ってすぐに部屋を出るコト。

ここであまりゆっくりし過ぎると、
再び立ち上がることが億劫になってしまうので。。

そして、秘密にしている大切な場所までいくコト。
(たとえば、アパートの屋根の上とか。。)
出来ればあまり人に見られない場所が良い。

近頃世の中どうかしているので、
花火をしているだけで、注意されることも多々あるので。

他の住人に迷惑にならないよう気をつけるコト。

その場所にたどり着いたのなら、辺りの景色を見渡しながら、
まずは煙草を一服するコト。

こういうときに吸う煙草というものは何よりも美味しいものだから。
一緒にいる人が喫煙者であるのなら、その幸せを共有できて尚良い。
(お酒があるのなら、お酒を飲むのも良いだろう)

煙草をゆっくり吸い終わったのなら、
花火を袋から取り出し、一本ずつ点火するコト。

線香花火以外のも持ってきたのなら、
そちらの方から点火するコト。

光を放つ花火を両手に、屋根の上ではしゃいでも良いが、
大いに良いが、火事にだけは気をつけること。

なんせ、そこは屋根の上なので。

その花火が終わったのなら、
もう一本煙草に火をつけ、周りに広がった煙が、
落ち着くのをゆっくりと待つコト。

線香花火に火をつけるコト。
線香花火の小さな火を大切に大切に愛でるコト。

火を触ったり、口に近づけても良いが、
その後匂いがしばらく落ちないので注意するコト。

考えようによっては、それもまた良いかもしれない。

近頃の線香花火は燃え方に、
一本ずつムラがあったりするけれど

それも含めて十分に楽しむこと。

IMGP4815★

限りある線香花火を静かに、楽しんだ後は、
屋根の上に寝ころがり、静かに星空を眺めること。

運がよければ、ほんとに運がよければ、
流れ星が見えるかもしれない。

もし流れ星を見ることが出来たのなら、
自分はそう悪くない人生なんだと、、信じるコト。

そう信じ、前を向いて生きていくのは、
とても素晴らしいことだから。

そしてきっと幸せになれるだろうから。

屋根の上にいるコトが楽しくて、一緒にいる人が思わずはしゃいでしまい、
履いてきたサンダルを下に投げてしまったのなら、

自分がはいていたサンダルも投げさせてあげるコト。
これで、二人とも裸足で帰る事になるのだから。

裸足で歩くというのは、意外とないもので、
歩いてみるととても気持ちがよいことに気づけるだろう。

ただし、サンダルを投げるときも、
木に引っかからないようにだけ、気をつけるコト。

真夜中の木の上を探すのは、
思っている意上に大変だろうから。。

屋根の上で、飽きるまで星を眺め、
屋根の上で、飽きるまで話をしたのなら、

最後にもう一度ゆっくりと煙草に火をつけて、
最後まで味わうこと。

こういう場合、煙草というのは、
時間をゆっくりと楽しむための素敵な道具なりうるのだから。

煙草を吸い終わったなら、
静かに気をつけて下に下りること。

使った梯子を片付けるのも忘れないように。

無事、地面に降り立ったなら
忘れないうちに放り投げたサンダルを探すコト。

きっとそこには運良く木の枝に引っかからなかった
サンダルが二足落ちているはずだから。

そして、部屋に戻るコト。

部屋に戻ったら、屋根の上で過ごした素敵な時間を
ゆっくりと頭の中で思い出しながら、

素敵な夏の夜の続きを楽しむコト。

それに、、

夏の終わりがすぐそこまで来ているのだということを
忘れずにいるコト。

2011/08/30

長い一日を終えて。


IMGP4726★

太陽が真上に昇りきる前に集合。
いつもの場所。

人の目を全く気にすることなく、
机をいくつも独占し、最後の仕上げ。

毎回何かしら反省点はあるけれど、
頭で描いたものがカタチになるのは、
やっぱり、悪くない気分で。。

今回僕は撮影以外、全放棄だったけれど、
まぁ、たまには、いいかなと。。

IMGP4771★

それから、数時間後。
日も沈みきった頃合。

雨が降ったりやんだりするなか、
集まってくれた友人達、ほんとありがたい。

写真はこの日のノルマ、千数百枚の
最後の一枚を折るMK。

その夜のMVP。

IMGP4772★

きてくれた友人がほろ酔い気分で、
岐路に着き、

恒例のTKとの打ち上げを反省会を
すませた頃合、閉店時間にやってきた、

お二人。

色々言いたいことはあるけれど(笑
皆に散々言われてるだろうから勘弁することにする。。

皆さん、お疲れ様でした。多謝。



2011/08/29

BICICLETISMO第6号。


IMGP4765★

取り急ぎご報告まで。

知ってる人は知っている。
知らない人は知らなくてよい。知らないほうがよい。

BICICLETISMO de la Anaruquia KIOTO

VOL.6ドロップです。
今回は限定レアカラーver.もあるとかないとか。

さて、このヒネリ、どこまで理解できる人がいるのやら。。
最近本気で記事を信じる人、怒る人急増中だそうです。。

世の中どうかしてるぜ。。

全国変態ショップにて、配布開始。。

2011/08/28

その火を見、何を想う。


IMGP4684★

僕にとっての送り火は、
「大」はなくて、「妙法」だったりする。

僕が一番好きなお祭り。

IMGP4688★

途中、ブログ用カメラを置き忘れ、画像はなし。

真夏、エアコンの効いた部屋で鍋をする。
思わず食べ過ぎて、小一時間、うめき続けた。

IMGP4691★

それでも、やっぱり、果物は
食べずにはいられずに、西瓜を食べる。

気づけばもう、九月。
今年は残暑もあまりないとか、なんとか。。

それは、それで寂しいな。。
花火しなきゃ。。

2011/08/27

なんとなくに料理をするコト。


IMGP4699★

探している本がなかなか見つからないので、本屋を何軒かハシゴして。
時間があまったので、近所のスーパーでお買い物。

なんとなく蛸が目についたので、蛸を買い、
帰り道、パン屋でパンを買う。

なんとなくで作った、名前のない料理。
なんとなくなわりには、
「美味しい」と言ってもらえてよかったよかった。

IMGP4696★

たけのこのピクルス。
こちらも美味しかった。

ああ、この夏は全然ピクルス漬けてないなぁ、
夏が終わる前に、漬けようかな、オクラ。

近頃完全なる夏バテと、
完全なる昼夜逆転現象によって、

ほとんど食欲がございません。。
いや、正確にいうと、料理を作る気力がありません。
なので、久しぶりの料理だったのでした。。

ご馳走様。

2011/08/26

空をみていた。


IMGP4700★

目覚めてからも、なかなか体が言うことをきかなかった休日。
日が暮れる頃、ようやく、用事を済ませ、西へ向かう。

IMGP4704★

亀石に腰をかけながら、煙草を吸う。
この辺りから見上げる空は、いつも不思議。

夜、空のはなしをしていたら、
同じコトを考えている、思っている人がいて、

少し驚いて、少し嬉しかった。

2011/08/25

パワーがほしいときには。


IMGP4694★

その日も、寝ずに朝を迎える。

動いていればいいけれど、
立ち止まると、完全にエネルギー欠乏状態。

いつもの待機場所に。
向かいの自動販売機にあった、、

その名もパワースカッシュ。
なんやら、元気が出そう。金髪になれそう。

おまけに頭の中のごちゃごちゃも、
冷ましてくれれば、いいのだけれど。

とりあえず、空飛べるかな。。

2011/08/24

冷やしたいときには。


IMGP4387★

今年の夏は、全くもってこの街らしからぬ、
なまぬるい暑さではあったけれど、、

それもやっぱり暑いものは暑くて。。

体が火照ってどうしようもないときには、
氷なんかを食べて体を冷やすのが一番だと。

めったに使わない頭を、使いすぎて、、
頭がショート気味な夜なんかは、、

たとえば、今夜とか。

やっぱり氷なんか食べて頭を冷やすのが、、
いいのかな。。

昔友人の親父が、試合前にいつも、こんなこと言ってたな、、
「頭はクールに、ハートは熱く。」

ああ、あれから十数年たつけれど、
全然クールになれないよ。。

2011/08/23

ドライブ中、ドライブ後。


IMGP4669★

お腹がへったけれど、
そんな時間までやっているお店が、

なかなか思いつけず。。
ただ、気の向くままに車を走らせる。

すっかり忘れていたお店。
赤い提灯を見て、思い出す。

IMGP4671★

さて、お腹も満たされた、

次はどこへ向かおうかと、
あてのない僕達。

とりあえず、遅くまでやっている
ブックオフをのぞく。

探していたDVDが安かったので買う。

IMGP4675★

そのまま車を走らせる、

一度停車して、煙草でも吸おうかと思った頃には、
随分遠くまできていた。。

さて、ここはどこなんだろう。と。

IMGP4676★

迷子になるのもほどほどに、
戻ることにする。

今夜の冷蔵庫には、
とっておきの梨が入っておりました。

毎晩のように果物を食べているけれど、
梨は今年初めてだったかな。

美味しかった。
よい夜だった。

2011/08/21

白熊のことを忘れるな。


IMGP4635★

気持ちよく晴れた休日。車に乗ってお出かけ。
前々から「行きます行きます」と言いながら、

なかなか行くタイミングがなかった場所へ。

IMGP4630★

色々お世話になっているSTさんの
アンティーク家具用の倉庫。

ほんとに、倉庫で、所狭しと
色々なものが山積みになっていて。。

「誰か止めてくれ」と一人呟く。

IMGP4640★

倉庫の外は素敵な草っぱらになっていて、
そこには噂のヤギもいた。

近所の子供たちの人気者らしい。

IMGP4638★

近くの、、といっても随分歩くのだけど、
自動販売機でコーラを買ってくる。

二人でコーラを飲みながら、
随分長い間話し込む。。

いつも忙しそうにしてくれるので、
こうやってゆっくり話すのは久しぶり。

濃いはなしができた。 「白熊のはなし」

IMGP4645★

草っぱらから眺める空が、
とても素晴らしかった。

IMGP4652★

子供たちは、近くまで泳ぎにいっていた、
帰ってきても元気そうに走りまわっていた。

夏休みやもんね。

昼間車で出かけることはめったにないんだけれど、
たまにはドライブがてら、わるくないんじゃないかな。

2011/08/20

西瓜片手にすごす熱帯夜。


IMGP4361★

暑い暑い夏の夜更け。
遊びにきた友人とお酒を飲んでいた。

ドアをノックする音が聴こえたので、
ドアをあけてみると、友人が立っていた。

お皿の上にはものすごい量の西瓜が。。

「こりゃ食べきれないなぁ」と笑いながら、
飲みながらも、食べ始め、、

数時間後、ふと気づくとお皿の上には、何もなかった。。
西瓜って、思ってる以上に食べれるもんなんだ。。

朝、部屋には西瓜の匂いが、、わるくない。

2011/08/16

小さな街の静かな週末。


IMGP4497★

小さなその街にある、小さなアンティーク屋さん。

店の隅っこに静かに座っている、
その小さな街一、素敵な女性MKさん。

冷えた麦茶をいただきながら、
色々なことはなしてもらう。

その街のこと、島のこと。
そう、色々なこと。

IMGP4502★

彼女に「是非いってほしい」と
おしえてもらった、小さなカフェ。

店の前には古びたベンチ、
錆びた灰皿。

店主は東京から移り住んだSN夫妻。

トロピカルな香りと、トロピカルな色の、
アイスティーをいただく。

IMGP4507★

紅茶をいただきながら、
煙草を吸う。

SN君とはなしをしながら、
おいてあった旅雑誌をペラペラ眺める。

ずいぶん陽も傾いてきた頃、
彼はやってきた。

「この街にきたのなら、きっとどこかであうよ。
 君はあったほうがいい。」 

そうMKさんが話してくれたドーナツ売りの彼。

お互い目があった瞬間、声をそろえて、
「あぁー、あなたが。。」

IMGP4527★

ドーナツ売りの彼も
交えてはなす。

すっかり陽が沈んだ頃、
MKさんがやってくる。

「あぁ、やっぱりきてたのね。」

小さな街で過ごした、休日のはなし。

少しばかり、けれど、本気で
この街に暮らす、わるくないかな、と思う。

街から更に西へ行くと、
すごくいい場所があるという。

とりあえずは、そう遠くないうちに、
そこへ行ってみようかな。テントでも背負って。

2011/08/15

夏の午後、夏の夜更け。


IMGP4335★

暑い暑い週末の午後。

友人の部屋を使わせてもらうはずが、
その部屋はイベントの真っ最中で。。

使っていいけど、留守番して、ということになり。

「まぁこんな暑い日に誰もこないでしょう」なんて、
暢気にゴロゴロしていた僕達だったけれど、
意外にお客さんは来たりして。。

なんせエアコンがあったりするもんで、快適すぎて、
隙を見てはゴロゴロ転寝してたりしちゃう。。

IMGP4340★

暑い暑い週末の夜更け。

それでも、ようやく涼しくなり、
過ごしやすくなってきて、

二人して突然、「肉が食べたいな」と思いたち
近所の24時間スーパーまで散歩。

夜更けのステーキ。「これがたまらんのや」と
友人がしつこく話していたのを思い出す。

うん、たしかに、美味しい。

作ってもらった美味しい料理、
お酒を飲みながら、、

全くもって仕事のほうを忘れていた僕達。。
だけど、それくらいでいいんだと思うのです。

夏だもの。

2011/08/14

真夏の食卓。


IMGP4357★

自転車屋で、素麺をもらった。
見たこともない大そうな素麺。。

近頃すっかり夏バテ気味で、、
果物と麺類が主食なので、うれしい。

IMGP4358★

一人じゃ食べ切れそうもないので、
遊びに来た友人と食べることにする。

茹でてから気づく、麺がとてつもなく長い、
きっと割ってから茹でるべきだったんだろう。

味は、美味しかったです、
でも、素麺は素麺やな。。

ご馳走様でした。

今うちの冷蔵庫の大半を、
果物が占めている。食べ切れない(笑
幸せな悩みです。

先日桃を箱買いしかけた、、
押し留まってよかった。

2011/08/13

それでもやっぱり暑い日のさぼりかた。


IMGP4615★

昨日のはなし。金曜日のはなし。

完全にサボるつもりで、
完全に昼寝するつもりで、

ようやく前日寝ついたのは、空が明るくなった頃合。
なんだか、学生気分で、楽しくて、結局一時間程度の睡眠。

IMGP4617★

予想外に忙しく、暑さと疲労で頭痛を抱えつつ、
前日に引き続きお店になだれ込む。

もらったベーグルをカジッテ、水分を補給して、
しばらく体を冷やしたら、仕事に復帰。

その数時間後、夕暮れ時、懲りずに、来店。

CHちゃんお勧めのトーストを食べる。
この日はじめての食事。美味しすぎた。

IMGP4622★

調子にのって、珈琲まで飲む。

CHちゃんお勧めの漫画を読み始めたら、
面白くて、とまらなくなり、、終始無言。

ふと気づくと、店内には僕一人になっていた。
居心地がよすぎるもので、若干煙草がすすみすぎたな。。

仕事してるのに、なんだか、夏休み気分。
夜更かしもしたくなる。
(ただ寝れないだけなのかもしれないけれど)

さて、来週はお盆、送り火、
何してさぼろうか。。


2011/08/12

暑い日のさぼりかた。


IMGP4593★

記録画像がたまりにたまり、時間差ができすぎて。
まぁ、よくあることなんだけど。

たまにはタイムリーな記録を。 昨日。

IMGP4596★

昨日も朝から、暑くて暑くて。
前夜も熱帯夜であまり眠れず。

世間はじょじょにお盆ムードになり、
仕事も暇になりがちで。

あ、、っと思い出したように鴨川へおりる。
足をつけてみると、気持ちよすぎて、
一歩踏み出し、また一歩。気づけば対岸までたどり着いていた。

IMGP4601★

足が冷えると、不思議に体も涼しくなり、
いつも鞄に入れている、凍らしてきた紅茶を飲んで横になる。

完全に休日気分。
雨がパラツクも、大歓迎。

IMGP4606★

昼からは無難に仕事をこなし、
夕暮れ前に、いつものお店になだれ込む。

飲み物とともに、餌を出してもらう。。

餌をついばみながら、カウンターで眠り込む。
電話の音で目覚めると、くっきりと顔にカタがついていた。。

うぉい、夏だわ。


2011/08/09

何かを食べる理由。


IMGP4330★

いろんなことがあります。

倒れないようにしなければ。
気を抜くと、そうなりかねない。

から揚げを食べて、元気をだして、
ひじきを食べて、カルシウムをとらないと。

2011/08/06

お酒は美味しく飲まないと。


IMGP4308★

仕事の終え、シャワーを浴び、
友人のイベント後のパーティーへ顔を出す。

IMGP4310★

色々なイベントやパーティーで会う、
京都の素敵なおじさまや、お姉さまが大勢。

「ああ、ひさしぶりー」と、いいながら
皆地べたに座り込み、すっかり出来上がっていた。

IMGP4315★

すきっ腹にワインを流し込み、
しかも体調もよくないもので、クラクラ。

お腹が減ったと、YU姉さんに、地べたに散らかっていたクラッカー、
生ハム、チーズ、オリーブ、そして、ポテトチップを挟んでもらう。

IMGP4312★

外に出て、話しながら煙草を吸う。
騒ぎすぎて怒られた。。

素敵な人たちに囲まれて、よいお酒だった。
家に戻って椅子に座ったまま寝てしまっていた。。

2011/08/05

昔、月は二つあったって聞いたけれど。


IMGP4139★

帰り道。

いつもの夜に比べ、街が明るすぎることに気がつく。
空を見上げてみると、すぐさま理解した、月がどうにも明るすぎるらしい。

見上げながら歩いていると、
窓を空けて空をながめるおばちゃんが。

「月明るいですねぇ。」
「きれいやなぁー」 と立ち止まって少し話す。

旅中ならともかく、日常の生活において、
月を眺めながら、見ず知らずの人と話すコト、
そんなにないものだ。

ああ、そういえば、以前旅したときに、
一日何十回、何百回と「お前はどこから来たんだ?」

と尋ねられるので、そのたびに、
「月から来たんだよ、内緒でね」と答えていたものだった。

2011/08/04

夜間山中〈単〉合戦記録。


IMGP4234★

まだ陽が傾く前の時分、
ノボリを掲げ、集合する。

IMGP4239★

コスプレなのか、何なのか、
よく分からないカッコで集合する。

IMGP4245★

並んで、隊列を組み走り出す。
大人数で走るのがどうも苦手な僕、

イヤフォンから流れる音楽を口ずさみながら、
走り続け、気がつくと周りには誰もいなくなっていた。

IMGP4247★

まぁ、なんとかなるだろうと、
気持ちよく走り続け、無事に目的地に到着。

IMGP4252★

待つこと4、50分。

あまりに遅いので少し不安になってきた頃、
ようやく、皆さんのご到着。犬様もご到着。

IMGP4256★

オオトリで、大将も到着。

後ろに、ビールの詰まったクーラーボックス、
ベンチなんかを引っ張りながら。

IMGP4267★

合戦直前、張り詰めた緊張感。
あとは、ほら貝の合図を待つばかり。

IMGP4259★

そんなことは、どうでもよい僕、
一足先にカレーをつまみ食い。

お久しぶりです。

IMGP4278★

それから、数時間、
生き延びた、数人の勇者。

そして、これが決戦という名の地獄のはじまりで、
彼らの最後の笑顔。

IMGP4283★

まぁ、細かい話はどうでもええやろう。
行った人だけ、知ってればええやろう。

帰り道。故意にハグレテ、心地よく帰る。
楽しい夜でした、でもしばらくは自転車乗りたくない、、

って思った。

2011/08/03

桃が美味しい国はどこなんだろう。


IMGP4303★

週末においては、時間なんてものは、
あってないような無茶苦茶な生活を続けているせいか、

時折無性に果物が食べたくなったりするようになった。

持ってきてくれた桃を起きがけに、
目覚めのチャイと共に食べる。美味しい。

昨夜は、友人から突っ込みたくなるほど
大きな西瓜をもらう。

「こんなの食べきれないわ」といっていたのに、
T君と二人、かじっては話し、かじっては話し、
そろそろ夜が明けるんじゃないかなというころには、
すっかり食べきっていた。

あ、そういえば、この前の週末、
近所のスーパーが深夜営業を始めたのをいいことに、
真夜中に嬉々と桃を買いにいったのだけれど、

結局、お酒飲んで、話していたら、
いつのまにやら、空は明るくなり、
いつのまにやら、寝てしまっていて。。

まだ、冷蔵庫の中にあるんやよ。