FC2ブログ
2011/01/13

きっさんぽ。


IMGP1073★

冬休み。ぶらぶら散歩。
なくなったはずのカフェが、再びそこにあった。

内装とメニューは少し変っていたけれど、
飲み物が安いのは変っていなかった。

IMGP1067★

なんのことはない、ただのカフェだけど。
どうも居心地が良くて、たまに通っていた。

話はかわるけれど、先日お出かけの帰り道のこと。
お茶でも飲んでいくかねと、馴染みの店に寄ってみる。

店内は満席気味だったけど、
スタッフが「入れるよ~」と席を空けてくれる。

混んでる店は苦手だけれど、折角の好意だからと、
お言葉に甘えることにして、座る。

座ってから周りを見てようやく気付く。写真展をしてた。
僕達が座った机の相席にいるのがどうやら作家さんらしい。

店の奥にいた友人が作家さんを紹介してくれる。
彼は自分の写真集を見せてくれる(もう以前目を通していたのだが)。

そこから、その作家さんとその仲間がとめどなく写真の話をし始める。
そして、「貴方も写真をやっているなら」と、
彼お勧めの写真集を本棚から次々に持ってきてくれる。

みるみるうちに、机の上は写真集の山。

残念なことに、写真集にも、彼にも(即ち彼の写真にも)、
全く興味がわかない僕達。
こればっかりは自分に嘘はつくことができない。。

後半、僕達は完全無言になり、飲み物を飲んだ後、足早に店を出る。
僕達は美味しい珈琲を飲みにきたのだよ。。

こんなにまずい珈琲は初めてだった。。
そういう笑い話。

やっぱりその空間、空気が大事なんだろうなと。
やれやれだわ。。