FC2ブログ
2010/02/05

火はまた燃ゆる。


IMGP7686★

焚火は何度してもいいもので。
空気が冷たく澄んだ日には、尚いい。

IMGP7690★

焚火を囲むコト。
そこには、旅から日本に戻った後、僕がしたかったコト、
mohl としてしたかったコトの全ての要素がある気がする。

「囲む」という共有空間。

IMGP7698★

アパートに住み始めてから何十回と来ているこの場所。
いつ来ても、違う表情がある。
春は桜が咲き誇り、夏は深い緑に染まり、虫達の鳴き声も大きくなる。
秋は燃え上がるような紅葉で、冬は澄みきった空気と刺すような寒さ。

そのうちの、いつ訪れても、最高。

IMGP7700★

皆、決してアウトドア派じゃない笑
だって、動くのあんま好きでもないし。。
めんどくさいことも、いややもん。

旅人ではあるけれど。

ただ心地よい空間、共有空間を創りたいだけ。
それが、今回はソトだっただけ笑

そういう場合が多いだけ。。

IMGP7706★

皆、火を眺めながら、黙り込む。
あっという間に日も傾きはじめ。

IMGP7702★

気付くと真っ暗闇。
と同時に辺りの気温も急激に低下。

前に山の中で気付いたら暗闇過ぎて死にかけたな笑
懲りずに、灯りは全く持参せず。。

IMGP7707★

「さて、そろそろいきますか。」
最後の一服をして、帰り支度。

寒さを我慢してまで、ここにいたいなんて度胸のある奴が
いるわけもなく、さっさと帰ろう!と。

IMGP7711★

そんな充実した日の夕食は弟の希望でモツ鍋。
まぁ、間違いなく美味い。

旅人達の夜は更けていく。炬燵に沈没しながら笑