FC2ブログ
2020/04/07

文化ノ名残。


IMG_9716◆

IMG_9719◆

IMG_9720◆

昔から気になっている地元の建物(床屋さん)。
戦前の、まだこの街が文化的だった頃の名残。

2020/03/24

煙煙閉店。


IMG_9576◆

IMG_9578◆

学生時分、ようよう先輩方と騒いだお店。
ススとヤニにまみれたえぇー・・お店だった。
60年間、ご苦労様でした。。

2019/12/24

遊郭街遺構。


IMG_8631◆

IMG_8635◆

IMG_8641◆

IMG_8647◆

IMG_8648◆

IMG_8650◆

IMG_8651◆

IMG_8654◆

IMG_8656◆

IMG_8660◆

IMG_8659◆

IMG_8662◆

往年には多くの人々で賑わったであろう路地も
今はもう朽ち果てるのを待つだけとなっている様子。

(無論こういった遊郭・赤線街に限ったことではないが)
素晴らしい素材を使い、素晴らしい技術と設えである
からこそ、なんとか今までの間
この姿を留めて居るのも間違いはなく。

現代の建物が百年、否、数十年後に同じ状態を
維持できる訳もなく、
(素材・技術の差は歴然としすぎている)
将又使用されなくなってこれほどの長時間
持ち堪える筈もないというのもこれまた間違いない。

この美しい家々を眺め、散歩をしながら、
どうにも笑えて来てしまう訳なのです。
(もちろんその理由は失望による苦笑いなのだけれど)

2019/12/14

或る洋館探訪。


IMG_8526◆

IMG_8527◆

IMG_8534◆

IMG_8539◆

IMG_8541◆

IMG_8543◆

IMG_8545◆

IMG_8550◆

IMG_8551◆

IMG_8558◆

幸運な機会に恵まれて、明治最初期の洋館を見学できることに。
長年使用されていない独特の乾いた空気にはなっていたけれど、
国内でも有数の古さである貴重な近代建築物が、
そこにまだ存在していること自体が幸運なのかもしれない。

丁寧な解説と案内をしていただき、
奥にある大変貴重だという茶室も見せていただく。
茶室に関しては全くの知識不足の僕でさへ
なんとも素晴らしい設えだと一目でわかるモノだった。
(どこかの藩邸から移築されたという)

このような丁寧に作られたモノは
是非末永く残るように願うばかり。

2019/11/10

近代遺跡眺望。


IMG_7987◆

IMG_7989◆

IMG_7991◆

近代、、否、現代と言うべきか、
僅か数十年のうちに忘れ去られた施設廃墟。

以前その下から眺めたことがあったもので、
最近、近くまで来た際に、気になって覗き込むと、
思った意上に完全な形を残して廃墟化している姿が見られた。

それほど古いモノでないからか、余計に、
人の残酷さ、無常さをまざまざと感じる、
なにやら、そんな気がした。

今度はもう少し時間をとって、散策してみようと思う。