FC2ブログ
2019/08/28

夏の昼下がり。


IMG_6415◆

IMG_6419◆

ここはいい。

近頃じゃ街は壊滅的な変化を遂げつつあるというのに、
(往々にして薄っぺらな魅力がなくなるだけの変化)
ここのドアをくぐりさへすれば、そこはなんにもかわらない。

安くて美味しいアイスカフェオレもあるし、
甲子園中継を見ながら煙をくゆらせ落ち着ける。
ほんとうに、ありがたいありがたい。。

2019/08/17

何気なくが大事なんだ。


IMG_5145◆

IMG_5140◆

IMG_5146◆

IMG_5147◆

IMG_5150◆

IMG_5153◆

昔からの馴染みという訳ではないけれど、
この辺りに暮らし始めてからは随分と通ったお店
そんな大好きなお店の最終日。

飾らないサンドウィッチ(とはいっても味は一品)、
飾らないコーンスープ。
そして美味しい珈琲を何気なく出してくれる、
素晴らしいお店でした。

飾ることなく、何気なくただ淡々と良いモノを。
簡単そうで、なかなか出来ないことです。
(そんなことができているお店はそうそうあるもんじゃない)

最終日はひとりでいつものアイスオレを頂きました。
ご苦労様でした、、そう大将に声をかけて店を後に。

寂しいモノです。
この街の良いお店がまたひとつなくなりました。

2019/08/08

鍵師ノハナシ。


IMG_5352◆

IMG_5355◆

IMG_5360◆

曲がってしまった鍵を握りしめ、何件ものホームセンターやら、
大手(チェーン)の鍵屋を巡ったものの皆一様にして

「これはここではなおせません、・・」
「作れても使えるかは保証できません・・」
「メーカーに直接言ってください・・」

という回答。(そして失望と絶望)

最後の砦だと、たまにお願いしている戦前から鍵屋を営むお爺さんのお店へ。
(うむ、、今思えば最初からここに行くべきだったのだけれど)
僕が持ち込んだ鍵をギロっと鋭い職人の目線で眺めたご主人は

「ちょっと待っててや、作りまっさかいに、3分くらいやわ」
そんな男前すぎるご主人の立ち姿には、、後光が差していた・・。
(様に僕には見えた・・恰好良すぎるぜオヤジ)

そして数分後、鍵を2本見事に作り上げたご主人が一言
「もし合わなんだら、また調整しますからもってきてや」

嗚呼、繰り返すと、、恰好よすぎるぜ、、オヤジ。
これが本当の職人ってもんだ、、
役に立たない大手さんと比べたところで、100円程度の差なんです。
僕なら、100円を多めに払ったって、オヤジに頼みたい。。

深く感謝を述べながら、、
今後鍵を作るときは、絶対のオヤジの店へ行こう。
そう固く誓って、、店をお暇したのでした。。
(勿論、作られた鍵は問題なく使用出来たのは、、言うまでもございません)

2019/07/29

移転カ移住カ。


IMG_5243◆

IMG_5231◆

IMG_5233◆

IMG_5245◆

IMG_5237◆

数少なくなりました「この街らしい古本店」が
移転することになったようです。

友人としては、もうこの街ではなく、
自分たちが望む遠くの街に移住すればよい、、
そう助言しておりましたが、
もう暫くは留まる決断をしたようで、
まぁ、彼らが決めたことなのでそれで良い。

こういった硬派なお店はもう絶滅種であり、
どんな形であれ続けていって欲しい、
そう切に願うばかりです。