FC2ブログ
2019/12/07

オーダーメイド。


IMG_8398◆

服のはなし。

服にそれほどこだわりがあるわけでもないし、
好きなブランドがあるわけでもない。
昔はあったけれど、心が躍るような店主の個性がある、
そして信用できるお店も (時代の流れだろうけれど)
今じゃとなっては、とっくに街にはないもので。

(否、それに関してはもしかして知らないだけかもしれないけれど、
 それを探す時間もつもりもないというのが正直なところ)

それならば、どうすれば良いのか、
(僕が長年愛用している帽子や鞄、小物たちと同様)
信用できる作り手に作ってもらえば良いのじゃないかと。

という訳で、早速彼ら夫婦に無理を言って、作ってもらうことにしたわけで。
それを形にしてくれる素晴らしい作り手がいてくれて、
本当に、ありがたい。。

そこに作り手がいてくれるということは、
寝転んで暴れて破れたって、
それとも、少し修正したくなったって、
いつだってしてもらえるということだもの。。

これで、ますます服を買いに出かけることがなくなる。
買いに行かずに済むじゃないか、、と。
(なぜもっと早くに彼らに相談しなかったのだろう。。)

僕にとっては新しい、大きな発見と
なったわけなのです。。

2019/12/06

空瓶光景。


IMG_8133◆

悪友と共に昼間っから夜通し。
それは酔っぱらうための休日。

2019/12/05

TNKooo..


IMG_7822◆

IMG_7823◆

IMG_8092◆

街中はすっかり変われども、ここは未だに健在なんだ。
夜遊びの〆にはやっぱり珈琲が飲みたいんだもの。

2019/12/04

untitled.


IMG_8369◆

飄々とした風貌の彼は語る。

「1人の人として自分のルールを持つのは
いいことだと思うんだけれどね、
むしろある意味においては自分をしっかりと持っている人の方が
魅力的だとは思うよ。何も考えず流されているような盆暗よりはいいさ。
ただね、どうも、それを他の人にまで押し付ける人が多いんだよね。
勿論、それを押し付けるれるような間柄ならいいんだよ。
そうじゃないと、どうにもね、僕は不快になるんだよ。
だから、そんな時は、僕は彼らに言ってやるのさ、
君には、それを僕に押し付ける勇気があるのかい?って。」

2019/12/03

秋ノ古道行脚 (帰りしな)。


IMG_8340◆

IMG_8343◆

IMG_8347◆

IMG_8350◆

IMG_8352◆

IMG_8353◆

IMG_8357◆

IMG_8362◆

帰り路は谷間を抜けていく、思ってはいたけれど、
行きしな行程の原生林とは異なり植林のなんと脆いことよ。
(一昨年の台風で根こそぎ倒壊多数)

途中からは古道を外れ、読図を頼りに、峠を超え、道なき尾根を、
藪を突き進む進む行程なったものの、これもまた一興。

ともあれ、予定通り日暮れ前に無事下山。
その後は火照ったからだを喫茶で冷まし、
前から行ってみたかった念願の銭湯に足を伸ばし、からだをほぐす。

嗚呼、やはりおもしろかった。
でもそれ以上に疲労した後の銭湯の心地よさよ。。
まさに花より団子というわけです。

無理をせず、打ち上げは後日にということで、
今回は独占で案内していただいた先生に多謝。。